【お知らせ】2019年5月1日よりLINEモバイルの初月無料、ポイント、最低利用期間に関するルールが変わります。詳細はこちらの記事にて!

重要なお知らせ

LINEモバイルは4月22日よりau回線の提供を開始しました。当サイトでも急ピッチで順次情報を更新しておりますが、現時点では全ての記事の情報更新が終わっていません。au回線の最新情報はこちら(当サイトの記事)とLINEモバイル公式サイトをご参照ください。

基本料1,390円割引+LINEポイント3千円!
最新キャンペーン情報はこちら

LINEモバイルとは

LINEモバイルドコモ・ソフトバンク・au回線徹底比較。適切な回線の見分け方!

更新日:

LINEモバイルソフトバンクドコモau回線比較-01

まま子さん
ねーすーちゃん。LINEモバイルってどの回線で契約したらいいのかしら…?3つもあると迷っちゃうわよ。
OK!それじゃあそれぞれを比較してみよっか。そしたらどれが一番まま子さんにあってるかわかるよ!
すーちゃん

LINEモバイルを検討中の方。

「ドコモ回線、ソフトバンク回線、au回線どの回線で契約した方がいいのかな…」

と頭を悩ませていませんか?

乗り換えるからには、自分にあった適切な方を選びたいですし、間違った方を選んで後で後悔したくないですよね?

ということで、当記事ではLINEモバイルのドコモ回線とソフトバンク回線、au回線を徹底的に比較し、どの回線があなたにとって一番おすすめかご紹介します。

この記事さえ読めば

  • あなたにとって一番良い回線の見分け方
  • お得な契約方法に手順
  • ドコモ回線とソフトバンク回線、au回線の違い
  • 契約後の必殺裏技

の4つが初心者の方でもしっかり分かる構成になっています。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

\乗り換え方法をチェック/

ドコモ回線、ソフトバンク回線、au回線は基本料や基本的なサービスは同じ!

まず、前提としてドコモ回線、ソフトバンク回線、au回線の9割り方は同じです。

  • プラン
  • 基本料
  • データフリー対象サービズ
  • 初期費用
  • オプション(一部例外あり)

といったものが全て共通していますのでご安心ください。

どの回線もプランは同じ!

LINEフリープラン:LINEがデータフリー
音声通話SIM 1GB データSIM(SMS付き)1GB データSIM 1GB
1,200円 620円 500円
コミュニケーションフリープラン:LINE、Facebook、Twitter、Instagramがデータフリー
音声通話SIM データSIM(SMS付き)
3GB:
1,690円
5GB:
2,220円
7GB:
2,880円
10GB:
3,220円
3GB:
1,110円
5GB:
1,640円
7GB:
2,300円
10GB:
2,640円
MUSIC +プラン:LINE、Facebook、Twitter、Instagram、LINE MUSICがデータフリー
音声通話SIM データSIM(SMS付き)
3GB:
2,390円
5GB:
2,720円
7GB:
3,280円
10GB:
3,520円
3GB:
1,810円
5GB:
2,140円
7GB:
2,700円
10GB:
2,940円
その他の料金・オプション
通話料:30秒/20円、10分電話かけ放題:880円、端末保証:450円、
持込端末保証:500円、LINE MUSICオプション:750円(2ヶ月間は無料)、WiFiオプション:200円、
ウイルスバスターオプション:420円、フィルタリングオプション:無料

ただし、auはデータSIMの提供はありません

データSIM(SMS付き)の提供はあるよ!
すーちゃん
まま子さん
なるほど。でも基本的ところはほとんど同じなのね。
LINEモバイル公式サイト

異なるのは、通話系オプションのみ

ドコモ回線、ソフトバンク回線、au回線で異なるのは一部通話系オプションにのみになります。

※表は横にスクロールします。

ソフトバンク回線 ドコモ回線 au回線
留守番電話 無料
(保存30件
保存期間72時間)
留守番電話プラス 月額300円
(保存100件
保存期間1週間)
月額300円
(保存20件
保存期間72時間)
月額300円
(保存99件
保存期間1週間)
グループ通話 月額100円
(最大6人)
月額200円
(最大3人)
迷惑電話ストップ 月額100円
(最大20件)
無料
(最大30件)
月額100円
(最大30件)
転送電話 無料 無料 無料
国際電話 無料 無料 無料
国際ローミング 無料
データ追加購入 月10回まで
(0.5GB/1GB)
月3回まで
(0.5BG/1GB/3GB)
月10回まで
(0.5GB/1GB)

