大切なお知らせ

LINEモバイルは2020年2月19日よりプランが一新されています。当サイトも急ピッチで情報更新を行なっていますが、一部旧プランでのご紹介が含まれる記事がありますので、最新情報は公式サイトを合わせてご確認ください。なお新プランの詳細はこちらをご参照ください。

基本料2ヶ月無料+5,000ポイント!
最新キャンペーン情報はこちら

スマホデビュー

中学生・高校生必見!iPhoneを100%一番安く持つ方法を徹底的に調べてみた。

高校生がiPhoneを一番安く持つ方法-01

まま子さん
ねーすーちゃん。娘がやっぱりiPhoneじゃないと嫌って言うんだけど…どこが一番安いのかしら。
iPhoneを一番安く持つ方法ね。OK、一緒にみてみよっか!
すーちゃん

「スマホはiPhoneじゃないと絶対無理」「iPhone以外はスマホじゃない」

と訴える高校生のお子さんをお持ちのお父さん・お母さん。

確かに、日本はiPhone利用者が多いですし、iPhoneを欲しがる気持ちも分からなくはないですが、やっぱりiPhoneは高いですよね。

そんな高級なスマホを高校生にに買い与えられない!とお考えの親御さんも多いかと思います。

私はかつて大手携帯会社に勤務しており、その際に高校生のスマホデビューを何度もサポートしてきたのですが、iPhoneを欲しがるお子さんに対して頭を抱える親御さんはたくさんいらっしゃいました。でも、子供はどうしてもiPhoneがいいと言う…。こんな状況を打破する方法は1つです。

ずばり、一番安くiPhoneを持つ方法を考えること。

ということで、今回はiPhoneを確実に一番安くもつ方法をご紹介します。

この方法でいくらでiPhoneが持てるかを確認した上で、お子さんにiPhoneを持たせるか、持たせないかを判断してみてください。実は、この方法を知っているだけで、十万円ほどの差がでるんです。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

\乗り換え方法をチェック/

前提:中高生用のiPhoneは最新である必要はない!旧機種ならグッと価格は下がる!

iPhone6s

まず、大前提になりますが、中高生にiPhoneを買い与える場合、最新のモデルである必要はありません

実際、中高生側としても「最新であることに越したことはないが、Androidになってしまうくらいなら、少し前のiPhoneで良い」と感じている場合がほとんどです。

料金の面で考えても、1世代、2世代前のiPhoneの方が価格はグッと下がります

例えばApple公式サイトを確認しても

機種 価格
iPhone 11 Pro 106,800円~
iPhone 11 74,800円~
iPhoneXs 112,800円〜
iPhoneXR 64,800円〜
iPhoneX 112,800円〜
iPhone8 52,800円〜
iPhone7 50,800円〜
iPhone6s 50,800円〜
iPhone SE 39,800円〜

※(2020年2月補足)7以前のモデルとXs、Xは販売終了済みです。

となっています。

最新のiPhone 11と8の間には22,000円の差額がありますし、11ProとSEになると67,000円もの差が出てしまうのです。

まま子さん
あら、かなり違うのね。

確かに最新のものが一番スペックが高いですし魅力的かとは思いますが、Appleは1年に1回新しいモデルを発売しています。つまり今は最新でも、1年経たずうちに旧モデルになってしまうんです。

それを考慮するといきなり最新モデルを購入する必要はありませんし、iPhoneであれば旧モデルでも十分すぎるほどのスペックですから「古いから使えないのではないか」と心配する必要は一切ありません。

最初の一台が一番購入モデルである必要はないよね。
すーちゃん

大手携帯会社でiPhoneを使うとべらぼうに高いのでNG

中高生iPhone

また、iPhoneを大手携帯会社で契約するとべらぼうに高いです。

最近は「iPhoneが半額で持てる!」等の宣伝文句が主流ですが、そこにはいくつかの落とし穴があります。

例えば

  • 本体代金が48回分割となり、24回払った時点で機種変更する場合、その本体は携帯会社に返却する必要がある
  • 次の機種でも同じプログラムに加入する必要があるため、ずっと同じ携帯会社を使い続けることになる

といった具合です。一見、大手携帯会社では安くiPhoneが持てそうに見えるのですが、そういったことはありません。長期目線で見ると、一度大手携帯会社でiPhoneを契約してしまうとかなり損になるんです。

まま子さん
うーん、なるほど。なんだか難しいわ…

ドコモの場合はiPhone 7で2年間総額約15万円程度!

