半年間基本料900円割引!最新キャンペーン情報はこちら

LINEモバイルとは LINEモバイルのすごいところ

手持ちのスマホも保証対象!?LINEモバイル持込端末保証。手順から注意点。

更新日:

LINEモバイル持込端末保証

まま子さん
ねーすーちゃん。私今使っているiPhoneをそのままで使いたいんだけど、保証とか付けられるのかしら。
もちろん!条件を満たせば大丈夫だよ!一緒に確認してみよっか!
すーちゃん

「今使っているスマホそのままで、格安SIMに乗り換えたい」

「SIMフリースマホを別で買って、格安SIMを契約したい」

そんな方に朗報です。

なんとLINEモバイルなら、あなたが使っているスマホに保証がつけられるのです。もちろん新品じゃなくても大丈夫!条件を満たして、きちんと申し込みをすれば、誰でも簡単に保証がつけられます。

ということで、この記事では、魅力溢れるLINEモバイルの持込端末保証についてまとめてみます。

この記事さえ読めば

  • 端末保証の概要
  • どんなスマホならOKなのか
  • どんなスマホならNGなのか
  • 保証の加入手順
  • 保証の利用手順
  • 保証の注意点

の全てが、初心者の方でも1から10まで分かる構成となっています。ぜひ参考にしてみてくださいね。

\乗り換え方法をチェック/

LINEモバイルの持込端末保証ってなに?

LINEモバイル端末保証オプション

出典:LINEモバイル公式サイト

まずは、持込端末保証とは一体何なのかを確認していきましょう。

持込端末保証=LINEモバイル以外のところで買ったスマホの保証

持込端末保証という言葉を初めて聞くと、頭が「?」になってしまう方もいらっしゃるかもしれませんね。この「持込」というのは、LINEモバイル以外のところから持ち込むという意味です。

つまり、LINEモバイルで購入していないスマホに対してつける保証のことを持込端末保証と呼ぶのです。

今使っているスマホをそのまま使いたい場合も、持込端末保証だね!
すーちゃん

ちなみに、LINEモバイルには持込端末保証以外にも、LINEモバイルで買ったスマホ用の端末保証があります。そちらの詳細は以下の記事でご確認くださいね。

端末保証
LINEモバイル端末保証
【徹底検証】LINEモバイル端末保証は得?どの機種だったらつけるべき?手順に注意点まで。

LINEモバイルの端末保証を徹底解説。実際は加入した方が得?どの機種だったら加入するべき?実際の手順や注意点は?もっとお得な保証サービスはある?こんな疑問を一気に解決。

LINEモバイルの持込端末保証は月額たったの500円

LINEモバイルの持込端末保証は月額たったの500円でつけることができます。

LINEモバイル持込端末保証

公式ホームページの料金表はちょっぴりシンプル過ぎるので、情報を付け足すと、以下の通りです。

持込端末保証の内容

  • 月額料金:500円(初月無料)
  • 修理・交換価格:1回目は4,000円、2回目は8,000円
  • 修理費用上限額:50,000円
  • 保証開始日:契約した月の翌月1日から
  • 保証期間:自然故障はメーカー発売日から3年、それ以外はオプション解約日まで
  • 利用回数:年2回まで(1年ごとにカウントリセット)
  • 申し込みのタイミング:LINEモバイルの契約と同時
  • 保証範囲:故障・水濡れ・破損
まま子さん
うーん。でも月額料金以外に、修理のたびにお金かかるの?

まま子さん、いいところに気がつきましたね。その通りです。持込端末保証は月額500円の他に故障の際に一律で料金が発生します。

しかし、大手携帯会社の保証は通常月額1,000円ほどです。

LINEモバイルでは月額料金をその半額近くにする代わりに、修理の際には追加料金を払う仕組みとなっているのです。追加料金と聞くとイメージが悪いかもしれませんが、実際に使うか分からないオプションに毎月高いお金を払うより、毎月は最低限に抑えて、使うときに必要な分を払った方が良いという考え方もできます。

修理費用には5万円上限金額がある

持込端末保証を利用して交換ではなく、修理を行う場合は上限金額が50,000円と決まっています。

この金額を上回る場合、上回った分だけ請求されるので要注意です。例えば、1回目の修理で55,000円かかった場合、修理代4,000円+超過分5,000円で合計9,000円請求される形となります。

まま子さん
なるほどね。ところで、iPhoneの修理の相場ってどれくらいかしら?だいたい5万円以内で収まるの?

