基本料5ヶ月間半額+5,000ポイント!
最新キャンペーン情報はこちら

LINEモバイルとは

【moto g7 plus徹底レビュー】総合評価に他のg7シリーズとの比較!お得な契約方法まで!

更新日:

motog7plus徹底レビュー

まま子さん
モトローラのmoto g7 plusって、どんなSIMフリースマートフォンなのかしら?最近よく見るけど…。
うーん、簡単にいうと、全体的に十分な性能を備えていて、カメラでの写真撮影もきれいに行える、バランスの良いスマホってとこかな。
すーちゃん

moto g7 plusは、モトローラが2019年6月より販売しているSIMフリースマートフォンです。

モトローラはmoto g7シリーズとして3種類のスマートフォンを展開していますが、moto g7 plusは最上位モデルとなっています。

下位モデルと比べて販売価格は上がっていますが、カメラ性能が上昇していたり、CPU性能が高くてある程度ゲームも快適に遊べたりと、より使用上の満足度は高く仕上がっています。

とはいえ、価格も最も高いので、やはり購入前に「本当にご自身にあったスマホなのか」を確認したいですよね。

まま子さん
そうね。買ってから後悔したくないし。

この記事では、moto g7 plusの

  • 総合スペック評価(どんな人におすすめか)
  • スペック詳細
  • 一押し機能
  • デメリット
  • お得な購入方法

を解説します。

それなりにリーズナブルで満足度の高いスマホを探している方。ぜひ参考にしてくださいね。

\乗り換え方法をチェック/

moto g7 plusの総合評価:こんな人にはおすすめ!

motog7plusレビュー

moto g7 plusは、結論から言うと以下の4つに当てはまる方におすすめです。

  • おサイフケータイや防水はいらないので、できるだけ安いスマホを買いたい
  • スマホの購入価格は抑えたいけど、性能にあまり妥協したくない
  • 予算は最大で4万円程度
  • スマホのカメラで手軽に、食事などをきれいに撮影したい

まず、moto g7 plusは通常4万円程度の販売価格に対して全体的に性能は高めに仕上がっているため、コストパフォーマンスを求める方に最適です。

もちろん、スマートフォンは高額な機種ほど性能が高く、moto g7 plusより高性能なスマホもたくさんあります。

しかし、約4万円という予算の中でできる限り快適に使えるスマホを手に入れたいなら、moto g7 plusはとてもおすすめと言えるでしょう。

まま子さん
なるほど。
それじゃあ、スペックについて、もっと詳しく見ていこう。
すーちゃん

moto g7 plusの詳細スペック

moto g7 plusのスペックは、以下のとおりです。

moto g7 plusのスペック
価格(LINEモバイル) 38,800円
OS Android 9
CPU Snapdragon 636
メモリ 4GB
ストレージ容量 64GB
画面 6.24インチ、2,270×1,080
カメラ メインカメラ:1,600万画素+500万画素/インカメラ:1,200万画素
重さ 172g
バッテリー容量 3,000mAh

4万円程度の機種ということで「突出して高性能」というわけではありませんが、普段スマホを使っていくにあたってスペックに不便を感じる場面は少ないでしょう。

まま子さん
具体的にどんな用途なら、満足できるのかな?
  • ブラウザでのネットサーフィン
  • LINEやTwitter、Instagram、FacebookといったSNSサービスへの投稿・閲覧
  • YouTubeなどでの動画再生
  • Spotify、AppleMusicなどを使った音楽再生
  • 麻雀やテトリス、ツムツムといった軽いゲームアプリ
  • カメラでの写真・動画撮影

以上のような用途なら、moto g7 plusで快適にこなすことが可能です。

CPUが比較的高性能、アプリをサクサク動かすのに必要なメモリ容量も4GBと十分なので、多くの方がよく使うスマホの機能・アプリは問題なく動作します。

さらに、ストレージ容量が64GBと大きいので、アプリや動画、音楽、写真といったデータもたっぷり保存できます。

画面サイズは6.24インチと大きめな一方で重さは172gと軽いので、持ち運びやすいのも魅力ですね。

iPhone 11 Proは一回り小さいサイズだけど、重さは188gでmoto g7 plusより重かったりするよ。
すーちゃん
まま子さん
なるほどね。便利な機能とか、もっと詳しく教えて!

moto g7 plusの一押し機能

moto g7 plusには性能・機能面で充実している部分がたくさんあります。

  • AI搭載・手ブレ補正対応のカメラ
  • 赤と紺色のメタリックボディ
  • 付属充電器での急速充電対応
  • ステレオスピーカー搭載、動画や音楽を高音質で楽しめる
  • SIMカードを2枚同時に+microSDカードも装着できるトリプルスロット