とはいえ、具体的な数字がないとイメージが沸かないかと思うので、ここでドコモでiPhoneを契約した場合の料金のシミュレーションしてみようと思います。

冒頭でご紹介したように最新のiPhoneである必要はないので、ここではドコモで販売されている中で一番古いiPhone7でシミュレーションしてみます。

iPhone 7(32GB)契約時の支払額
内訳 月額料金(税抜)
iPhone 7(32GB) 一括39,600円=2年分割時1,650円×24回
ギガライト(~3GB) 3,980円
合計 5,630円

3GBの契約で毎月5,630円(税抜)、税込みで6,193円になりますね。

2年の総額で計算すると合計148,632円となります。

まま子さん
なるほど、だいたい15万円ってとこね。子どものスマホ代で15万円は辛いわ…。

高校生がiPhoneを一番安く持ちたいなら格安SIMがオススメ!本体代金の割引があるところもあり!

先ほどのシミュレーションでお分りいただけたかと思いますが、大手携帯会社でiPhoneを持とうとすると非常に高額になります。もちろん、これはドコモに限らずau、ソフトバンクでも同様です。

安価という触れ込みのギガライトでも毎月3GB使うだけで15万ですからね(笑)もちろん、auやソフトバンク以上だとそれ以上の金額になります。

そこで、私がご提案したいのが格安SIMでiPhoneを持つ方法です。

格安SIMというと、格安スマホ、つまりAndroidのイメージが強い方も多いかと思いますが、実は格安SIMでもiPhoneを持つことは可能なんです。

セット割引として本体代金の割引を行なっているところもありますから、そういった会社を利用すると非常に手軽にiPhoneを持つことができます。

格安SIMでiPhoneを持つだけで料金が半額以下になるんだよ!
すーちゃん

ということでここからは、iPhoneが手頃に持てるオススメ格安SIMをご紹介していきたいと思います。

まず、結論から見せると以下の通りになります。

iPhone6sの場合

格安SIM事業者名 毎月 2年間総額 キャンペーン(2020年2月一例)
LINEモバイル:3GB+データフリー 2,827円 67,848円 基本料2ヶ月間無料~、LINEポイントまたはLINE Pay残高最大5,000円分還元
Y!mobile:10分かけ放題+3~4GB 3,018~3,788円 86,292円 本体割引、5のつく日・ゾロ目の日に最大8,555円相当のPayPayボーナスライト

iPhone7の場合

格安SIM事業者名 毎月 2年間総額 キャンペーン(2020年2月一例)
LINEモバイル:3GB+データフリー 3,564円 85,536円 基本料2ヶ月間無料~、LINEポイントまたはLINE Pay残高最大5,000円分還元
Y!mobile :10分かけ放題+4GB 3,438~4,208円 96,372円 本体割引、5のつく日・ゾロ目の日に最大8,555円相当のPayPayボーナスライト
UQモバイル:3GB 3,234円 77,616円 本体割引

最安値はLINEモバイルのiPhone6sですね。詳細は後述していますが、LINEモバイルはそもそもの基本料が安いため、iPhoneをセット購入したとしても最も安くなります。(売り切れ次第取り扱い終了となるのでご注意ください)。

ただし、無料通話のことも考えるとYモバイルもお得です。特に通話頻度が高い方には、10分かけ放題が料金にコミコミになっているのは嬉しいですよね。

まま子さん
すごい…。ドコモ比べると8万円も違うのに…。

先に結論

それではここからは各格安SIMの詳細をみていきましょう!