以下がApple公式の修理価格になります。

Apple公式修理価格

出典:Apple公式サイト

画面の破傷と、その他の破傷が両方ある場合、5万円を上回る場合もあるようです。ただ、どの修理も単体であれば、5万円以内で収まっているので安心してくださいね!

Androidの場合、メーカーによって異なるので一概には言えませんが、ほとんどのケースで5万円以内に収まります

保証をつけられるスマホと、できないスマホ

では、次は持込端末保証の加入条件を確認してみましょう。

申し込みをして、いざ蓋を開けてみたら、「保証対象外のスマホだった!」なんてことがあったら大変ですから、事前にしっかりチェックしておきましょう。

LINEモバイルで持込端末保証をつけられるスマホの条件は4つ

まま子さん
私のスマホ結構ボロボロなんだけど、大丈夫なのかしら…?
うーん。ボロボロ具合にもよるけど、一応登録できるスマホの条件はこんな感じだよ。
すーちゃん

登録できるスマホの条件

  • 画面割れやケース割れ、水濡れ等が無く正常に動作している
  • LINEモバイルのSIMカードを挿入することにより通信・通話ができる
  • 日本国内で販売されたメーカーの正規品で、OSがAndroidかiOS(iPhone)である
  • 過去に非正規修理や改造・加工等を行っていない

つまり、まま子さんのようにボロボロだとしても、画面やケースが割れていなくて(傷ついている程度)正常に機能していれば問題ありません

また、日本国内で購入したスマホで、非正規店で改造や加工行なっていないという点にも注意が必要ですね。

まま子さん
非正規店?

非正規店とは、iPhoneだとAppleが認めているお店、Androidスマホだと製造元のメーカーが認めているお店以外のお店のことです。iPhoneの画面割れを、町にあるお店で直せたりしますよね?そういったお店は正規店より価格が安いことが多く、非常に便利なのですが、携帯会社の保証や下取りにおいては受付が不可になってしまうので要注意です。

ちなみに、Apple正規店の検索はこちらで確認できます。

持込端末保証がつけられないスマホはどうすればいいの?諦めるか、正規店で修理をしてから加入する

では、先ほどあげた条件に満たず、保証を受けることのできないスマホはどうすればいいのでしょうか。

その場合、結論としてはLINEモバイルの保証をつけることはできませんので、他の保証サービスを探すか、もしくは保証をつけること自体を諦めなければなりません。

しかし、現状LINEモバイルの加入条件を満たさないようなスマホ(すでに壊れていたり、海外のものであったり)でも加入できる保証・保険は私の知るところありません。

ですから、保証をつけることを諦めるか、もしくは事前に正規店で修理をしてから、LINEモバイルに持込端末保証オプションをつけて申し込みをするという手もありでしょう。

まま子さん
よく壊しちゃうって人は、直してからLINEモバイルの保証に加入するのはいいかもしれないわね。

LINEモバイルの持込端末保証加入の手順

では、持込端末の加入手順を確認しましょう。

重要:持込端末加入はLINEモバイル申し込みの時のみ!

持込端末保証に加入できるのは、LINEモバイル申し込みの時のみです。

オプションを後から追加することはできませんのでご注意ください。LINEモバイルの申し込みを進めていくと、以下のような画面が出ます。

オプション選択

出典:LINEモバイル公式サイト

この画面で、持込端末保証にチェックをいれましょう!

また、後からオプションを追加することはできませんので、最終確認画面でもきちんとオプションが追加されていることをチェックしましょう!

最終確認

出典:LINEモバイル公式サイト

加入申し込みは以上で完了です!

なお、LINEモバイルの詳しい申し込み方法は、以下の記事で1から10まで丁寧に説明していますので、合わせて参考にしてみてくださいね。

朗報!LINEモバイルは今なら初月基本料が無料です!

画像付き
LINEモバイル申し込み手順
【全工程画像付き】LINEモバイルの申し込み方法を1つ1つ丁寧に説明!

インターネットでの申し込みは不安…。そんな方でも大丈夫!全工程、実際の画像解説で、申し込みステップをまとめてみました。ところどころの注意点も合わせて説明!これで、乗り換えに失敗することはまずないと思いますよ。

LINEモバイルに早速申し込む!

加入申し込みのあとはIMEI登録!

