3ヶ月間基本料1,390円割引!最新キャンペーン情報はこちら

LINEモバイルとは

【超まとめ】3分でわかる!データSIMと音声SIMの違いは?注意点は?

更新日:

データSIM音声通話SIM注意点違い

まま子さん
音声SIM…データSIM…これって何が違うのかしら…。

「格安SIMについて調べ出したら、見慣れない用語が出てきて訳分からなくなってしまった」とお困りの方いらっしゃいませんか。

スマホの契約ってややこしいですよね。専門用語もたくさん出てくるし、「調べれば調べるほど、分からなくなってしまった」という方も多いのではないでしょうか。

ということで、この記事では、そんなお悩みを少しでも解決するために音声通話SIMとデータSIMについてご紹介したいと思います。

この記事を読めば、音声通話SIMとデータSIMの違いから、注意点、「こんな人にはこっちのSIMカードがおすすめ」まで全て分かる構成になっています。

格安SIMではよく目にする言葉ですから、しっかりと確認しておきましょう!

\乗り換え方法をチェック/

音声通話SIMと同じ意味の言葉

まず、音声通話SIMと類似している言葉を確認しておきましょう。

格安SIMによって様々な呼び方がありますが、全て同じ意味ですから、それらを先にチェックしたいと思います。

音声通話SIMと同意語

  • 音声通話SIM(LINEモバイル)
  • 通話SIM(楽天モバイル)
  • デゥアルタイプ(mineo)
  • 音声通話機能付きSIM(IIJmio)
  • 音声対応SIMカード(OCNモバイルONE)
  • 音声USIM(Y!mobile)
  • 音声通話プラン(UQモバイル)
  • 音声通話(BIGLOBE SIM)

とりあえず、格安SIMで有名どころをざっと挙げてみました。こうしてみると分かるように、ほとんどのケースで「通話」や「音声」という言葉が入っていますね。

このリストの中に、あなたが検討している格安SIM事業者がなくても、「通話」「音声」というキーワードが含まれたSIMカードは、このグループのものだと理解していただければ大丈夫です。

mineoのデゥアルタイプだけちょっぴり傾向が違うから注意だね。
すーちゃん

データSIMと同じ意味の言葉

続いては、データSIMと同じ意味の言葉をみていきたいと思います。

データSIM同意語

  • データSIM(LINEモバイル)
  • 050データSIM(楽天モバイル)
  • シングルタイプ(mineo)
  • データ通信専用SIM(IIJmio・OCNモバイルONE)
  • データSIMプラン(Y!mobile)
  • データ高速プラン(UQモバイル)
  • データ通信(BIGLOBE SIM)

一方こちらは「データ」というキーワードが含まれています。

先ほどと同様、このリストに今あなたが検討している格安SIMがなくても、「データ」というキーワードが含まれていれば同じものを指すと理解していただいて大丈夫ですよ。

ずばり!音声通話SIMとは?

では早速、音声通話SIMとは一体なんなのかを確認しましょう!

音声通話SIM=電話番号での通話ができるSIMカード

まず、結論から言うと、音声通話SIMとは電話番号での通話ができるSIMカードです。

言い換えると、090、080、070の通話機能を持った電話番号があるSIMカードになります。

現在ドコモ、au、SoftBankなどの大手携帯会社でスマホを契約している人は、ほとんどこの音声通話SIMを使っていますし、格安SIMを利用している方でもメインスマホは音声通話SIMで契約をしていることでしょう。

また、他社から電話番号そのままで乗り換えたい(MNPする)場合は、音声通話SIMでの契約が必須となります。

まま子さん
なるほど。まぁこの音声通話SIMってのだと、電話番号が使えるのね。

せーかいっ。まぁ普通にイメージするスマホに入っているSIMカードは音声通話SIMが多いだろうね。
すーちゃん

ずばり!データSIMとは?

