半年間基本料900円割引!最新キャンペーン情報はこちら

LINEモバイルと比較

LINEモバイルとイオンモバイル6項目で徹底比較!最適な方が確実に分かる!

更新日:

LINEモバイルイオンモバイル徹底比較-01

まま子さん
うーん。LINEモバイルとイオンモバイルどっちがいいのかしら。難しいわ…。

LINEモバイルとイオンモバイル。この2つで悩んでいる方。

イオンモバイルはイオンが出してる格安SIMということで知名度も高いですし、全国のイオン店頭で看板を見かけたことがある方も多いのではないでしょうか。満足度も非常に高い会社として知られていますね。

一方、2016年のサービス開始以降急速にシェアを拡大し、人気を得てきたLINEモバイル。こちらもSNS使い放題+破格なプランが非常に魅力的です。

両社とも魅力的な格安SIMです。

だからこそ「この2つなら絶対こっち!」とすんなり決めることが出来ずに、迷われている方が多いのだと思います。

ということで、この記事では、そんなお悩みを持つ方のためにLINEモバイルとイオンモバイルを徹底比較したいと思います。

1つ忠告しておくと、この決して短い記事ではありません。

しかし、これさえ読めば

  • 速度
  • 料金プラン
  • 契約期間
  • キャンペーン

など6つの項目が初心者の方でも1から10まで分かる構成になっています。

ですから、他の記事を漁る必要もありません。この記事を読み終わる頃には、「こっちに決めた!」とスッキリしていること間違いなしです。

\乗り換え方法をチェック/

結論:LINEモバイルとイオンモバイルどっちがオススメ?

まずはずばり結論から言いたいと思います。

結論

  • SNSをたくさん使うならLINEモバイル
  • 充実したサポートを望むならイオンモバイル

この2つが1つの判断基準になるでしょう。

まま子さん
なるほど。って言ってもまだ悩ましいわ。

まま子さん、そうですよね。結論を見ただけで「なるほど!それじゃあこっち!」と決断がつく方は少ないのではないかと思います。

では、ここからはLINEモバイルとイオンモバイル、それぞれの特徴を確認してみましょう。

1つ1つ順番にいきますね。

LINEモバイルの特徴・すごいところはカウントフリー

 

まずは、LINEモバイルの特徴です。一覧にすると以下の通りになります。

LINEモバイルの特徴

  • ドコモ回線とソフトバンク回線の格安SIM
  • SNSが使い放題になるカウントフリーが充実
  • 格安SIMの中では通信スピードが速い
  • クレジットカードがなくても契約ができる
  • LINEの年齢認証・ID検索ができる
  • データの繰越OK、データプレゼントでデータのシェアもOK

LINEモバイルの一番の特徴はデータフリーにあるでしょう。

データフリーとは契約しているデータ量に含めないという意味で、LINEモバイルではメッセージアプリLINEをはじめとする様々なサービスがデータフリー対象となっています。

一番人気のコミュニケーションフリープランではLINE、Twitter、Facebook、Instagramが4つのSNSがデータフリーになります。

普段からSNSをたくさん使う!という方はデータフリーの恩恵をたくさん受けることができますね。

データフリーのおかげで、いつもより少ない容量で契約できちゃうからもっと節約になるね!
すーちゃん

また、LINEモバイルはLINEのID検索ができる唯一の格安SIMでもあります。LINEをストレスフリーに使いたい方にもおすすめですね。

こんな方におすすめ

  • SNSをたくさん使う方
  • 格安SIMであってもLINEのID検索が使いたい方
LINEモバイル公式サイト

イオンモバイルの特徴・すごいところはサポート体制

 

続いてはイオンモバイルの特徴です。

イオンモバイルの特徴

  • ドコモ回線とau回線の格安SIM
  • 無料貸し出しサービスがある
  • 50GBまでの大容量プランがある
  • シェアプランがある
  • 全国のイオンで申し込みができ、サポートもうけられる
  • サポートオプションが充実している
  • 高速通信のオンオフができる

イオンモバイルの一番の特徴はやはり、サポート体制でしょう。イオンモバイルは全国のイオンにイオンモバイル専用のコーナーが設けられています。

ここでは、申し込みはもちろんのこと、契約後のサポート(プラン変更や修理等)も受けることが可能です。また、イオンモバイルでは有料(月額300円)で電話サポートに加入することができます。