まま子さん
それじゃあ、もうこれでバッチリなのかしら?
ううん、持込端末保証は、IMEIっていうコードを登録しなきゃいなけいんだ。
すーちゃん
まま子さん
あい えむ いーあい?
そう!それを登録しておかないと、まま子さんがどのスマホを保証してほしいのかLINEモバイルの人もわからないでしょ。
すーちゃん

オプションを申し込んでも、LINEモバイル以外で買ったスマホの場合「このスマホに保証をかけてくださいねー!」とLINEモバイル側に教える必要があるのです。

そのためにIMEIを登録する必要があります。ちなみに、IMEIとは製造番号のことです。

IMEIを確認するにはこうしたらOKだよ!
すーちゃん

IMEI確認方法

  • iPhoneの場合↓
  • 設定→一般→情報
  • Androidの場合↓
  • 設定画面から端末の情報→端末の状態
  • もしくは、電話アプリで「*#06#」をタップ

お持ちのスマホでIMEIが確認できたら、早い段階で登録をしておきましょう!登録ページはこちらからどうぞ!

まま子さん
加入後はIMEIの登録が必要っと。OKよ。

LINEモバイルの持込端末保証交換・修理の手順

続いては、実際に故障してしまった時の交換・修理の手順を確認しましょう。

事前にやり方を知っていれば、いざ壊れてしまったときにもパニックにならずに済みますね。

また、すでに、スマホが壊れてしまっていて、今からオプションを利用する!という方はこの手順通りにやればバッチリです。

修理・交換の流れ

LINEモバイル持込端末保証

出典:LINEモバイル公式サイト

一連の流れはこんな形になっていますが、それぞれのステップでポイントや注意点があります。

それじゃあ、1つ1つみていこう!
すーちゃん

ステップ①故障:盗難・紛失・火災は保証対象外

まず、故障が発生しますよね。このステップは特に難しいことはありませんので大丈夫かと思います。

ただ、盗難・紛失・火災は保証の対象外となりますのでご注意ください。

ステップ②依頼:端末保証センターに電話

次は、依頼のステップです。

故障が発生したら、以下のLINEモバイル端末保証センターに電話をしましょう。

年中無休で19時までやっているので、平日はお仕事をしている方も、学校に通っている方も安心ですね。

保証端末センター

  • LINEモバイル端末保証センター:0120-866-919
  • 営業時間:10:00~19:00(年中無休)

この窓口に電話をし、故障したスマホをLINEモバイルに送るための返送キットを発送してもらいます。同時に、修理中に使える貸出端末も希望すれば送ってくれますので、送ってもらうといいかと思います。

修理してもらっている間に、使えるスマホがあった方が便利だもんね。
すーちゃん

ステップ③故障端末の診断:スマホをLINEモバイルに送付、そこで修理か交換か決まる

次は、故障端末の診断のステップです。

返送キットが届いたら、そこに壊れてしまったスマホをいれて、LINEモバイルに送ります。

LINEモバイルに返送するスマホは修理される過程で、データが全て消えてしまいます。画面割れ程度の故障で、データが無事であればきちんとバックアップを取っておきましょう!

準備が整ったら、返送キットに壊れてしまったスマホをいれて、LINEモバイルに返送します。すると、LINEモバイル側が故障したスマホの診断をしてくれます。診断結果によって、修理なのか交換なのかが決まるのです。

iPhoneは修理対応のみとなります。

ステップ④修理完了端末または交換端末の受け取り:貸出端末はきちんと返却

最後は受け取りのステップです。ここまでくれば、完了も同然ですね。

貸出端末が手元にある場合は、修理されたスマホ、もしくは新品のスマホが届き次第、その箱を利用してLINEモバイルに返却してください。

返却を怠ると違約金が発生してしまうので要注意ですよ!

この違約金は高いから、しっかり送り返そう!
すーちゃん

LINEモバイルの持込端末保証の注意点9つ

それでは、最後に持込端末保証の注意点を確認していきましょう。

  1. 加入は契約時のみ
  2. 保証開始は翌月から
  3. IMEIを登録する前に壊れてしまったら、保証対象外
  4. 交換端末は新品かリフレッシュ端末かは選べない
  5. 修理・交換後はそのスマホが保証対象→IMEI再登録が必要
  6. SIMカードは保証対象ではない
  7. 修理には2週間、交換には1週間程度かかる
  8. iPhoneは修理対応のみ
  9. 毎月5日に前月分を決済

加入は契約時のみ

先ほども軽く触れましたが、持込端末保証の加入はLINEモバイル申し込み時のみです。

万が一、加入が漏れてしまっても後から追加することはできませんので、注意しましょう。

保証開始は翌月から

保証が適用されるのは、加入の翌月からとなります。

もし、加入した同月にスマホになにかあっても保証対象外となってしまいます。

まま子さん
あら、それは意外と盲点だわ。

IMEIを登録する前に壊れてしまったら、保証対象外

持込端末保証はIMEI(製造番号)の登録が必須です。

この登録をしていないと、きちんと月額料金を支払っていても、あなたの保証は適用されません。忘れないようにするためにも、加入申し込みが完了したら、そのままIMEI登録を行いましょう。

交換端末は新品かリフレッシュ端末かは選べない

交換になった場合は、新品かリフレッシュ端末かを選ぶことはできません。

まま子さん
リフレッシュ端末?