次に、データSIMを解説していきます。

データSIM=データ通信専用のSIMカード

データSIMとは、先ほどの音声通話SIMとは異なり電話番号での通話機能をもたないSIMカードになります。

つまり、データ通信専用のSIMカードです。

このSIMカードはスマホを2台持っている方が2台目用として契約したり、iPadなどのタブレット用に契約することが多いですね。

なお、電話番号での通話ができないと言っても、LINE無料通話・Skype・FaceTimeを始めとするインターネットを使った通話ならすることが可能です。

データSIMの中にはデータSIM(SMS付き)もある!

データSIMの中にはデータSIM(SMS付き)と呼ばれるSIMカードがあります。こちらは名前の通り、データ通信とSMS(ショートメール)ができるSIMカードです。

SMS(ショートメール)は主に、サービスやアプリに登録する時の「2段階認証」に使われます。「2段階認証」とはログインIDとパスワード入力後に、認証コードを入力するセキュリティシステムです。認証コードはSMSを使ってスマホに送信されることが多く、SMS機能を持たないデータSIMだと、認証コードを受け取ることができません。

結果、サービスに登録できなかったり、他の方法を模索したりと手間がかかることが多いのです。例えば、今や日本人の2人に1人が使っていると言われるメッセージアプリLINEも、新規登録の際に通常SMSでの認証を行います。SMS機能を持たない場合は、Facebookで認証をする必要があり少々手間がかかってしまうのです。

まま子さん
なるほど。SMSはセキュリティで使われることが多いのね。

なお、LINEモバイルでは、データSIMでもSMS認証をスキップすることが出来るほか、年齢認証やID検索をすることが可能です。LINEを快適に使いたい!という方にはオススメの格安SIMだと思いますよ!

どんな人には音声通話SIMがオススメ?

音声通話SIMとデータSIMの概要がわかったところで、「こんな人には音声通話SIMがオススメ!」を紹介していきたいと思います。

他社から電話番号そのままで乗り換える人には音声通話SIM!

先ほども軽く触れましたが、携帯会社を電話番号そのままで乗り換えたい場合は、音声通話SIMの契約が必須となります。

音声通話SIM以外(データSIM)を契約してしまうと、今まで使っていた電話番号が消滅してしまいますので要注意です。「間違えてデータSIMを契約してしまったから、音声通話SIMに戻したい!」となっても、その時点で転出元の携帯会社の解約が成立している場合、電話番号が消滅してしまっています。

乗り換えの際には、十分注意しましょう。

新規で電話番号を作りたい人は音声通話SIM!

また、新しく電話番号を作ってスマホの契約を始めたい人も音声通話SIMの契約が必要です。

その場合、090、080、070のいずれかの番号が割り当てられます。

まま子さん
そっかぁ。電話番号を作りたい人も、音声通話SIMが必要なのね。

どんな人にはデータSIMがオススメ?

次は「データSIMの契約がオススメな人」のご紹介です。

タブレット用にはデータSIM

そもそも音声通話機能を持たないタブレットの契約には、データSIMが必要でしょう。

また、タブレットの場合は、スマホとはSIMカードのサイズが異なる場合がありますので、事前に確認が必要ですね。

タブレット
LINEモバイルタブレットは持てるの?-01
タブレットはLINEモバイルデータSIMが快適+リーズナブル!500円で外でも快適!

タブレットをどこよりも安く持ちたいならLINEモバイルがオススメ。なんと毎月500円で外でも通信もできて、LINEも使い放題。これ以上コスパの良いタブレットの持ち方はないと思いますよ!