中高生必見!LINEが使い放題で、iPhone 6s・7のセット購入も可能!LINEモバイル

 

まずはLINEモバイルです。

LINEモバイルでは2020年5月現在、iPhone6sの取り扱いをしています。これが2020年5月現時点での格安SIMでセット購入できるiPhone最安値です(基本料コミコミで考えた場合)。

LINEモバイルの料金は以下の通り、月額2,570円(税抜)=税込み2,827円です(iPhone6s 32GBの場合)。プランは毎月3GBで無料通話は付いていません(別途月額880円で10分かけ放題を追加可能です)。

LINEモバイルiPhone料金

2年間の総額は67,848円となります。ドコモとの差は、8万円以上になります(笑)

また、LINEモバイルはこの価格で、LINEが使い放題になるデータフリーが付いてきます。

ポイントはデータフリーが無料で付いてくるという点。

後ほどご紹介するBIGLOBEモバイルにもデータフリーがありますが、こちらは有料オプションとなります。一方、LINEモバイルは基本料にLINEに関してはデータフリーがコミコミとなっているので、非常にお得感がありますね。

さらにオプション契約で、TwitterやFacebookのみなら+280円、InstagramとLINE MUSICも含めるなら+480円でデータフリーにすることが可能です。

データフリー対象のSNSや音楽サービスであればいくら使ってもデータ消費することはありませんから、それぞれ活用している中学生には嬉しいでしょう。

ということで、個人的には中学生にはプラン内容を考慮しても、LINEモバイルが一番オススメです。

まま子さん
確かに。LINEがデータフリーならデータが使えなくなって連絡取れないってことにもならないしね。
うん、それに最近はビデオ通話もデータフリーになるんだよ!
すーちゃん

こちらもプランの詳細等はぜひLINEモバイル公式サイトでチェックしてみてくださいね!

3GB以外にも500MB、6GB、12GBが選べるから、利用データ量に合わせたプランが選べるよ。
すーちゃん

なお、LINEモバイルは2020年2月現在iPhone 7も取り扱っていて、月額3,564円、2年間総額85,536円になります。

ポイント

  • iPhone6sは毎月2,827円から、2年総額でも767,848円

今月のキャンペーン!

今月の「ロックの日まで最大6,900円相当プレゼントキャンペーン」キャンペーンコードは以下の通りです(6月9日まで)!

今月はWEB限定キャンペーンとなっています!店頭での申し込みや追加申し込み経由の申し込みでは適用にならず、LINEモバイル公式サイトからの申し込みで、以下のコードを入力すると適用となりますので、ぜひご活用ください!

LN069:LINEポイントコース

①SIMカード単体契約:6,900円(SNS音楽データフリー・SNSデータフリーに加入)、3,000円分(LINEデータフリー)

②スマホセット契約:1,000円

PB069:LINE Pay残高コース

①SIMカード単体契約:6,900円(SNS音楽データフリー・SNSデータフリーに加入)、3,000円分(LINEデータフリー)

②スマホセット契約:1,000円

詳細は最新キャンペーン情報ページにて!

LINEモバイル公式サイト乗り換え方法をチェック!

中高生必見!Yモバイルなら6sが安い!7の取り扱いもあり!

 

続いてご紹介するのはYモバイルですね。

YモバイルはiPhone 6sを購入すると毎月の料金は、コミコミで3,018円(半年間)~3,788円になります(10分以内かけ放題+最大4GB)。

YモバイルiPhone料金

2年総額だと86,292円となります。2年総額で約9万円であれば年間4.5万円ですので、許容範囲という方も多いのではないでしょうか?

まま子さん
確かに。本体代コミでこの値段ならいいかも。

また、Yモバイルオンラインストア(Yahoo!がYモバイルと提携して運営しているオンラインストア)で申し込みをすると、ポイントが最大8,555円もらえるキャンペーンも行なっています。

なお、YモバイルにはYモバイル公式オンラインストアもありますが、そちらではTポイントはもらえません。あくまでYモバイルオンラインストアからの申し込み限定ですのでご注意くださいね。

Yahoo!モバイルオンラインストアで契約しても、本家Yモバイルの契約だから大丈夫だよ!
すーちゃん

さらにさらに、YモバイルはiPhone7も取り扱っており、そちらも毎月3,438円程度から契約可能です。6sと比べると割高ですが、新しい機種が欲しい方はそちらを検討してみると良いかもしれません。

iPhone7も、Yモバイルオンラインストアからの申し込みでPayPayボーナスライトをもらうことが可能です。

iPhone7も本体コミコミでも毎月3,438円から!