仕様の中には、10万円などの高額スマホでもなかなか採用されない便利なものもいくつか含まれていますので、しっかりチェックしていきましょう。

①moto g7 plusの一押し機能:カメラにAIと手ブレ補正搭載されていて、きれいな写真をかんたんに撮影できる!

moto g7 plusは、カメラにAIと手ブレ補正を搭載しています。

AIにより、風景や料理など、その場に合った設定を自動で適用して、きれいな写真を撮影してくれますよ。

さらにカメラには手ブレ補正が搭載されているので、不安定な場所などで撮影中に手が少し動いてしまっても自動的に修正してくれます。

実際に撮影した写真。カメラを上に向けていたため安定感はなかったが、手ブレゼロで綺麗。色味も鮮やか。

motog7plusレビュー実際の写真

「手ブレ補正がないスマートフォンで撮った写真をパソコンなどの大きな画面で見てみたら、手ブレしてしまっていた…」という経験がある方も少なくないのではないでしょうか。

まま子さん
スマホの画面だと小さいから気づかないけど、タブレットとかで見たら気づくことってあるよね。
そうだね。貴重な旅行中の写真なんかが手ブレしてると、大ショックだよね。
すーちゃん

その点、moto g7 plusなら写真撮影のトラブルを極力減らせるので、安心して写真を撮りに行けますね。

その他の写真。外でサクッと撮った一枚。日陰でも暗すぎになることなくGOOD。

motog7plusレビュー実際の写真

ランチセット。白いテーブルが白飛びしていない+食べ物も黄色がかってない。が、少しくらい印象。

motog7plusレビュー実際の写真

ちなみに…インカメの性能はこんな感じ

せっかくなのでアウトカメラと合わせてインカメの性能もご紹介したいと思います。

moto g7 plusには1,200万画素のインカメラが搭載されています。こちらはシングルレンズです。

普通に明るくとれる!美白モードでなくても、使えそう。

motog7plusレビュー実際の写真

ただし、ボケ感の演出はできない。後ろの立てかけてある絨毯までしっかり写ってしまっている(笑)

motog7plusレビュー実際の写真

使用した感じとしては「ものすごく綺麗!といった訳ではないけど、十分使える」といった感じでしょうか。今回はそれなりに明るい場所で撮影したので、明るさは問題ありませんでした(むしろ実際より明るく撮れた感覚)。

画角に関しては、広くはないです。三人程度で撮影するのであれば問題ありませんが、四人以上での撮影は難しいです。

十分使える性能ではありますが、インカメラを重視する方は他の機種を検討した方が良いかもしれませんね。

②moto g7 plusの一押し機能:メタリックカラーで印象的なカラーラインナップ

motog7plusレビュー motog7plusレビュー

moto g7 plusは、「ディープインディゴ」と「ビバレッド」の2種類で展開されています。

スマホの本体カラーって黒や白、シルバーといった無難なものが多くて、他の人の持っている機種と見分けづらいこともありますよね。

moto g7 plusなら珍しい、紺色や赤の本体なので、わかりやすいです。

他の人と違うスマホを持っている、優越感にも浸れるね。
すーちゃん

しかもmoto g7 plusの本体はメタリックボディとなっているので、人の目を引く魅力がありますよ。

まま子さん
確かに、他の人と違う色のスマホってちょっとワクワクするかも。

ビバレッドの実際の色。深みのある赤でメタリック。

motog7レビュー

公式の写真よりかなり光沢がある印象。

motog7レビュー

③moto g7 plusの一押し機能:付属充電器なら、15分だけで半日分の急速充電ができる!

モトローラのスマートフォンは急速充電にも力を入れていて、moto g7シリーズの最上位モデルであるmoto g7 plusなら、なんと15分で半日使えるほどの急速充電性能です。

朝寝坊してもOKどころか、朝食を食べてから歯磨きをして身だしなみを整えて出かけるくらいの間には、夜まで使えてしまうくらい充電できますよ。

ただし付属の充電器での充電が必要で、他の充電器だと遅くなる可能性があるのでご注意ください。

言い換えれば充電器や充電ケーブルは付属するから、持っていない人は追加で購入する必要なし。ちなみに、本体の保護ケースも付属してるよ。
すーちゃん
まま子さん
なるほど、追加出費無しで高速の充電ができるのは嬉しいね。

本体の付属品。

motog7レビュー

④moto g7 plusの一押し機能:ステレオスピーカー搭載、イヤホンなしでも音楽や動画を楽しみやすい

moto g7 plusの本体スピーカーはステレオなので、左右から音が出る高音質です。

低価格なスマホはスピーカーが片側だけのモノラルなこともしばしばあります。モノラルだと映画などを見る時に音の迫力が物足りなくなってしまうこともありますが、moto g7 plusなら心配無用。