リフレッシュ端末とは、回収したスマホに故障修理⋅外側カバーの交換⋅品質の確認を行った上で、新品同様の状態に初期化したものをいいます。完全な新品ではありませんが、もちろん正常に動作しますし、そとみはピカピカなので、見た目は新品と全く同じです。

修理・交換後はそのスマホが保証対象→IMEI再登録が必要

持込端末保証を利用して、修理・交換をしてもらった場合、その後は修理・交換後のスマホが保証対象になります。

交換になった場合は、新しいスマホのIMEIを再度登録する必要があるので要注意です。また、新しく登録したスマホの保証開始が可能になるのは、登録を行った月の翌月1日からとなります。

登録を忘れちゃうと、保証を受けられないから注意してね!
すーちゃん

SIMカードは保証対象ではない

スマホと同時にSIMカードが壊れてしまた場合は、スマホのみが保証対象となりSIMカードは保証対象外となります。

SIMカードは別途再発行する必要があるので、以下のカスタマーケアセンターに連絡をしましょう。

LINEモバイル カスタマセンター
0120-142-275
受付時間:10:00〜19:00(年中無休)

修理には2週間、交換には1週間程度かかる

LINEモバイルの公式ホームページには

故障端末を返送キットでお送りいただいてから、修理の場合は2週間程度を目安にいただいております。交換の場合は1週間程度で交換端末をお送りします。

との記載があります。やはり、この間スマホがないのはとっても不便なので、貸出端末を送ってもらい有効活用しましょう。

iPhoneは修理対応のみ

iPhoneは新品への交換対応はありません。

全て修理受付のみとなりますので、あなたの手元にiPhoneが戻ってくるまでには2週間程度かかります。

毎月5日に前月分を決済

LINEモバイルの請求日は毎月5日です。持込端末保証の月額料金もオプションを利用した際に発生したお金も翌月の5日に決済されます。

クレジットカードでお支払いをしている方は特に問題ありませんが、LINE Payカードを使っている方は、事前に多少多めにチャージしておく必要がありますね。

まとめ:LINEモバイルの持込端末保証は500円から。貸出端末まで用意されている!

LINEモバイル持込端末保証

いかかでしたか。LINEモバイルの持込端末保証についてまとめてみました。

LINEモバイルで購入したスマホでなくても、保証をつけられるなんて非常に便利ですよね。同時に、貸出端末まで用意されているなんて格安SIMのサービスとは思えないほどです。

ただ一方で、ご紹介したように注意点もいくつかあります。

魅力的なサービスではありますが、完璧ではないということを念頭において、それでもご興味のある方は持込端末保証オプションの加入を検討してみてくださいね。

なお、LINEモバイルへの詳しい乗り換え方法は、「たったの4ステップ!誰でもできる!LINEモバイルに乗り換える方法を、どこよりも丁寧に解説!」で1つ1つ丁寧に解説しています。

合わせてそちらも参考にしてみてください。

ここだけの話、正直、今月のLINEモバイルのキャンペーンは非常にアツいです。


LINEモバイルは今月からソフトバンク回線が提供され始めたことを記念して、キャンペーンが盛りだくさんなんですね。


今ならなんと、半年間基本料が900円割引になります!それに他社からのお乗り換えなら、契約解除料金相当の1万円をLINEポイントでもらえます(LINEポイントはLINEモバイルのお支払いにも使えます)!


毎月LINEモバイルのキャンペーン情報をまとめている私でさえ、今月ほど魅力的なキャンペーンはみたことがありません。


詳細は最新キャンペーン情報でまとめていますので、ぜひチェックしてください。


この時期を逃すのは非常にもったいないです。

この機会に、保証体制もばっちりなLINEモバイルでお得なスマホライフをスタートさせてみてはいかかでしょうか。

公式サイトでお得な情報をチェック!

 

この記事が役に立ったら
いいね ! してね!(o^^o)

-LINEモバイルとは, LINEモバイルのすごいところ

Copyright© 格安sim × LINEモバイル , 2018 All Rights Reserved.