YモバイルiPhone料金

ポイント

  • iPhone6sは毎月3,018円から、2年総額でも86,292円
  • iPhone7は毎月3,438円ほどから
  • Yモバイルオンラインストアからの申し込みでPayPayボーナスライト最大8,555円がもらえる!

Y!mobile公式サイトYahoo!モバイルオンラインストア

中高生必見!今だけ!UQモバイルはiPhone6sが本体代コミで毎月3,828円から!

 

3つめはUQモバイルですね。

UQモバイルは現在iPhone 7を大幅値下げ中で、本体代金コミコミで3,234円から契約することが可能です。

UQモバイルiPhone料金

まま子さん
なるほど…。

6sも一応まだ取り扱いがありますが、ネット上のオンラインストアでは在庫がなくなっていたので、6sが欲しい場合は在庫がある家電量販店などを探す必要があることにご注意ください。

UQモバイルはYモバイルと同様速度が速く快適に使える格安SIMなので、iPhone 7で動画を見たり、ゲームをしたりする機会が多い場合におすすめの選択肢です。

ポイント

  • iPhone7は毎月3,234円から、2年総額でも77,616円から

UQモバイル公式サイトキャッシュバックで申し込み!

まとめ:中高生がiPhoneを一番安く持ちたいなら格安SIM一択!

高校生がiPhoneを一番安く持つ方法-01

いかかでしたか。今回はiPhoneを一番安く持つ方法をご紹介しました。

今回ご紹介した格安SIM、LINEモバイル、Yモバイル、UQモバイル、BIGLOBEモバイルでiPhoneを契約した場合の2年間の総額は以下の通りです。

iPhone6sの場合

格安SIM事業者名 毎月 2年間総額 キャンペーン
LINEモバイル:3GB+データフリー 2,827円 67,848円 基本料2ヶ月間無料~、LINEポイントまたはLINE Pay残高最大5,000円分還元
Y!mobile:10分かけ放題+3~4GB 3,018~3,788円 86,292円 本体割引、5のつく日・ゾロ目の日に最大8,555円相当のPayPayボーナスライト

iPhone7の場合

格安SIM事業者名 毎月 2年間総額 キャンペーン
LINEモバイル:3GB+データフリー 3,564円 85,536円 基本料2ヶ月間無料~、LINEポイントまたはLINE Pay残高最大5,000円分還元
Y!mobile :10分かけ放題+4GB 3,438~4,208円 96,372円 本体割引、5のつく日・ゾロ目の日に最大8,555円相当のPayPayボーナスライト
UQモバイル:3GB 3,234円 77,616円 本体割引

こうして見ると、全体の最安値はLINEモバイルの6sとなりますね。サービス内容的にもLINEモバイルが中高生には向いているかもしれません。ただ、サービスの質と価格のバランスを取るならYモバイルの方がオススメです。

また、機種別に見ると

  • iPhone 6sはLINEモバイルが最安値
  • iPhone7はUQモバイルが最安値

となります。

いずれにしてもiPhoneを一番安く持つためには格安SIMの一択となりそうです。

ドコモの料金からも分かるように、同じようなプラン内容でも大手携帯会社では2年間で15万円ほどはします。そうなると、格安SIMと8~10万円近くの差が出てしまいます。

10万円あったら、普通に旅行できちゃいますよね。スマホ代は賢く安く抑え、他のところにお金が回せた方が明らかにスマートです。

初めてのスマホ、どうしてもiPhoneじゃないと嫌!という中学生・高校生のお子さんをお持ちの方は、ぜひ格安SIMを検討してみてください。

UQモバイル公式サイトY!mobile公式サイトBIGLOBEモバイル公式サイトLINEモバイル公式サイト

この記事が役に立ったら
いいね ! してね!(o^^o)

  • この記事を書いた人

南玲

日々格安スマホの情報を研究、発信しています。少し前まで大手携帯会社に勤めていました。専門的な情報も、初心者さんに分かりやすく解説するのがモットーです。質問もコメントにて随時受け付けています。好きな食べ物はアイスと唐揚げ( ´∀`)詳細プロフィールはこちら

-スマホデビュー

Copyright© 格安sim × LINEモバイル , 2020 All Rights Reserved.