「ドルビーオーディオ」という、映画や自宅のテレビでもおなじみの技術により、迫力のある音でコンテンツを楽しむことが可能です。

まま子さん
スマホで音楽や動画を楽しむ人には、嬉しいね。

⑤moto g7 plusの一押し機能:2枚のSIMカードとmicroSDカードを同時に使えるトリプルスロット搭載!

moto g7 plusは、2枚のSIMカードとmicroSDカードを同時に使える「トリプルスロット」のスマホです。

moto g7 plusなら、

  • 仕事とプライベートの電話番号を同じスマホに入れて、いつでもかかってきた電話を受ける
  • データ通信と音声通話のSIMカード(例:データ通信は格安SIM、通話は大手キャリア)を別々に契約して、料金を抑える

といったことも自由自在なんです。

さらに、別途microSDカードを入れることが出来るので、2枚のSIMカードの利用に対応している他のReno Aなどの機種のように「2枚のSIMカードを入れたら、容量の増設はできない」ということもありません。

活用できる人は限られてくるけど、仕事などで電話を2台持ちしている人は、持ち運ぶ(毎日充電する)機種を1つに減らせて便利だよ。
すーちゃん
まま子さん
なるほど、たしかに便利な機能がたくさんあるね…。反対に、デメリットはあるのかな?

moto g7 plusのデメリット・注意点

moto g7 plusのデメリット・注意点として考えられるのは、以下の3点です。

  • おサイフケータイと防水、ワンセグに非対応
  • あくまで4万円のスマホ、高性能が求められる最新ゲームなどはうまく遊べないこともある
  • 本体は軽量だけど、iPhone SEなどのようなコンパクトサイズではない

いずれも事前に確認・納得しておけば問題なし。そこまで大きなデメリットはありません。

①おサイフケータイや防水、ワンセグには非対応

moto g7 plusは、おサイフケータイや防水、ワンセグといった大手キャリアでよく採用されている機能に非対応です。

代わりに低価格とその他の部分の高性能を実現できているので、やむを得ないでしょう。

また対処法を用いれば、十分補えるデメリットです。

Suicaやnanacoなどの電子マネーを使いたい場合は、別途カードを用意して使いましょう。水場で使う時は、100円ショップ等の防水ケースを使えばOKですよ。

またワンセグは見られませんが、「nasne」などの自宅のテレビをリモート視聴できる機器を別途用意すれば、テレビを見ることは可能です。

②高性能が求められる最新の高画質3Dゲームなどは、うまく動かないことも

moto g7 plusに搭載されているCPU・Snapdragon 636は「超高性能」ではないため、最新の高画質表示ができる3Dゲームなどはうまく動かないケースもあります。

性能が低いわけではないんだけど、あくまで4万円スマホのCPUってこと。
すーちゃん

ゲームを遊んでいて動作が重く感じた時は、設定から画質を下げるなどして対処しましょう。

また、すべての最新ゲームを快適に遊びたい方は、GalaxyやXperia、iPhoneなどの高価格スマホを検討することをオススメします。

ゲームはとにかく性能が求められるから、たくさん遊ぶなら予算に妥協せず、高性能スマホを検討したほうが良いよ。
すーちゃん

③サイズは大きめ、コンパクトスマホを使いたい人は注意

moto g7 plusは6.24インチの大画面を搭載しているので、本体サイズも大きめです。

小さめの手だと片手操作は難しい…。

motog7レビュー

iPhone SEのような、コンパクトなスマホを使いたい方からすると、ちょっと大きく感じてしまう可能性もあるのでご注意ください。

まま子さん
「高さ157mm×幅75.3mm×厚さ8.27mm」なのね。
どのくらいのサイズか触って確認したい場合は、ヨドバシカメラやビックカメラなど大きめの家電量販店に足を運んでみてね。
すーちゃん

ちなみに…moto g7とplusとどっちを買うべき?

まま子さん
moto g7 plusには、下位モデルもあるんだよね?性能はどう違うの?
価格以外では主にCPUとカメラ、あと充電性能にも違いがあるね。
すーちゃん

moto g7 plusとmoto g7の違いは、以下の表にまとめたとおりです。

moto g7 plusとmoto g7(無印)の違い
moto g7 moto g7 plus
本体価格(LINEモバイル) 30,800円 38,800円
CPU Snapdragon 632 Snapdragon 636
カメラ メインカメラ:1,200万画素+500万画素/インカメラ:800万画素 メインカメラ:1,600万画素+500万画素/インカメラ:1,200万画素
カメラの光学式手ブレ補正 なし あり
15分の充電で使える時間 9時間 12時間

moto g7 plusはCPU性能がワンランク上がっていて、ゲームなどをより快適に遊べるようになっています。

さらに、カメラの画素数が大きくなったのでより大きい写真を撮影しやすかったり、手ブレ補正で撮影ミスを防ぎやすかったりします。

僕が思うにmoto g7 plusを選ぶにあたっての一番の決め手は、手ブレ補正に対応していること。写真をよく撮るなら、失敗しにくいmoto g7 plusがおすすめだよ。
すーちゃん