2台目用にはデータSIM

すでにメインで使っているスマホは持っていて、2台目の契約を検討している方にはデータSIMがいいかもしれません。

電話番号は、ほとんどの方が1つ持っていれば十分でしょうから、2台目はデータSIMの契約で十分かと思います。

2台目
LINEモバイル2台目用スマホ-01
コスパ良すぎでしょ。2台目スマホにLINEモバイルが最強説。

2台目スマホを検討中の方!2台目だからこそ、基本料は最低限に抑えたいですよね?そんなあなたにはLINEモバイルが一押しです。実際にLINEモバイルを2台目スマホとして契約してみて分かった、そのメリットとオススメプラン、契約手順までご紹介します。

まま子さん
確かに。2つも電話番号があるとややこしいかもしれないわね。

スマホデビューにはデータSIM

これからスマホデビューをする方は、データSIMから初めてみるのもありかと思います。

後ほど詳しく説明しますが、データSIMには年間契約や最低利用期間がない場合がほとんどで、いつでも手数料なしで解約することができます。

LINEモバイルのデータSIMもいつ解約してもお金はかからないんだよ!
すーちゃん
デビュー
500円プランスマホデビュー-
子供スマホデビューはLINEモバイル500円プランが絶対いい!メリット・デメリット・おすすめアプリまで!

まま子さんねーねーすーちゃん。最近って、小学生と中学生からスマホ持ってるのね。 うん、スマホデビューする年齢がどんどん若くなってきてるよね。すーちゃん まま子さんでも、スマホって高いじゃない?お母さん ...

特に初めてスマホを使うご年配の方は、スマホの使い勝手になれず、再度ガラケーに戻すことがあるかもしれません。その際にいつでも手数料なしで解約できるのは大きなメリットですよね。

海外からの旅行者・留学生にはデータSIM

また、データSIMは海外からの旅行者や留学生にはもってこいかと思います。

先ほども触れましたが、データSIMには年間契約や最低利用期間がなく、いつでも手数料0円で解約できる場合がほとんどです。これなら日本での滞在期間は数ヶ月という方でも、余計なお金を払うことなく契約できますし、知らない土地にいるときにインターネットが使えるのはとっても便利ですよね。

まま子さん
そうよねぇ。土地勘なかったらスマホの地図とかすっごく便利よねぇ。

ただし、格安SIMによっては、海外パスポートでは契約できず在留カードの提出が求められるケースもありますので、詳細はそれぞれの格安SIMで確認してみてくださいね。

ちなみに、LINEモバイルでは、以下の条件を満たす在留カードの提出が必須となっています。(日本国運転免許証なども可)

LINEモバイル本人確認書類在留カード

在留カードが必要となると旅行中の方の契約は難しいかもしれませんが、留学生の方にはぴったりそうですね。

まま子さん
留学中にスマホが持てなくて、困っている学生多いみたいだものね。これは嬉しいわね。

音声通話SIMの注意点2つ!

ここで、音声通話SIMの注意点を確認してみましょう。

  1. 毎月の料金がデータSIMより高い
  2. 年間契約や最低利用期間がある

毎月の料金がデータSIMより高い

まず基本的なところになりますが、電話番号での通話機能が付いている分、毎月の料金がデータSIMより高くなります。これはどの格安SIM会社でも言えることです。

例えば、LINEモバイルの一番人気のコミュニケーションフリープラン3GBでは、

LINEモバイルコミュニケーションフリープラン料金表

データSIMが月額1,110円に対して、音声通話SIMが月額1,690円と毎月580円ほど高いことが分かりますね。また、この580円には通話料は含まれませんから、通話した分だけの通話料も発生します。

「とにかく毎月のスマホ代を安くしたい」という方は、電話番号はなくなってしまいますが、データSIMの契約にしても良いかもしれませんね。

まま子さん
でもまぁそれでも大手携帯会社に比べたらすっごく安いわよね。
LINEモバイル公式サイト

年間契約や最低利用期間がある

音声通話SIMはほとんどの格安SIMで年間契約や最低利用期間があります。

つまり、ある時期の解約、もしくは一定期間利用後の解約でないと解約手数料が発生してしまうのです。

頻繁に携帯会社を乗り換える訳ではない方なら問題ないかもしれませんが、契約期間に縛りがあることは念頭に置いておきましょう。

ちなみに、LINEモバイルの音声通話SIMの最低利用期間は12ヶ月間です。12ヶ月目以降であれば、解除料を払わずにいつでも解約をすることができますが、それ以前の解約だと解除料が発生してしまうので注意が必要です。

でも、大手携帯会社の2年縛りより全然ましだよね。
すーちゃん

データSIMの注意点2つ!