簡潔にいうと、ソフトバンク回線が一番通話系オプションが充実しています。留守番電話が無料で使える点を考慮しても、通話をする機会が多い方はソフトバンク回線が最も使いやすいかもしれません。

一方、ドコモ回線、au回線に関してはほとんど同じと言えそうです。

月額880円の10分かけ放題はどの回線も同じだよ!
すーちゃん

あなたにぴったりな回線の見分け方:まずはエリアを考えよう!

ではでは、早速「あなたにぴったりな回線の見分け方」を確認していきましょう!

まずは「エリア」を考えましょう。

まま子さん
エリア…?

ドコモ回線・ソフトバンク回線・au回線では利用可能エリアが異なります。

ドコモ回線 ソフトバンク回線 au回線
エリア ドコモエリア ソフトバンクエリア auの4G LTEエリア
通信可能周波帯(3G) Band1/6/19 Band1/8
通信可能周波帯(4G) Band1/3/19
/21/28/42
Band1/3/8
/11/28/42
Band1/3/11
/18/26/28
/41/42
まま子さん
うん…?つまりどういうこと?
ドコモ回線だとドコモのエリア、ソフトバンク回線だとソフトバンクのエリア、auだとau 4G LTEのエリアで通信ができるってことだよ!
すーちゃん

都会にお住いの方は時に気にしなくても問題ないことがほとんどですが、郊外にお住いの方、田舎にお住いの方は、地域によって入りにくい電波と入りやすい電波があることがあります。

まま子さん
あっ確かに。うちの親の家はソフトバンクの入りがイマイチだったわ。

そうなんです。

ですから、普段スマホをお使いのエリアで問題なく入る電波の回線を選ぶ必要があります。お家の付近はソフトバンクの電波が入りづらいのに、ソフトバンク回線で契約してしまうと、常に電波が立ちにくいといった状況が発生してしまいます。

まま子さん
うーん、なるほど。って言っても…家の周りはどの電波が入りやすいとか入りにくいとか分からないかも。

まま子さんのように「入りやすい、入りにくい電波なんて分からない」という場合は、どの電波も問題なく入る地域の場合が多いです。「気にならない」ということは問題ないことがほとんどですので、ご安心ください。

それでも不安な場合は、現在お使いの携帯会社と同じ回線(auならau回線)で契約すると良いと思います。すでに問題なく使えているのであれば、安心ですよね。

それか、周りの人に聞いてみるのもいいと思うよ!
すーちゃん

では、ここからはそれぞれの回線の特徴を確認していきます!

  1. エリアを考える
  2. 特定の電波が入りやすい場合は、その回線を選ぶ(入りにくい電波がある場合は、その回線は避ける)
  3. 問題ない回線の中で、それぞれの回線の特徴をチェックする

といったステップで回線を選べば後悔することはありません。

ドコモ回線の特徴:ドコモのスマホがそのまま使える・国際ローミングオプションが使える

まずはドコモ回線です。

ドコモ回線には

  1. ドコモのスマホがそのまま使える
  2. 国際ローミングオプションが使える

という2つの特徴があります。

ドコモ回線あれば、ドコモのほとんどのスマホはSIMロック解除なしでそのまま利用することが可能です。

お手持ちのスマホがドコモで購入したもので「SIMロック解除をするのは不安」「できるだけ乗り換えの手間を少なくしたい」という方はドコモ回線を選ぶと良いです。

また、ドコモ回線はLINEモバイルの中で唯一「国際ローミングオプション」が使える回線です。

まま子さん
国際ローミングオプション?
うん!海外に行った時に海外通信会社の携帯電話回線を使って、電話とSMSの送受信ができるようにするオプションだよ!
すーちゃん

