最新キャンペーン情報はこちら

スマホデビュー

【中学生男子】2018年最新オススメ格安スマホ3機種&携帯会社3社!

更新日:

中学生男子におすすめスマホ-01

まま子さん
ねーすーちゃん。中学生の男の子にオススメのスマホって何かしら?

中学生男子かぁ。それじゃあ一緒に見てみよっか!
すーちゃん

「中学生になるからそろそろスマホを持たせた方がいいかな」とお考えのお父さん・お母さん。

スマホって種類も豊富ですし、専門的な部分もあってなかなか分かりづらいですよね。最初の1台だから、最新の高級機種である必要はない気もするし、かといってある程度の機種でないと本人も納得しないし…と頭を抱える方が多いようです。

ということで今回は、今まで1,000人以上の中学生スマホデビューをみてきた私が2018年中学生男子におすすめスマホをご紹介します。

最後にはオススメ携帯会社も合わせてご案内しますのでぜひ参考にしてみてくださいね。

中学生男子にオススメ格安スマホ:機種編!

まずは中学生男子におすすめ、かつ今大人気の格安スマホを見ていきたいと思います。

格安スマホとは元々格安SIM(ドコモ、au、ソフトバンク以外の携帯会社)で使うことのできるスマホの呼び方です。

ですから、「格安」とは言っても必ずしも値段的に格安(破格)ではなく、最近では非常にハイスペックな上位モデルも多数出ています。また、品質もきちんとしたものが多いですので、ご安心くださいね。

まま子さん
格安スマホでも安かろう、悪かろうじゃないってことね。

今回は以下3種類のスマホをご紹介します。

  1. バッテリーの持ちが最強!Zenfone 3 Max
  2. やっぱりiPhone!iPhone SE
  3. とにかく高スペック!HUAWEI P10

この3つのスマホは、数十種類ある格安スマホの中から私がスペック・料金・見た目を考慮し厳選したものです。この中から選べば、スマホ選びは間違い無いです。

バッテリーの持ちが最強!Zenfone 3 MAX

Zenfone 3 max

出典:Zenfone 3 MAX公式サイト

1つめにご紹介するのはZenfone 3 MAXです。

この機種の最大の特徴はバッテリーの持ちですね。通常のスマホのバッテリー容量は大きくても3,000mAhといったところが、この機種は4,100mAhとなっています。

この大容量バッテリーのおかげで最大待受時間は30日、WiFiブラウジングなら18時間、音楽再生なら87時間利用可能です。これならゲームも動画も音楽もインターネットもバッテリーの心配なしで思う存分楽しめますね。

特徴

  • 価格:21,384円
  • 発売日:2017年1月14日
  • カラー:シルバー/ゴールド/グレー

バッテリーの持ちはもちろんのこと、モバイルバッテリーのように他の端末もチャージすることができるので、スマホの他にゲーム機やiPodを持っている場合も便利です。デザインも高級感のあるメタルボディーで、スタイリッシュなフォルムもポイントが高いですよね。

Zenfone 3 max

その他スペックは以下の通りです。

機種名 Zenfone 3 MAX
メーカー ASUS
画面サイズ 5.2インチ 1,280×720ドット (HD)
CPU MediaTek MT6737M (クアッドコアCPU)
OS Android™ 6.0
RAM 2GB
ROM 16GB
カメラ画質(背面) 1300万画素
カメラ画質(内面) 500万画素
micro SD スロット  〇
SIMカード micro×1
nano×1
Blutooth  Bluetooth v4.0
バッテリー 4,100mAh
サイズ 高さ149.5mm×横幅73.7mm×厚さ8.55mm
本体カラー シルバー/ゴールド/グレー
重量 約160g

このZenfone 3 MAXとセットで契約できる通信事業者は

となっています。

まま子さん
値段も手頃だし、ゲームやYouTubeをたくさん使う男の子には良さそうね。

やっぱりiPhoneが使いやすい!手頃な価格のiPhone SE

iPhoneSE

出典:iPhone SE公式サイト

続いてはiPhone SEのご紹介です。

スマホといったらiPhone!iPhone以外はスマホじゃない!」と考えている中学生も多いのではないでしょうか。

そんな中学生にオススメなのがSEです。SEはiPhoneシリーズの中では手頃な価格で入手できますし、スペックもiPhone 6sと同じなので安心ですね。

特徴)

  • 価格:39,800円〜
  • 発売日:2016年3月31日
  • カラー:ゴールド/シルバー/ローズゴールド/スペースグレイ

通常iPhoneは10万円近くします。そんな高額な機種を中学生のスマホとして買い与えるのに抵抗がある方も多いでしょう。そんな時はSEがぴったりです。確かに、最新のiPhoneに比べて性能は多少落ちてしまうかもしれませんが、中学生の最初の一台には十分すぎるほどのスペックを兼ね備えています。

