最新キャンペーン情報はこちら

学割

LINEモバイルに学割はある?学生がお得に使う方法は?注意点は?

更新日:

LINEモバイル学割あるの?学生がお得に使う方法は?-01

まま子さん
LINEモバイルって学割はあるのかしら?娘が高校生なんだけど。
学割ね!OK!一緒にチェックしてみよっか!
すーちゃん

学生の皆さん、学生のお子さんを持つ親御さん。学割の有無はすごく気になりますよね。学生でいられる期間は長くありませんから、「受けられる割引は全部受けておきたい」と考えるのも当然です。

私は社会人になって初めて、学割のありがたみを実感しました(笑)学生のみなさん、若いうちに受けられるものは、とことん満喫しといた方がいいですよー!放っておいても歳は取ってしまいますからね…。

ということで、この記事ではLINEモバイルの学割についてご紹介していきます。

学生ができるだけお得にLINEモバイルを持つ方法も合わせて解説していきますので、是非最後まで目を通してくださいね!

結論:LINEモバイルに学割はない!

まず、ずばり結論から言うと、LINEモバイルの料金プランに学割はありません。

まま子さん
あら、残念。

LINEモバイルの料金プランは学生もお年寄りもみな一律の価格となっています。プラン料金は以下の通りです。

LINEフリープラン:LINEがカウントフリー
音声通話SIM 1GB データSIM(SMS付き)1GB データSIM 1GB
1,200円 620円 500円
コミュニケーションフリープラン:LINE、Facebook、Twitter、Instagramがカウントフリー
音声通話SIM データSIM(SMS付き)
3GB:
1,690円
5GB:
2,220円
7GB:
2,880円
10GB:
3,220円
3GB:
1,110円
5GB:
1,640円
7GB:
2,300円
10GB:
2,640円
MUSIC +プラン:LINE、Facebook、Twitter、Instagram、LINE MUSICがカウントフリー
音声通話SIM データSIM(SMS付き)
3GB:
2,390円
5GB:
2,720円
7GB:
3,280円
10GB:
3,520円
3GB:
1,810円
5GB:
2,140円
7GB:
2,700円
10GB:
2,940円
その他の料金・オプション
通話料:30秒/20円、10分電話かけ放題:880円、端末保証:450円、
持込端末保証:500円、LINE MUSICオプション:750円(2ヶ月間は無料)、WiFiオプション:200円、
ウイルスバスターオプション:420円、フィルタリングオプション:無料

LINEモバイルには3つのプランがあり、それぞれのプランによって、カウントフリーになる対象サービスが異なります。カウントフリーとは、契約している通信量には含まれないという意味です。言い換えると、データ量を気にしなくていいので、使い放題になるという意味ですね。

また、契約しているデータ量を使い切ってしまっても、カウントフリー対象のサービスであれば、低速化にならずサクサク使うことができます。それぞれのプランのカウントフリー対象サービスは

  • LINEフリープラン:LINE
  • コミュニケーションフリープラン:LINE・Facebook・Twitter・Instagram
  • MUSIC +プラン:LINE・Facebook・Twitter・Instagram・LINE MUSIC

となっています。

また、表を見ていただくと分かるかもしれませんが、LINEモバイルには3種類のSIMカードがあります。

  1. データSIM→インターネット通信のみのSIMカード
  2. データSIM(SMS付き)→インターネット通信とSMSのみのSIMカード
  3. 音声通話SIM→インターネット通信とSMS、音声通話のSIMカード

これらSIMカードの違いについては「【超まとめ】3分でわかる!データsimと音声simの違いは?注意点は?」で詳しく解説していますので、よろしければ参考にしてみてください。

まま子さん
なるほど、とりあえず学割はないのね。それにしても元々の料金がずいぶん安いのねぇ。
公式サイトでよりお得な情報をチェック!

LINEモバイルは学割はなくても学生に優しい格安SIM

先ほどご紹介したように、LINEモバイルには学割はありません。

しかし、LINEモバイルは学割がなくても学生にとっても優しい格安SIMなのです。

格安SIMの中では1番学生さんに優しいと思うよ!
すーちゃん

LINEモバイルが学生さんにも優しい格安SIMである主な理由は

  1. SNSがカウントフリー
  2. LINEの年齢認証・ID検索ができる(18歳以上のみ)
  3. データプレゼントができる!
  4. 18歳以上から契約できる!
  5. クレジットカードがなくても契約できる!

となります。それでは1つ1つ順番にみてみましょう!