海外にほとんど行かれない方は関係ないかもしれませんが、お仕事で海外に行く機会が多い方、海外旅行がお好きな方は国際ローミングが使えると何かと便利です。

国際ローミングができると、海外でも電話が受け取れるし、SMSが受信できるから2段階認証とかも使えるよ!
すーちゃん

ソフトバンク回線の特徴:ソフトバンクのスマホが使える・速度が一番安定・留守番電話が無料・iPhoneがセット契約できる

2つ目はソフトバンク回線です。

ソフトバンク回線には

  1. ソフトバンクのスマホがそのまま使える
  2. 速度がLINEモバイルの中で最も安定している
  3. 留守番電話が無料で使える
  4. iPhoneがセット購入できる

という特徴があります。

まま子さん
あら、結構たくさん。
うん。ソフトバンク回線は、LINEモバイルが一番力を入れている回線だからね。
すーちゃん

まず、速度に関してですが、LINEモバイルの中ではソフトバンク回線が一番安定しています。

というのも、LINEモバイルはソフトバンクの子会社なんです。ですから公式でも「ソフトバンク回線が最も速度が安定している」と発表されていますし、実際に私も3回線使っていてソフトバンク回線が一番「サクサク使える時間」が多いです。

特に、回線が混雑するお昼の12時や夕方の6時は、ドコモ回線とau回線は速度低下が顕著に感じられることが多いのですが、ソフトバンク回線は「少し速度落ちたかな」くらいで収まることがほとんどです(もちろん時期によって波はあります)。

ですから、速度を重視する方はソフトバンク回線での契約がオススメです。

また、ソフトバンク回線では留守番電話サービスを無料で利用することができます。ドコモ回線とau回線の場合は月額300円かかりますので、留守番電話を利用する方はソフトバンク回線だとお得度が高いと言えるでしょう。

そしてそして…

ソフトバンク回線ではiPhoneもセット契約することが可能です。

ドコモ回線・au回線ではiPhoneの契約はできませんので、LINEモバイルの契約と同時にiPhoneを購入したい方はソフトバンク回線を選ぶ必要がありますね。

まま子さん
なるほど。確かに一番力が入ってるわね。

au回線の特徴:auのスマホが使える

最後はau回線です。

au回線には

  • auのスマホがそのまま使える

という特徴があります。

au回線は、ドコモ回線・ソフトバンク回線と比較するとこれといって特徴はありません。

ただ、auのスマホのほとんどがSIMロック解除なしで利用可能です(一部例外もあります)。

また、速度に関しては回線提供開始から半年ほどは爆速が予想されます。これは利用者数が一定数になると落ち着きますが「爆速の恩恵を受けたい」という方はまだ利用者数が少ないうちに契約してみるのもいいかもしれません。

利用者数が増えたら、ドコモ回線の速度と同じくらいに落ち着くと思うよ。
すーちゃん

また、au回線の一部機能は現在準備中です。

準備中の機能

  • LINEの年齢認証
  • データプレゼント
  • 回線切り替え
  • 日毎のデータ利用量確認
  • 機種変更

2019年上半期中に対応が完了することが発表されてはいますが、現段階では↑の機能は利用できないことを念頭に置いておきましょう。

手持ちのスマホを使う場合は、SIMロック解除のことも念頭に置いておこう!

なお、先ほどから何度か触れていますが、手持ちのスマホをLINEモバイルでそのまま利用する場合は「SIMロック解除」が必要な場合があります。

例えば、ドコモのスマホをau回線で使う場合や、auのスマホをソフトバンク回線で使う場合など、スマホの購入元と契約予定の回線提供元が異なる場合は必ずSIMロック解除が必要です。

また、購入元と同じ回線を利用する場合であっても、機種によってはSIMロック解除が必要な場合があります。

まま子さん
えっそうなの?
うん。例えばauのiPhone6s、SE、7はau回線契約でもSIMロック解除が必要なんだ。
すーちゃん
まま子さん
あら…。

このように、手持ちのスマホの機種によって状況が異なりますので、契約前に必ずLINEモバイル公式サイトの「動作確認済み端末」を確認しましょう。

LINEモバイル動作確認済み端末

回線が決まったら、いよいよ申し込み!LINEモバイルの申し込み方法

乗り換えの手順

契約する回線が決まったら、いよいよ申し込みですね!

