基本料3ヶ月間1,390円+5ヶ月間1,000円割引!
最新キャンペーン情報はこちら

スマホデビュー

だるい通信制限がない!?高校生に最適な格安SIM会社とスマホはこれ!

更新日:

通信制限がない高校生に最適な格安スマホ-01

まま子さん
ねーすーちゃん。通信制限がない携帯会社とかないのかしら。毎月娘がブーブー言ってるんだけど…
通信制限との戦いね…。OK!それじゃあ通信制限がない携帯会社を調べてみよっか!
すーちゃん

「毎月後半になると通信制限と戦っている」「常にデータを消費しすぎないように気を使っている」もしくは「これからスマホをを持つけど、通信制限はお断りだ」という高校生のみなさん。

スマホの通信制限ほどウザいものってないですよね。

正直、私なんて通信制限がかかったスマホはガラクタ同然だと思っています(笑)

それに、通信制限にビクビクしながらデータ通信を控えるのってものすごく面倒くさくないですか?写真や動画をインスタにアップしたり、YouTubeを見るたびにデータ残量を気にするのってすごく神経使いますよね。

でも、実は世の中には通信制限がない携帯会社があるんです。

しかも、大手携帯会社より安い価格でサービスを提供しているんです!これらの携帯会社を使えば、毎月データ残量を気にすることもなくなりますし、低速化が起きてイライラすることも無くなります。

ということで、今回はだるい通信制限とおさらばしたい高校生のために通信制限がない携帯会社を3つご紹介します。

ぜひ参考にしてみてください。

動画解説がわかりやすい方はこちらをどうぞ!


\乗り換え方法をチェック/

ずばり高校生にオススメ通信制限がない携帯会社はこの3つ

では、早速、通信制限がない携帯会社をご紹介していきます。

  • LINEモバイル
  • BIGLOBEモバイル
  • UQモバイル

あなたが主にどのサービス(SNSなのか、YouTubeなのか等)を利用するかによって、どの携帯会社がベストかは分かるはずです。

LINEモバイルはSNSへの通信量がカウントされない

 

1つ目はLINEモバイルです。

LINEモバイルは対象のSNSへの通信量が契約しているデータ量に含まれないデータフリーと呼ばれる仕組みがあります。

データフリー対象のSNSはプランによっても異なりますが

データフリー対象

LINE、Facebook、Twitter、Instagram、LINE MUSIC

の5つとなっています。

上記5つのサービスをよく使う方には、LINEモバイルはもってこいの格安SIMなのです。月額基本料も500〜3,500円と非常にリーズナブルですし、全てのプランに無料で データフリーが付いてくるのは大きな魅力ですね。

実は私が、通信制限から卒業したのも、このLINEモバイルに乗り換えたからなんです。私はSNSへの通信がデータ量のほとんどを占めていたので、データフリーの恩恵をたくさん受けることができ、今では3GBの契約でも毎月データが余ってしまっています。毎月7,000円ほどしていたスマホ代も2,000円以下になりいいこと尽くしなわけです。

「データ量のほとんどをSNSへの通信に使っている!」という方にはLINEモバイルは非常にオススメですよ。

また、Instagramも対象なので、インスタ女子やストーリーをよく使う人には絶対オススメです。

写真や動画の閲覧・アップロードはたくさんデータ使いますからね。気になる方は公式サイトで料金をチェックしましょう!

LINEモバイル公式サイト

LINEモバイルでスマホをセット契約するなら、HUAWEI nova lite 3かHUAWEI P20がオススメ!

スマホ本体も購入予定!という方は、HUAWEI nova lite 3かHUAWEI P20がオススメです。

HUAWEI nova lite 3はコスパの高さが売りの「nova liteシリーズ」の最新モデルです。

LINEモバイル高校生おすすめ

カメラはイン/アウトともにAI機能に対応しており、シャッターを押すだけで誰でも簡単にキレイな写真が撮影可能です。アウトカメラは暗所にも強く、他の低価格なスマホではまともに撮れない夜景も比較的美しく撮れます。

自撮りや風景写真をSNSに頻繁にアップするという高校生にピッタリですね。

2万円台でAIに対応したり、夜景が撮れるスマホはほとんどないよ。
すーちゃん

スペックも比較的高く、いつでもサクサク快適に使えます。価格を抑えつつ、スペックやカメラもある程度重視する方に非常におすすめです。

実際にHUAWEI nova lite 3で撮影した写真を一部ご紹介します。どれも私が適当にシャッターを押しただけのものです(笑)