LINEモバイルはSNSがカウントフリー=SNSをたくさん使う学生さんにはもってこい

LINEモバイルカウントフリー

「スマホはSNSを中心に使う!」という学生さんは非常に多いのではないでしょうか。家族や友達との連絡手段はLINEで、時間がある時はTwitterやFacebook、Instagramをチェックするというのが今時の学生のスマホの使い方かと思います。

そんな学生さんに嬉しいのがカウントフリーです。

冒頭でもご紹介しましたが、カウントフリー対象のサービスは通信量がカウントされず、使い放題になります。

LINEモバイル一番人気のコミュニケーションフリープランではLINE、Twitter、Facebook、Instagramの4つのSNSがカウントフリー対象となっていますので、これらSNSを日常的に使うという学生さんにとっては非常に魅力的ですよね。

実は私もこの4つのSNSのヘビーユーザーです。大手携帯会社では20GBの契約をしていたにも関わらず、現在LINEモバイルのコミュニケーションフリープラン3GBでデータが足りてしまっているのは、カウントフリーがあるおかげなんですね。このおかげで毎月5,000円ものスマホ代節約に成功しました。

実際にTwitter上にもカウントフリーのおかげて、データが余ってしまうという嬉しい悲鳴がいくつも見かけられました。

カウントフリーがあるから、契約データ量が少なく抑えられる学生さんがたくさんいるね!
すーちゃん
LINEモバイル公式サイト

LINEの年齢認証・ID検索ができる(18歳以上のみ)=新しいお友だちが出来た時も簡単にLINE交換ができる!

年齢認証とID検索

LINEモバイルではLINEの年齢認証とID検索をすることができます。この2つは格安SIMではLINEモバイルのみできる機能となっています。

部活・サークルのお友達、塾・予備校の友だち、バイト先のお友達など、新しいお友達ができる機会が多い学生さんにとっては、ID検索が出来ないと非常に不便ですよね。LINEモバイルなら、年齢認証・ID検索の壁をなんなくクリアできるのでとても便利です。

なお、ID検索は18歳以上の利用者のみが利用できる機能となっています。LINEモバイルであっても18歳未満のお子さんはID検索は利用できないのでご注意くださいね。

まま子さん
確かに。若い子は常に新しいお友だちができるものねぇ。ID検索ができた方が便利よね。
LINEモバイル公式サイト

データプレゼントができる=無料で家族とも友だちともデータのやりとりができる!

LINEモバイルデータプレゼント

LINEモバイルでは利用者同士でデータのプレゼントをしあうことができます。

契約しているデータが足りなくなってしまった時には、データに余裕のあるお友だちからデータをもらったり、逆にデータが足りずに困っているお友だちにデータをおすそ分けしてあげることが可能です。

これなら足りなくなった時に借りて、翌月返すってこともできるよね!
すーちゃん

大手携帯会社や多くの格安SIMではデータのシェアは家族同士や事前に登録している人同士ででしかできません。LINEモバイルなら、LINEのお友だちであれば誰にでも(LINEモバイル利用者に限る)データをプレゼントしあうことができるので、とっても便利ですよね。

まま子さん
そうよね。プレゼントしあえればデータの追加購入もしなくていいものね。
LINEモバイル公式サイト

18歳以上から契約でき、契約者と利用者を分けることもできる=18歳以上で自己名義OK。18歳以下で契約者が親でも、不便なことなし。

LINEモバイルは18歳以上であれば自己名義で契約をすることができます。

18歳になれば、親御さんに手続きや支払いを頼むことなく自分で契約ができるのは嬉しいですよね。ただし、18歳と19歳の方が契約をする場合は、親権者同意が必要になるのでご注意ください。

親権者同意っていっても必要な書類はなくて、申し込みの時にチェックを入れるだけでOKだよ!
すーちゃん

なお、18歳未満のお子さんは親御さんの名義で契約をする必要があります。しかし、LINEモバイルでは契約者と利用者を分けて設定することができるので、契約者を親御さん、利用者をお子さんと設定すれば、お子さんも不自由なくLINEモバイルが使えます。

まま子さん
自分で契約してくれると、親も子も楽でいいわね。
LINEモバイル公式サイト

クレジットカードがなくても契約できる=学生さんでも契約しやすい+ポイントも貯まる!