その他のスペックは以下の通りです。

機種名 iPhone SE
メーカー Apple
画面サイズ 約4.0インチ
CPU Apple A9
RAM 2GB
ROM 32GB・128GB
カメラ画質(背面) 1,200万画素カメラ内蔵
LEDフラッシュ
カメラ画質(内面) 120万画素カメラ内蔵
micro SD スロット  未対応
SIMカード nanoSIM×2
Blutooth  Bluetooth 4.2
バッテリー 1,624mAh
サイズ 高さ123.8mm×横幅58.6mm×厚さ7.6mm
本体カラー ゴールド/シルバー/ローズゴールド/スペースグレイ
重量 約113g

このiPhone SEとセットで契約できる通信事業者は

となっています。中でもY!mobileは今ならiPhone SEを一括で9,800円から購入可能です!

とにかくiPhone!って子にはオススメだね!
すーちゃん

カラーも豊富でとにかく高スペック!HUAWEI P10 lite

HUAWEI p10 lite

出典:HUAWEI P10 lite公式サイト

最後にご紹介するのはHUAWEI p10 liteです。

この機種の特徴はなんといってもコスパの良さですね。

1つ前のモデルであるp9 liteも非常に人気の高いロングセラー商品でしたが、今回のp10 liteもさらに進化を遂げ、非常に完成度の高い1台となっています。

特徴

  • 価格:32,378円
  • 発売日:2017年6月9日
  • カラー:ネサファイアブルー/パールホワイト/ミッドナイトブラック/プラチナゴールド(SIMフリー専用)/サクラピンク(UQモバイル専用)

また、高級感のある見た目もこの機種の魅力の1つでしょう。iPhoneと同じような輝きがあるため、iPhoneからの乗り換え組が多いのも特徴です。カラーもSIMフリー限定色含め5種類展開しています。

HUAWEI p10 lite

スペックは以下の通りです。

機種名 HUAWEI P10 lite
メーカー HUAWEI
画面サイズ 約5.2インチ, FHD (1920×1080ドット), IPS (in-cell)
CPU Huawei Kirin658 オクタコア (4×2.1GHz+4x1.7GHz)
OS Android™ 7.0 Nougat / Emotion UI 5.1
RAM 3GB
ROM 32GB
カメラ画質(背面) 1200万画素(1.25μmピクセル/ 開口部F2.2/ 像面位相差AF+コントラストAF/ 電子手振れ補正/ BSI)
カメラ画質(内面) 800万画素(開口部F2.0/FF/BSI)
micro SD スロット  〇
SIMカード nanoSIM×2
Blutooth Bluetooth® v4.1 LE
バッテリー 3,000mAh, 9V/2A急速充電対応
サイズ 高さ約146.5 mm幅約72 mm厚さ約7.2 mm
本体カラー サファイアブルー、パールホワイト、ミッドナイトブラック、プラチナゴールド(SIMフリー専用)、サクラピンク(UQモバイル専用)
重量 約146 g

このスペックでこの価格は本当にコスパがいいです。中学生用ではあるけど、利用頻度が高い・学習用にも使う予定の方は非常にオススメですね。

このHUAWEI p10 liteとセットで契約できる通信事業者は

となっています。人気機種だと言うこともあり、取り扱っている会社が非常に多いですね。

中学生男子にオススメ格安スマホ:携帯会社編!

続いては中学生男子にオススメの携帯会社をご紹介します。

中学生用スマホをドコモ、au、ソフトバンクなどの大手携帯会社で契約するのも選択肢の1つですが、毎月の月額基本料が高額であることに加え、大手携帯会社では中学生に適切なプランを提供していない場合がほとんどです。

ということで、当サイトでは今話題の格安SIMの中から中学生男子にオススメの会社を3つほどご紹介します。

まま子さん
そうよね。大手携帯会社だと毎月1万円とかするものね。

LINEもインスタグラムも使い放題!LINEモバイル

LINEフリー コミュニケーションフリー MUSIC +
1GB 1,200円 - -
3GB - 1,690円 2,390円
5GB - 2,220円 2,720円
7GB - 2,880円 3,280円
10GB - 3,220円 3,520円

※音声通話SIM料金(価格は全て税抜き)

まず1つめはLINEモバイルです。

LINEモバイルの最大の特徴といえばカウントフリーですね!