LINEモバイルへの乗り換えは

  1. MNP予約番号の取得
  2. LINEモバイルの申し込み
  3. 開通設定
  4. APN設定

の4ステップで完了します。

流れはどの回線であっても変わらず、所要時間は合計30分ほどで、とてもシンプルです。

ステップ①MNP予約番号の取得

まずは元々の携帯会社に電話します。

MNP予約番号は転出元の携帯会社より取得します。

MNP予約番号取得

  • docomo 受付時間:午前9時~午後8時(年中無休)
  • (docomoの携帯から)151
  • 4を押してオペレータと話す
  • au 受付時間:午前9時~午後8時(年中無休)
  • (一般電話から)0120-800-000
  • (auの携帯・一般電話)0077-75470
  • 1を押してオペレータと話す
  • SoftBank 受付時間:午前9時~午後8時(年中無休)
  • (SoftBankの携帯から)*5533
  • (一般電話から)0800-100-5533
  • 1を押してオペレータと話す

なお、MNP予約番号の有効期限は15日ですが、LINEモバイルでは残りの期間が10日以上ないと申し込みをすることができません

乗り換えはMNP予約番号取得後、5日以内に行いましょう。

番号が取れたら、そのままLINEモバイルの申し込みに進むと安全だよ!
すーちゃん

ステップ②LINEモバイルの申し込み

LINEモバイル申し込みトップ画面

MNP予約番号が取得できたら、次はLINEモバイルの申し込みへと進みましょう。

LINEモバイルはLINEモバイル公式サイトより10分程度で申し込み可能です。

申し込みの最初の方で回線の選択画面が出て来ます。ここでお好きな回線を選択するだけでOKです。

LINEモバイルソフトバンク回線

そのあとは、プランやオプションの申し込みなど、画面に従って進めていけば問題ありません。

とっても簡単だから、誰でも迷わずできるよ!
すーちゃん

不安な方は画像付き解説の「【全工程画像付き】LINEモバイルの申し込み方法を1つ1つ丁寧に説明!」を参考にしてくださいね。

今月のキャンペーン!

今月の「LINEポイントキャンペーン」キャンペーンコードは以下の通りです(6月30日まで)!

今月はWEB限定キャンペーンとなっています!店頭からの申し込みでは適用にならず、LINEモバイル公式サイトからの申し込みで、以下のコードを入力すると適用となりますので、ぜひご活用くださいね!

DAS333:音声通話SIM契約でLINEポイント3,000円分、auからの乗り換えならさらに+300ポイント

詳細は最新キャンペーン情報ページにて!

LINEモバイルに早速申し込む!

ステップ③・④:初期設定

LINEモバイルはこんな感じで届きます。

LINEモバイルに乗り換えて見た

LINEモバイルの申し込みが完了したら、商品が届くのをしばし待ちましょう。

通常、LINEモバイルは申し込みから2日、3日で届きます(ただし月末月初は混雑し、1週間程度時間がかかることもあります)。

商品が手元に届いたら、初期設定に移ります。

  1. 開通設定
  2. APN設定(LINEモバイルでアンドロイドスマホセット契約をした方は不要)

開通設定を行うと、LINEモバイルが開通し、転出元の携帯会社は自動解約となります。

転出元の携帯会社は自動で解約になるから、手続きの必要はないよ。
すーちゃん
まま子さん
あら、便利。

初期設定方法は同封されている説明書にも記載がありますし、当サイトの「LINEモバイルの初期設定とは、ずばりこの2つ!スムーズにLINEモバイルデビュー!」でも解説しています。

誰でも5分程度でできる非常に簡単な設定ですので、ご安心くださいね。

初期設定ができれば、LINEモバイルへの乗り換えは終了です!

まま子さん
あら、意外にさくっとできそうね。
うん!まま子さんでも、簡単にできちゃうから安心して!
すーちゃん

LINEモバイルに早速申し込む!LINEモバイル公式サイト

必殺技!契約した後に回線変更をすることも可能!