LINE Payカード

LINEモバイルはクレジットカードがなくても契約ができる非常に珍しい格安SIMです。

コンビニやLINEアプリから誰でも簡単に入手できるLINE Payカードがクレジットカードの代わりの支払い方法として選択でき、毎月の利用料はLINE Payのチャージから引き落とされます。

LINE Payカードはプリペイドカードなんだよ!
すーちゃん

LINE Payカードはコンビニでチャージをすることも可能ですが、銀行口座と連携させオートチャージ設定をすることも可能です。オートチャージ設定をするとLINEモバイルの利用料は実質振替のように支払われますので、いちいちチャージする手間も省け非常に便利ですね。

また、LINE PayカードをLINEモバイルの支払いに使うと3%の高いポイント還元率を受けることができます。貯まったポイントはLINEスタンプ・着せ替えの他、スターバックスのドリンク券などにも変えることが出来るので、スターバックスで友だちとのんびりしたり、勉強したりする学生さんにとっては非常に嬉しいですね。

引き換え先はLINEの中の「ポイントを使う」から見ることができるよ!
すーちゃん
まま子さん
3%はとっても高いわね。普通は0.5%〜1%だもの。
LINEモバイル公式サイト

学生さんがよりお得にLINEモバイルを使うには?

ここからは学生さんがよりお得にLINEモバイルを使う方法をいくつかご紹介したいと思います。

せっかく契約するのであれば、一番お得な方法を見つけたい!という方必見です。

LINEモバイルはすでにすごくお得!

まず、大前提になりますがLINEモバイルは大手携帯会社と比べると非常にお得です。

個人差はあるものの大手携帯会社からLINEモバイルへ乗り換えると、通常3,000〜5,000円毎月のスマホ代を削ることができます。毎月の利用料が1,000〜3,000円であれば学生のお小遣いからも出せる額でしょうし、親御さんに頼むとしても頼みやすい額ですよね。

大手携帯会社との料金比較を詳しくみたいという方は以下の記事でご紹介していますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

LINEmobileプランと料金
【保存版】毎月5千円節約ができる!LINEモバイルの料金プランを世界一丁寧に説明。

メモ こちらの記事は「知識ゼロ!とにかく丁寧に説明編」です。多少知識あり!の方は「さらっと説明編」へどうぞ! まま子さん最近ラインモバイルってよく聞くけど、実際どんなプランがあって、いくら位なのかしら ...

スマホ本体に関しては、格安スマホとLINEモバイルを合わせて使うと、一番安く済ませることができますが、LINEモバイルであれば最新のiPhoneも安く使うことができますよ。

だからね、LINEモバイルを使うだけでとってもお得なんだよ。
すーちゃん
LINEモバイル公式サイト

ウェブ限定キャンペーンを活用するとLINEポイントが貰えることも!

春の選べるキャンペーン
LINEモバイルをもっともっとお得に使いたい!という方はウェブ限定のキャンペーンを利用するようにしましょう。

LINEモバイルは現在、いくつかの家電量販店で直接申し込みをすることが可能です。

しかし、家電量販店で申し込みを行うとウェブ申し込み限定のキャンペーンは適用されません。例えば、今月の「選べるキャンペーン」はウェブ申し込み限定で最大3,000円分のLINE Storeクレジットや2,000円分のLINEポイントがもらえる非常に魅力的なキャンペーンです。

申し込み方法をウェブにするだけで3,000円分の得をするのであれば、そちらを選んだ方がお得ですよね!詳細は最新キャンペーン情報を参考にしてくださいね。

一方、店舗申し込み限定で受けることの出来るLINEモバイル公式割引は現在用意されていません。ウェブ限定キャンペーンと通常のキャンペーンは併用可能なことも多いので、申し込みはLINEモバイル公式サイトから行った方が圧倒的にお得と言えるでしょう。

まま子さん
それに、ウェブならわざわざお店に足を運ばなくていいから、楽チンよね。

お得なキャンペーンを使って、申し込む!LINEモバイル公式サイト

LINEモバイルの申し込み手順

ここで、LINEモバイルをウェブから申し込む手順を確認しておきましょう。

画像付きの手順は「【全工程画像付き】LINEモバイルの申し込み方法を1つ1つ丁寧に説明!」でご紹介していますので、ここでは学生さんが申し込む時に必要な持ち物や、簡単な流れを説明したいと思います。