カウントフリーとは、契約しているデータ量に含めないという意味で、データ消費をせずに対象サービスが使い放題になる仕組みのことです。LINEモバイルのカウントフリー対象サービスはプランによって異なりますが、主にLINE、Facebook、Twitter、Instagramなどの主要SNSが対象と考えて問題ありません。

つまり、LINEモバイルであれば、SNSをいくら使ってもデータを消費することがなく、逆に契約しているデータ量を使い切ってしまってもSNSはサクサク使えるということになるのです。

まま子さん
なるほど。若い子ってSNSたくさん使うから、それがデータ食わないのは便利ね。

しかも、すごいのが、このカウントフリーがどのプランにも無料で付随してくる点です。カウントフリーのために別途有料オプションを追加する必要もなく、もともとの基本料も安いので、かなりコスパが良い会社と言えるでしょう。

なお、LINEモバイルはPTA推奨のフィルタリングサービスが無料で付いてくる点も見逃せません。

LINEモバイル公式サイト

YouTube見放題!BIGLOBEモバイル

 

データ量 月額基本料
1GB 1,400円
3GB 1,600円
6GB 2,150円
12GB 3,400円
20GB 5,200円
30GB 7,450円

※音声通話SIM料金(価格は全て税抜き)

3つめはBIGLOBEモバイルです。

BIGLOBEモバイルの最大の特徴はエンタメフリーオプションでしょう。

このオプションは月額480円で、YouTubeを始めとする10個のサービスがデータ消費を気にすることなく使い放題になります。イメージとしては始めにご紹介したLINEモバイルのカウントフリーと同じですが、対象のサービスが

エンタメフリー対象

YouTube、 Google Play Music、 Apple Music、 AbemaTV、 Spotify、 AWA、 radiko.jp、 Amazon Music、 U-NEXT、 YouTube Kids

と動画配信サービス・音楽ストリーミングが多いの特徴です。

最近の中学生は、YouTubeで学習動画を見たり、調べごとをすることが多いですので、その分のデータ通信量がカウントされないのは非常に魅力的かと思いますよ。これならいくらYouTubeを流し見しても、問題ありません。

まま子さん
動画ってすごいデータ消費するものね。それが使い放題なのはお得だわ。
BIGLOBEモバイル公式サイト

学割も速度も充実!UQモバイル

 

プランS プランM プランL
月額基本料1年目 1,980円 2,980円 4,980円
月額基本料2年目以降 2,980円円 3,980円 5,980円
データ 1GB(2年間は2GB) 3(2年間は6GB) 7(2年間は14GB)
通話 5分かけ放題もしくは、合計60分 5分かけ放題もしくは合計120分 5分かけ放題もしくは合計180分

最後はUQモバイです。UQ mobileはテレビCMをたくさんしているので、一度は聞いたことがある方が多いのではないかと思います。

UQ mobileの最大の特徴はお得な学割ですね。

格安スマホはもともとの価格が安いため、学割を用意していないところが大半です。そんな中UQモバイルは、3ヶ月基本料無料+次の機種変更までデータ2倍という非常に魅力的な学割を提供しています。

また、UQモバイルは速度に定評がある格安スマホ(SIM)でもあります。回線が混雑する時間帯も、ある一定の速度が出せているので、快適にスマホが使えることは間違い無いでしょう。料金は、LINEモバイル、BIGLOBEモバイルより高めですが、その分無料通話が付いてきますし、auのサブブランドという安心感もありますね。

UQモバイルならiPhoneを買うこともできるよ!
すーちゃん
UQモバイル公式サイト

まとめ:中学生男子用スマホは紹介したスマホ3機種なら間違いなし!会社は格安SIMを検討するべき!

中学生男子におすすめスマホ-01

いかかでしたか。今回は中学生男子にオススメなスマホの機種と携帯会社をご紹介しました。

初めてのスマホ選びって難しいですよね。機種はたくさんあるし、スペックを見てもよくわからない部分はあるし…と悩んでしまう方がほとんどかと思います。

今回ご紹介した3機種はどれもリーズナブルな価格ですし、スペックも安定している非常に人気の機種です。加えて、中学生男子にとっては嬉しいスペックの高さやデザイン性も考慮して選びましたので、これら3つの中であれば間違いないと思いますよ。

携帯会社に関しては、いきなり大手携帯会社で契約するのは非常に勿体無いです。日本は親御さんが大手携帯会社を利用していると、8割強のお子さんが同じ携帯会社で契約する傾向にありますが、それでは中学生のスマホ代に年間12万円ほどかかってしまいます。

2年たったら、24万円ですよ…(笑)これが格安SIMを利用するだけで5万円〜10万円程度に抑えられます。浮いたお金は塾代に回してもいいですし、家族で旅行に行ってもいいですよね。

ということで、中学生男子のスマホデビューにはぜひ格安SIMをご検討くださいませ。

LINEモバイル公式サイトBIGLOBEモバイル公式サイトUQモバイル公式サイト

この記事が役に立ったら
いいね ! してね!(o^^o)

-スマホデビュー

Copyright© 格安sim × LINEモバイル , 2018 All Rights Reserved.