スターバックスでの1枚。色味が優しい感じに自動調節されて、それとなく雰囲気のある写真に。

LINEモバイルHUAWEI nova lite 3

ランチのお蕎麦。上からとってもレンズの歪みはあまり感じない。

UQモバイルHUAWEI nova lite 3写真2

AI設定なしの1品。

UQモバイルHUAWEI nova lite 3写真8

全く同じ構図で、AI設定をオンにすると自動で「食事モード」に。色味がより強調されている。

UQモバイルHUAWEI nova lite 3写真7

ただし、食事モードは↑写真のようにお皿がわかりやすい感じでないと、起動しませんでした(笑)少しおしゃれな黒いお皿だと認識されず、通常モードでした。

暗めの室内も特に問題なし。

UQモバイルHUAWEI nova lite 3写真5

AI設定ありの青空。実際の色よりもかなり強調されている。

UQモバイルHUAWEI nova lite 3写真4

AI設定なしの青空。実際の色に近い。

UQモバイルHUAWEI nova lite 3写真3個人的にはAI設定の写真はどれも多少誇張されている感じがありましたが、それでも2万円台のスマホだと言うことを思えば、非常にクオリティの高い写真が撮れると思います。

これならSNS好きの高校生でも問題ないと思いますよ。

一方、より高いスペックやカメラを求めるならHUAWEI P20もおすすめです。

LINEモバイル高校生おすすめ

高性能なCPUと4GBの大容量メモリにより、負荷の大きい3Dゲームも快適にプレイできます。

カメラの性能も非常に高く、背面のダブルレンズカメラは一眼レフのような美しい写真を撮影可能です。インカメラも2400万画素と画素数が高く、自撮りをよく撮る人にも向いていますね。

すーちゃん
さっき紹介したHUAWEI nova lite 3はインカメは1600万画素だから、インカメはHUAWEI P20の方が優秀だね。

しかし、価格は約70,000円とやや高いです。

とはいえ、スペック・カメラともにLINEモバイルで取り扱っているスマホの中ではダントツで優れています。

スペックにもカメラにも妥協したくない方にはおすすめですね。

それぞれLINEモバイルでセット購入すると、毎月かかる本体代金は

  • HUAWEI nova lite 3:1,220円(24回払い)
  • HUAWEI P20:3,010円(24回払い)

となります。セット購入ならこの2台が確実にオススメでしょう。

LINEモバイル公式サイトでもそれぞれの機種の詳細が確認できますので、ぜひ覗いてみてくださいね。

まま子さん
なるほど。スペック重視か価格重視かで決められそうね。
そうだね。まぁ個人的にはHUAWEI nova lite 3でも十分だと思うけどね!
すーちゃん
LINEモバイル公式サイト

BIGLOBEモバイルはYouTubeやApple Musicの通信量がカウントされない

 

続いてはBIGLOBEモバイルですね。

BIGLOBEモバイルは月額480円でエンタメフリーオプションを用意しています。

このエンタメオプションに加入すると

エンタメフリー対象

YouTube、Google Play Music、Apple Music、AbemaTV Spotify、AWA、radiko.jp、Amazon Music、U-NEXT、YouTube Kids

の10個のサービスへの通信量が契約しているデータ量に含まれません。

特にYouTubeなどの動画配信サービスの利用はデータを多く消費しますから、月額480円でこれらのサービスへ通信し放題になるのは非常にコスパが高いです。変な話、YouTubeで10GB使う人が、実際は1GBの契約というのもOKなんですね。

BIGLOBEモバイルも月額基本料金が非常に安く、900円から契約することができます。つまり、エンタメフリーオプションを追加しても、月額2,000円程度でOKです。

「スマホで動画をよく見たり、音楽をストリーミングする!」という方にはBIGLOBEモバイルは非常にオススメです。

BIGLOBEモバイル公式サイト

BIGLOBEモバイルでスマホをセット契約するなら、Zenfone 5かHUAWEI P20 liteがオススメ!