「契約のことはもちろん、スマホの操作も不安」「対人でしっかりサポートしてほしい」という方にはイオンモバイルは非常にオススメだと思いますよ。

まま子さん
なるほど。スマホが初めての人には良さそうね。

こんな方におすすめ

  • 実店舗がある方が安心な方
  • 有料であってもサポート体制を整えたい方
イオンモバイル公式サイト

LINEモバイル vs イオンモバイル

では、実際にLINEモバイルとイオンモバイルと比べてみましょう。様々な角度から比較を行ってみたいと思います。

今回比較を行うのは以下6つの項目です。

では、まずは比較の結論からお見せします。

LINEモバイル イオンモバイル
速度 高速 高速
料金比較 SNS重視なら◎ 大容量プランがあり◎
キャンペーン・割引比較 ◎LINEポイントキャンペーン。半年間900円割引 ○スマホ本体割引、紹介キャンペーン
契約期間比較 △音声通話SIMは12ヶ月の最低利用期間 △ 音声プランは180日以内の転出で高額転出手数料。
スマホ本体比較 ○ 1万円〜3万円台の格安スマホ中心。分割購入可能。 ○2万円〜8万円の格安スマホ中心。分割購入可能
サポート比較 ○ 電話・メール・LINEのチャットのみ  ◎店舗・電話のみ

この中で、気になる項目だけチェックするのもあり、一通りチェックするのもありです。

じゃあ、早速見ていこう!
すーちゃん

LINEモバイル公式サイトイオンモバイル公式サイト

LINEモバイル vs  イオンモバイル:速度はLINEモバイルもイオンモバイルも似たり寄ったりでどちらも問題なし!

LINEモバイルイオンモバイル料金比較-01

「格安SIMは速度が一番気になる!」という方も非常に多いのではないでしょうか。ということで、まずは速度から比較してみましょう。

以下のグラフはドコモ系列の格安SIMの速度をまとめたものです。

こうしてみるとLINEモバイルは常に上位にいることが分かりますね。数値的にも平均的に5Mbps以上出ていますから、問題なく通信が出来ることが分かります。

まま子さん
あれ?でもイオンモバイルは入ってないわよ。

まま子さん、その通りなんです。残念なながら上記のグラフには、イオンモバイルは入っていません。

ということで、イオンモバイルの速度資料も見てみましょう。以下の資料は、12月後半のLINEモバイルとイオンモバイルの速度を比較したものです。資料はモバレコさんより抜粋させていただいております。

朝:下りの速度

LINEモバイルイオンモバイル速度朝下り

朝:上りの速度

LINEモバイルイオンモバイル速度朝上り

昼:下りの速度

LINEモバイルイオンモバイル速度昼下り

昼:上りの速度

LINEモバイルイオンモバイル速度昼上り

夕方:下りの速度

LINEモバイルイオンモバイル速度夕方下り

夕方:上りの速度

LINEモバイルイオンモバイル速度夕方上り

一覧にしてみると

朝(下り/上り) 昼(下り/上り 夕方(下り/上り)
LINEモバイル 13.09Mbps/8.29Mbps 0.82Mbps/10.36Mbps 1.43Mbps/8.61Mbps
イオンモバイル 16.63Mbps/7.68Mbps 0.52/23.43Mbps 4.51Mbps/7.61Mbps

となります。

この比較では(12月後半のもの)、LINEモバイルとイオンモバイルの速度は似たり寄ったりだということが分かりますね。

ただ、速度としては、通常5Mbps以上出ていれば問題なく通信が出来ます。ですから、お昼の下り速度を除いてLINEモバイルもイオンモバイルも快適に通信が出来そうですね。

また、格安SIMは速度に波があることが普通です。現時点では一方が優勢であっても、少し経つともう一方が優勢になる可能性も十分考えられます。

まま子さん
なるほどね。それじゃあ速度だけで決めるのはイマイチそうね。
うん。今の状況だとお昼は低速になっちゃうけど、それ以外の時間なら両方とも問題なさそうだね!
すーちゃん