LINEモバイル回線切り替え

ここまで読んでみて

「うーん、まだ迷っちゃう」

とお悩みの方。

そんな方に、とっておきの必殺技をご紹介します。

LINEモバイルでは、回線変更が可能です。

まま子さん
回線変更?
うん!契約する回線を切り替えることだよ!
すーちゃん

ですから、とりあえず今はあまり深く考えず契約し、何か不便なことがあった時に他の回線に切り替えることも可能なのです。切り替えは、LINEモバイルマイページより数タップで手続き完了しますから、手間もかかりません。

まま子さん
あら、それじゃあ、とりあえずソフトバンク回線にしてみて、ダメだったらドコモにするみたいな感じでもいいのね?
うん!いつでも好きな時に切り替えることもできるよ!
すーちゃん

ただし、au回線は現在回線変更に対応していません。2019年中には対応しますが、2019年4月現在は非対応ですのでご注意ください。

LINEモバイルに早速申し込む!LINEモバイル公式サイト

ただし!SIMロックには要注意!

LINEモバイルドコモSB徹底比較6

ただし!

お手持ちのスマホで回線切り替えをする方は、SIMロックにご注意ください。

まま子さん
うん?どういうこと?

例えば

  • ソフトバンク回線で、ソフトバンクスマホをSIMロック解除せずに契約
  • ドコモ回線に切り替えを決める

となった場合、ソフトバンクのSIMロックがかかったままのスマホは、ドコモ回線では使えません。逆も同様で、ドコモのSIMロックがかかったスマホはソフトバンク回線では使えません。

そのため、回線変更の可能性がある方は、どちらの回線で契約するとしても、SIMロック解除を行った方が無難です。

SIMロック解除は、LINEモバイル乗り換え前にやってね!乗り換えあとだと、手数料が絶対かかっちゃうよ。
すーちゃん
おすすめ
LINEモバイルドコモ回線からソフトバンク回線
LINEモバイルソフトバンク回線に切り替え!手順・注意点・感想総まとめ。

最近、LINEモバイルのドコモ回線からソフトバンク回線への切り替えを検討している方が非常に多いようです。私も、先日早速ドコモ回線からソフトバンク回線へ切り替えを行いました。ということで、この記事ては、手順に注意点、実際に使ってみての感想をご紹介します。

続きを見る

まとめ

LINEモバイルソフトバンクドコモau回線比較-01

いかかでしたか。今回はLINEモバイルのドコモ回線・ソフトバンク回線・au回線を徹底比較してみました。

ポイント

  • 全回線、プランや基本料は同じ
  • 異なるのは一部通話系オプション
  • まずはエリアを考え、入りにくい電波の回線は避ける
  • ドコモ回線の特徴は「ドコモのスマホがそのまま使えること」と「国際ローミングができること」の2つ
  • ソフトバンク回線の特徴は「ソフトバンクのスマホがそのまま使えること」と「速度が安定していること」「留守番電話が無料で使えること」「iPhoneがセット契約できること」の4つ
  • au回線の特徴は「auのスマホがそのまま使えること」
  • au回線はまだ準備中の機能もあり
  • 契約後回線を変更することも可能

いよいよLINEモバイルもトリプルキャリア対応格安SIMとなりましたね。

これにより、より多くの人が乗り換えやすくなったのではないでしょうか?

ご紹介してきたように、3つの回線のプランや基本料は同じですが、それぞれの回線には異なった特徴があります。その特徴を抑えて回線を決めれば後悔することはないと思いますよ。

なお、LINEモバイルへのより詳細な乗り換え方法は「失敗なしの4ステップ!LINEモバイル乗り換え方法を注意点と共に徹底解説!」で解説しています。こちらも合わせて参考にしてみてくださいね。

まま子さん
そうね。とりあえずソフトバンク回線で申し込んで見ようかしら。
そうだね!キャンペーンが終わらないうちにね!
すーちゃん

LINEモバイルに早速申し込む!LINEモバイル公式サイト

この記事が役に立ったら
いいね ! してね!(o^^o)

-LINEモバイルとは

Copyright© 格安sim × LINEモバイル , 2019 All Rights Reserved.