写真をよりきれいに撮りたい方や高性能CPUでゲームを楽しみたい方は、moto g7 plusを選ぶのがおすすめです。

一方で、相違点にあまり自分にとってのメリットがない(写真はあまり撮らないなど)方は、安価なmoto g7を選ぶのが良いでしょう。

moto g7 plusのお得な購入方法:格安SIMでセットがおすすめ

moto g7 plusは、格安SIMとセット購入可能です。

moto g7 plusを販売しているMVNO
LINEモバイル 38,800円
goo simseller(OCNモバイルONE 20,100円(音声SIMセット)、条件を満たすと12,100円
IIJmio 35,800円(音声SIMセットで3,000円分のギフト券プレゼント~10月31日)

各社ではキャンペーンが行われているので、合わせて月額料金等を抑えられるメリットもあります。

格安SIMに乗り換えて、スマホ代を削減しよう!
すーちゃん

【一押し!】LINEモバイルなら、5ヶ月間の月額料金が半額+ポイント還元!

 

中でも一押しはLINEモバイルですね。

LINEモバイルではmoto g7 plusを38,800円(税抜)で購入可能、現在以下3つのキャンペーンが行われています。

  • 初月の月額料金が600円(税抜)に(1GBのLINEフリープランのみ対象外)
  • 2~5ヶ月目の月額料金が半額に(LINEフリープランのみ対象外)
  • LINEモバイル公式サイト記載されているキャンペーンコード入力で、LINEポイント5,000ptプレゼント(5,000円相当)

乗り換え後の月額料金を5ヶ月も抑えられて、さらにLINE Payでの支払いなどで使えるポイントも受け取れるので、非常お得です。

ポイント還元特典を利用すれば、本体価格は実質33,800円くらいに抑えられるね。
すーちゃん

さらに、LINEモバイルはデータフリーが無料で付いてくるなど、サービスが充実している点も魅力と言えるでしょう。

最新キャンペーン情報はこちら!

LINEモバイル2019年11月最新キャンペーン情報
【11月最新】100%お得!LINEモバイルキャンペーン詳細に一番賢い併用方法!

【2019年11月版!本日更新済み】LINEモバイルのキャンペーンの詳細を解説!同時に、事前に絶対知っておきたい注意点も説明しています。キャンペーンを活用して、100%お得にLINEモバイルに乗り換えましょう!

続きを見る

LINEモバイル公式サイト

まとめ

motog7plus徹底レビュー

今回は、moto g7 plusのメリットやデメリット、そしてお得な購入先などを解説しました。

ポイント

  • moto g7 plusは4万円程度で買える、高コスパなSIMフリースマートフォン
  • 本体性能は全体的に高めで、普段遣いなら十分快適
  • CPUは最高クラスの性能ではないため、3Dゲームで遊ぶ方は注意が必要
  • カメラにはAIと手ブレ補正があり、きれいな写真を手軽に撮影できる
  • おサイフケータイや防水には非対応
  • LINEモバイルでmoto g7 plusを申し込めば、キャンペーンにより5ヶ月間の月額料金が割安になる
  • IIJmioではギフト券還元や、初期費用等の割引を受けられるのでお得!
  • 本体価格は、OCNモバイルONEの音声SIMとセット契約になるgoo simsellerが一番安い

冒頭でもご紹介しましたが、moto g7 plusは「価格に対して性能が高めで、重いゲームをしない方であれば不自由なく使えるスマホ」と言えるでしょう。

ただ、個人的にいうとすこし個性に欠けてるかなとも思います。

まま子さん
あら、辛口評価(笑)

言い換えれば「どんな機能もそこそこのオールラウンダー」ではあります。特にこだわりのある機能がなく、全体的に快適に使えるスマホをお求めの方には良い選択肢であることは間違いありません。

4万円程度で快適に使えるスマホを手に入れたい方。ぜひ今回の解説を参考に、moto g7 plusを検討してみてくださいね。

この記事が役に立ったら
いいね ! してね!(o^^o)

  • この記事を書いた人

南玲

日々格安スマホの情報を研究、発信しています。少し前まで大手携帯会社に勤めていました。専門的な情報も、初心者さんに分かりやすく解説するのがモットーです。質問もコメントにて随時受け付けています。好きな食べ物はアイスと唐揚げ( ´∀`)詳細プロフィールはこちら

-LINEモバイルとは

Copyright© 格安sim × LINEモバイル , 2019 All Rights Reserved.