最後にデータSIMの注意点を確認してみましょう。

  1. データSIMは緊急電話は使えないので注意!
  2. SMSが付いていないデータSIMは電池の消耗が激しくなる可能性!

データSIMは緊急電話は使えないので注意!

何度かご説明していますが、データSIMは電話番号での通話機能を持たないSIMカードです。そして、「電話番号はなくても、大丈夫!」という方が見落としがちなのが、緊急電話ですね。

電話番号での電話ができない=110番、119番、111番などの緊急電話がかけられないということになります。何か困った時に緊急電話がかけられないというのは意外と大きなデメリットかもしれません。

まま子さん
あら、確かに緊急電話が使えないのはネックね。

SMSが付いていないデータSIMは電池の消耗が激しくなる可能性!

SMSが付いていないデータSIMには電池消耗問題があります。

これは、SMSが付いていないデータSIMを使うと、スマホの電池の消耗が早くなるという問題です。

一部の格安スマホでは、SMSが付いていないデータSIMでもセルフスタンバイで電波を探し続けてしまうんですね。その結果、速く電池がなくなってしまうのです。

ただ、正直、この問題は近年の格安スマホではほとんど起きていないと考えて問題ないでしょう。最近のスマホはそのような事態が起きないようにきちんと調整されていることがほとんどですから、そこまで心配する必要はないと思います。

可能性がある程度に思っておくので大丈夫だよ!
すーちゃん

まとめ

データSIM音声通話SIM注意点違い

いかかでしたか。今回は格安SIMで多く使われる音声通話SIMとデータSIMについてまとめてみました。

今まで大手携帯会社をずっと使ってきた人や、これからスマホデビューをする方にとっては見慣れない言葉が頻繁に出てくる携帯の契約やプランの内容ってすごく難しく感じますよね。

特にそれが格安SIMとなると、「大丈夫なの…?」と不安になってしまいます。でもこうやって1つ1つ丁寧に確認してみると、実はそんなに難しくないんです!そして、この記事があなたの「?」や不安を1つでも解消できていれば幸いです。

なお、当サイトでは、格安SIMのLINEモバイルをたくさんご紹介しています。

LINEモバイルは、格安SIMの中で唯一LINEのID検索が出来たり、カウントフリーがあったりと今大人気の格安SIMなんです。私もLINEモバイルに乗り換えたところスマホ代が毎月2,000円になりました!

ご興味のある方は「【まとめ】LINEモバイルが100%丸わかり!絶対事前に知りたい評判に注意点・乗り換える方法は?」でLINEモバイルのメリットやデメリットをまとめていますので、是非参考にしてみてくださいね。

ここだけの話、正直、今月のLINEモバイルのキャンペーンは非常にアツいです。


LINEモバイルはソフトバンク回線が提供され始めたことを記念して、キャンペーンが盛りだくさんなんですね。


今ならなんと、基本料が3ヶ月間1,390円割引になります!一番人気のコミュニケーションフリープランでも毎月300円から契約可能なんです。 さらにさらに、LINEポイント大放出キャンペーンで他社からの乗り換えで1万円、新規契約で5千円分のLINEポイントももらえます(LINEポイントはLINEモバイルのお支払いにも使えます)!


毎月LINEモバイルのキャンペーン情報をまとめている私でさえ、今月ほど魅力的なキャンペーンはみたことがありません。


詳細は最新キャンペーン情報でまとめていますので、ぜひチェックしてください。


この時期を逃すのは非常にもったいないです。

ぜひこの機会にLINEモバイルで毎月のスマホ代を節約してみませんか?

公式サイトでお得な情報をチェック!

 

この記事が役に立ったら
いいね ! してね!(o^^o)

-LINEモバイルとは

Copyright© 格安sim × LINEモバイル , 2018 All Rights Reserved.