申し込み必要なものは4つ

LINEモバイルの契約には必要な持ち物がいくつかあります。この持ち物が揃っていない場合は、年齢に関わらず契約をすることができません。

なお、ご自身が契約をする場合(18歳以上の方)は、ご自身の本人確認書類とクレジットカード(LINE Payカード)、親御さんの名義で契約をする場合は、親御さんの本人確認書類とクレジットカードが必要になりますので、ご注意くださいね。

LINEモバイルMNPに必要なもの

本人確認書類:学生証はNG。健康保険証の場合、公共料金領収書か住民票が必要

まず1点目は本人確認書類です。LINEモバイルではどのプランの契約をする際でも本人確認書類が必要となります。

本人確認書類として認められている書類は以下の通りです。

  • 運転免許証
  • 運転経歴証明書
  • 日本国パスポート+補助書類
  • 在留カード
  • 特別永住者証明書
  • 住民基本台帳カード
  • 健康保険証+補助書類
  • 後期高齢者医療被保険者証+補助書類
  • 届出避難場所証明書
  • 身体障害者手帳
  • 療育手帳
  • 精神障害者保険福祉手帳
  • 特定疾患医療受給証+補助書類
  • 特定疾患医療登録者証+補助書類
  • マイナンバーカード
  • 以下、補助書類
  • 公共料金領収書
  • 住民票

この中で、多くの学生さんが持っているのものは、

  • 健康保険証+補助書類
  • 日本国パスポート+補助書類

のどちらかになるかと思います。

どちらの本人確認書類も1点では受付ができず、補助書類の提出が必要です。なお、運転免許証を持っているという方は1点での受付が可能ですので、そちらを使うと便利でしょう。

健康保険証+補助書類は

LINEモバイル本人確認書類健康保険証と補助書類

の条件を満たしている必要があります。

一方、日本国パスポート+補助書類は

LINEモバイル本人確認書類パスポートと補助書類

の条件を満たしている必要があります。

とちらの場合も、氏名・住所・生年月日の記載があり、有効期限内のカードでなければなりません。また、補助書類は公共料金領収書か住民票のどちらかになりますが、公共料金領収書は親御さんとお住いの場合、親御さんへの請求になっているかと思いますので使うことができません。

どの書類も全部同じ名前が書かれていないといけないんだよ
すーちゃん
まま子さん
そうなると、1人暮らしをしている人以外は、住民票をとらないとダメね。

それぞれの書類の条件は、

LINEモバイル補助書類 LINEモバイル補助書類

となっています。どちらも発行日より3ヶ月以内のものでないといけませんので、注意が必要ですね。

住民票はマイナンバーを印字しちゃダメだからね!
すーちゃん
LINEモバイル公式サイト

クレジットカード:持ってない場合はLINE Payカードを使う!

2点目はクレジットカードです。

LINEモバイルの契約にはクレジットカードが必須となります。ただ、先ほども触れたように、クレジットカードをお持ちでない場合はLINE Payカードを使うことできます。

LINE Payカードはコンビニやオンラインで誰でも入手できるプリペイドカードですが、JCB加盟店で使えるため、LINEモバイルではクレジットカードとして認識されています。

LINE Payカードであれば、ローソンを始めとする全国のコンビニで入手することができ、必要な分だけコンビニでチャージをすれば良いので、学生の方でも問題なく使えるでしょう。また銀行口座を持っているといれば、LINE Payカードを使って、オートチャージを設定し実質口座振替のように使うこともできます

LINEアプリからゲットしよう!
すーちゃん

メールアドレス:Gmailなどすぐに確認が取れるものがオススメ

3つ目はメールアドレスです。

メールアドレスはGmailでもYahooメールでも何でも使うことができますので、シンプルで分かりやすいかと思います。

申し込み完了のメールや、SIMカード発送の連絡など諸々の重要事項の連絡がくるのが、このメールアドレスになりますので、いつでも確認できるものが良いでしょう。

まま子さん
すぐに確認できるメールアドレスね。OKよ。

MNP予約番号:転出元の携帯会社で取得。新しい番号でLINEモバイルを契約する人は不要

最後はMNP予約番号になります。

これは電話番号そのままで他社から乗り換える際に必要な番号ですので、LINEモバイルのデータSIM契約予定の方や、新しい電話番号での契約予定の方は必要ありません。

学生の方で、LINEモバイルで新しい番号で契約する場合はMNP予約番号は不要です。なお、大手携帯会社のMNP予約番号の取得方法は以下の関連記事を参考にしてみてくださいね!