BIGLOBEモバイルでスマホ本体も購入予定!という方はZenfone 5かHUAWEI P20 liteが確実にオススメです。

Zenfone 5は何と言っても「AI(人工知能)を内蔵したカメラ」と「大容量メモリ」が魅力的なスマホです。

BIGLOBEモバイル高校生

アウトカメラは2つレンズのついたデュアルカメラで、背景をボカした本格的な写真が撮影できます。さらに、AIが被写体を自動で判別して撮影モードを選んでくれるので、誰でも簡単に高品質な写真を撮影することが可能です。

ZenFone 5

また、高性能CPUと6GBの大容量メモリにより、負荷の大きい3Dゲームも快適にプレイすることができます。

ちなみに、AIはバッテリーの保護やパフォーマンスの管理もしてくれるよ!
すーちゃん

ZenFone 5は以前まで2,200円×24回払いでしたが、2019年1月より値下げされて1,980円×24回になりました。

従来よりも手ごろな価格で購入できるようになったので、ますますおすすめですね。

まま子さん
あら、ほんとだ。値下げは嬉しいわね。

一方、コスパを重視する方にはHUAWEI P20 liteがおすすめです。

BIGLOBEモバイル高校生

2万円台の低価格モデルですが、高性能なCPUと4GBメモリでサクサク快適に動作します。

本体は縦長でスリムながら、約5.8インチの大型ディスプレイを搭載しており、ゲームや動画視聴も楽しめます。背面には2つのレンズで構成されるダブルレンズカメラを搭載しており、高品質な写真が撮影可能です。

上位モデルには敵いませんが、同価格帯の他社製品を圧倒するクオリティの写真が撮れます。

実際にHUAWEI P20 liteで撮影した写真を一部ご紹介します。

自宅の愛犬。雰囲気抜群。

BIGLOBEモバイルHUAWEI P20 lite

風景も問題なし。

BIGLOBEモバイルHUAWEI P20 lite

色味も鮮やか。

BIGLOBEモバイルHUAWEI P20 lite

背景のボケ感もいい感じ。

BIGLOBEモバイルHUAWEI P20 lite

電池持ちも良く、急速充電に対応しているので充電も速いです。

負荷の大きいゲームをしないなら、P20 liteで困ることはほとんどないよ。
すーちゃん

Zenfone 5かHUAWEI P20 liteをBIGLOBEモバイルでセット契約する場合、スマホ代に毎月かかる料金は

  • Zenfone 5:1,980円(24回分割)
  • HUAWEI P20 lite:1,240円(24回分割)

となります。

それから今ならお得なキャンペーンもやってるよ!
すーちゃん

BIGLOBEモバイル現在、基本料割引キャンペーンやエンタメフリー無料キャンペーンを行っています。詳細は公式サイトでぜひご確認くださいね!

BIGLOBEモバイル公式サイト

UQモバイルは低速モード活用でLINE、文字ベースのウェブサイトなら通信量がカウントされない!限定キャッシュバックもあり!

 

最後はUQモバイルです。

UQモバイルにはLINEモバイルやBIGLOBEモバイルのような、特定のサービスへアクセスし放題サービスは用意されていません。

しかし、UQモバイルには低速モードがあります。

低速モードを利用すると、契約しているデータ通信量は消費されず、実質データ使い放題になるんですね。そして、UQモバイルのすごいのはこの低速時の速度が、300Kbpsと他の格安SIMと比較すると速い点です。

普通は128Kbpsくらいだから、その倍の速度ってことだね!
すーちゃん

300Kbpsあれば、LINEなどのメッセージアプリの利用や、文字ベースのウェブサイト閲覧程度ならストレスなく行えます。

「特定のサービス利用ではなく、ネットサーフィンでデータが無くなってしまう」という方はUQモバイルの低速モードを活用するのがオススメです。

また、UQモバイルはiPhoneの取り扱いもありますし、セットで用意しているスマホも多いので、スマホも購入予定の高校生には嬉しいですね!

なお、当サイトでは、UQモバイルさんのご好意により、限定キャッシュバックをご紹介しています。

SIMカードのみの契約でも、スマホセットでの契約でも対象ですし、支払い方法や契約期間等の縛りもありません。それでいて、金額も8,000〜10,000円と高額ですので、とても魅力的です。

申し込みはUQモバイルキャッシュバック専用ページから限定となりますので、ぜひご活用くださいね!

UQモバイル公式サイトキャッシュバックで申し込み!

UQモバイルでスマホをセット契約するなら、iPhone6sかHUAWEI nova lite 3がオススメ!

UQモバイルでスマホ本体も購入予定!という方はiPhone6sかHUAWEI nova lite 3が確実にオススメです。

高校生の場合、「スマホはiPhoneじゃないと嫌だ!」という方も多いと思います。

格安SIMではiPhoneの取り扱いがない所も多いですが、UQモバイルではiPhone 7とiPhone 6sの2機種を取り扱っています。

まま子さん
それなら新しいiPhone 7のほうが良いんじゃない?
もちろんiPhone 7も悪くないけど、iPhone 6sのほうが安くておすすめだよ。
すーちゃん

スペック的にはiPhone 7の方が高いですし、防水やApple Payにも対応して使い勝手がいいです。しかし、iPhone 7は取り扱いがスタートしたばかりなのでまだまだ料金が高いです。

旧モデルであるPhone 6sは値下げされ、実質10,000円ほどで購入できます。

性能的にもiPhone 6sはまだまだ現役なので、とにかく安くiPhoneを使いたいなら6sがおすすめですよ。

まま子さん
確かに、それだけ安く買えるなら6sもいいわね。

iPhone6s

一方、iPhoneにこだわりがない場合は、HUAWEI nova lite 3をオススメします。

UQモバイルHUAWEI nova lite 3

HUAWEI nova lite 3はしずく型の小さなノッチを搭載し、6.21インチという大型ディスプレイを実現したコスパの高い機種です。

CPU性能も比較的高く、よほど重くなければ3Dゲームもプレイできます。カメラもこの価格帯のスマホとしてはかなり性能が高く、暗所でも明るい写真が撮影可能です。

しかも!UQモバイルならnova lite 3を格安で購入することが可能です。

というのも、おしゃべりプラン/ぴったりプランとスマホをセットで購入すると「マンスリー割」という割引が適用されます。

nova lite 3の場合、マンスリー割が適用されると実質負担額は540円という破格の値段になります。

マンスリー割によって毎月の機種代はタダ。初回の頭金540円のみ発生。

UQモバイルHUAWEI nova lite 3

まま子さん
最新モデルが540円!かなり安いわね...!
これだけ安く購入できるのはUQモバイルだけだよ!
すーちゃん

UQモバイル公式サイトキャッシュバックで申し込み!

大手携帯会社で大容量プランを契約するとバカ高い。それなら通信制限がない格安SIMを利用する方がお得!

ここまで、通信制限がない携帯会社を3つほどご紹介してきましたが、いずれにしても結論として言えるのは

結論

大手携帯会社で大容量プランを契約するとバカ高い。それなら通信制限がない格安SIMを利用する方がお得!

ということです。

最近は大手携帯会社でも30GBだの50GBという大容量プランを提供しています。

確かに、そこまで大容量であれば通信制限を心配することもないのでしょうが、これらの大容量プランは非常に高額です。

それに、大容量とは言っても上限はあるわけです。それよりかは上限が全く設けられていない方が精神的には嬉しいですよね。

ですから、通信制限を避けたいのであれば、ぜひ格安SIMを検討してみてください。

格安SIMの方が100%お得ですし、上限なしで好きなだけデータが使える時の開放感は半端ないと思いますよ。

まま子さん
そうよね。心の持ちようが違うものね。

まとめ:格安SIMを活用して毎月のスマホ代も安く+通信制限ともおさらば!スマホ利用頻度が高い高校生には絶対オススメ!

通信制限がない高校生に最適な格安スマホ-01

いかかでしたか。今回は通信制限がない携帯会社をご紹介しました。

もう一度振り返ると

  • SNSが使い放題:LINEモバイル
  • YouTubeが見放題:BIGLOBEモバイル
  • 低速モード活用でネットサーフィンも使い放題:UQモバイル

となります。

ご自身がどういったサービスを多く利用するかを考えた上で、一番適切な携帯会社を選べば間違いないでしょう。

また、スマホセットを検討中の方は、今回ご紹介した機種が一押しの機種を検討してみてくださいね。セット契約をうまく利用すれば、初期費用も抑えられますし、元々の基本料が安い格安SIMであれば、上位モデルの良い機種にも手が出しやすいですね。

これで、一人でも多くの高校生が通信制限から解放され、スマホが快適に使えるようになりますように。

LINEモバイル公式サイトBIGLOBEモバイル公式サイトUQモバイル公式サイト

この記事が役に立ったら
いいね ! してね!(o^^o)

-スマホデビュー

Copyright© 格安sim × LINEモバイル , 2019 All Rights Reserved.