申し込みの流れ:公式サイトから5〜10分で完了。最短翌日にSIMカードが到着!

LINEモバイル申し込みトップ画面

以上の持ち物が用意できたら、いよいよ申し込みとなります。

先ほどもご紹介したようにLINEモバイルはウェブからの申し込みがお得ですから、まずはLINEモバイル公式サイトへアクセスします。その後の手順は、画面に従っていけば5〜10分程度で申し込み完了となるでしょう。

画像付きで1つ1つ確認しながら申し込みをしたい!という方は以下の記事を参考にしてくださいね。

画像付き
LINEモバイル申し込み手順
【全工程画像付き】LINEモバイルの申し込み方法を1つ1つ丁寧に説明!

まま子さんすーちゃん、LINEモバイルの申し込み方法がいまいち良く分からないの。教えてくれないかしら。 OK!それじゃあ画面を開いて一緒にやってみようか!すーちゃん 「いざ、LINEモバイルの申し込み ...

申し込みが完了したら、後はLINEモバイルからSIMカードが送られて来るのを待つだけです。通常1〜3日で届きますので、到着まで首を長くして待っていてくださいね。

SIMカードが届いたら、初期設定を行います。初期設定はとっても簡単で、SIMカードと共に送られて来るLINEモバイルの説明書を見れば誰でも簡単に出来るかと思います。

当サイトでも初期設定の詳しい手順を画像付きでまとめましたので、気になる方は「【保存版】LINEモバイル開通の手順!最短で開通させる&注意点は?」を参考にしてみてください。

これで、LINEモバイルデビューもバッチリだね!
すーちゃん

LINEモバイルに早速申し込む!LINEモバイル公式サイト

まとめ:LINEモバイルは料金・カウントフリー・ID検索の3つの要素が揃って学生にはとても優しい格安SIM

LINEモバイル学割あるの?学生がお得に使う方法は?-01

いかかでしたか。今回はLINEモバイルの学割の有無から、学生さんにも優しい格安SIMである理由をご紹介しました。

LINEモバイルに学割がないと知り残念に思った方もいらっしゃるかもしれませんが、もともとの料金が安い格安SIMのほとんどは学割がありません。

学割を大々的に宣伝しているのはもともとの料金が高い大手携帯会社のみです。その大手携帯会社でいくら学割を使っても、LINEモバイルをはじめとする格安SIMより安くなることはありません。ですから、実際のところ、学割の有無はさほど関係ないでしょう。

LINEモバイルはリーズナブルな価格ももちろんですが、年齢認証とID検索が出来る点、クレジットカードなしでも契約ができる点は学生さんにとっては非常に大きいのではないでしょうか。

カウントフリーがあることも考慮すれば、学生さんにはとっても優しい格安SIMと言えますね。

なお、「スマホを持ちたいけど親がいいと言ってくれなくて困っている!」という方は当サイトのスマホGETプロジェクト「【スマホGETプロジェクト】スマホが欲しい!親がダメ!どうすればいい?」を是非参考にしてみてください。

親御さんの説得方法を1つ1つ細かくご紹介しています。

また、LINEモバイルへの詳しい乗り換え方法は「たったの4ステップ!誰でもできる!LINEモバイルに乗り換える方法を、どこよりも丁寧に解説!」を参考にしてみてくださいね。

ここだけの話、正直、今月のLINEモバイルのキャンペーンは非常にアツいです。今なら、初夏の選べるキャンペーンで最大4,000円分のポイントが貰えますから。先月は最大3,000円だったことも考慮すると、今月はとってもお得ですね。

毎月LINEモバイルのキャンペーン情報をまとめている私でさえ、今月は特典の金額が大きいなーという印象です。

詳細は最新キャンペーン情報でまとめていますので、ぜひチェックしてください。

この時期を逃すのは非常にもったいないです!

ぜひこの機会に、格安SIMで1番学生に優しいLINEモバイルでスマホデビューを果たしてみてはいかかでしょうか。

公式サイトでよりお得な情報をチェック!

 

この記事が役に立ったら
いいね ! してね!(o^^o)

-学割

Copyright© 格安sim × LINEモバイル , 2018 All Rights Reserved.