なお、LINEモバイルのソフトバンク回線は、「格安スマホ最速チャレンジ」と称して、通信速度を公開測定し、その結果に応じて利用者全員に1GBをプレゼントする企画を行っています。

この企画もあり、ソフトバンク回線の速度は非常に安定しています。

LINEモバイル公式サイトイオンモバイル公式サイト

LINEモバイル vs イオンモバイル:料金編

LINEモバイルイオンモバイル料金比較-01

次に、料金編です。LINEモバイルとイオンモバイルの料金プランを比べてみましょう。

毎月のスマホ代を少しでも安くしたいから格安SIMを検討しているわけですから、やはり料金は気になりますよね。

LINEモバイルの料金プラン:500〜3,500円で1〜10GB。どのプランにもデータフリーが無料で付いてくる!

LINEフリープラン:LINEがデータフリー
音声通話SIM 1GB データSIM(SMS付き)1GB データSIM 1GB
1,200円 620円 500円
コミュニケーションフリープラン:LINE、Facebook、Twitter、Instagramがデータフリー
音声通話SIM データSIM(SMS付き)
3GB:
1,690円
5GB:
2,220円
7GB:
2,880円
10GB:
3,220円
3GB:
1,110円
5GB:
1,640円
7GB:
2,300円
10GB:
2,640円
MUSIC +プラン:LINE、Facebook、Twitter、Instagram、LINE MUSICがデータフリー
音声通話SIM データSIM(SMS付き)
3GB:
2,390円
5GB:
2,720円
7GB:
3,280円
10GB:
3,520円
3GB:
1,810円
5GB:
2,140円
7GB:
2,700円
10GB:
2,940円
その他の料金・オプション
通話料:30秒/20円、10分電話かけ放題:880円、端末保証:450円、
持込端末保証:500円、LINE MUSICオプション:750円(2ヶ月間は無料)、WiFiオプション:200円、
ウイルスバスターオプション:420円、フィルタリングオプション:無料

LINEモバイルには、データSIM・データSIM(SMS付き)・音声通話SIMの3種類のSIMカードがあります。そして、主なプランは3つ用意されています。

プランごとにそれぞれ、対象のデータフリーサービスが異なります。

データフリー対象

  • LINEフリープラン:LINE
  • コミュニケーションフリープラン:LINE・Twitter・Facebook・Instagram
  • MUSIC +プラン:LINE・Twitter・Facebook・Instagram・LINE MUSIC

先ほども軽く触れましたが、データフリーとは、契約しているデータ量に含めないという意味なので、上記のサービスは通信量を気にせず、実質使い放題になりますね。

SNSをたくさん使う方は、データフリーの恩恵をたくさん受けられるので小容量プランでも間に合うことが多いようです。

一番人気はコミュニケーションフリープランだよ!3GBで契約する人が多いかな!
すーちゃん
LINEモバイル公式サイト

イオンモバイルの料金プラン:500〜10.000円ほどで500MB〜50GB。幅広いデータプランが魅力的!

続いては、イオンモバイルの料金プランです。

イオンモバイルには「音声プラン」と「データプランプラン」「シェアプラン」の3種類が用意されています。

それぞれの料金は以下の通りです。

イオンモバイル料金表

イオンモバイルは500MBから50GBまでの幅広いデータプランを用意しています。50GBの大容量プランは格安SIMでは珍しいですから、「データがたくさん欲しい!」という方にもオススメですね。

まま子さん
シェアプランってのは何かしら?

シェアプランとは、最大5枚のSIMカードで1つのデータプランをシェアするものです。追加のSIMカードは1枚あたり200円で契約できるため、家族で乗り換えを検討している方にはもってこいのプランです。

まま子さん
なるほど、そしたら家族4人で8GBを契約したら3,580円になるってことね。
イオンモバイル公式サイト

 

+LINEモバイルとイオンモバイルを同条件で比べると?

基本料が安いのはイオンモバイル、コスパが高いのはLINEモバイル

このようにLINEモバイルとイオンモバイルのプラン体系は大きく異なります。

ですから正直、同条件で比較をすのは難しいです。ただ強いてやるとすれば、

  • LINEモバイル:音声通話SIMコミュニケーションフリープラン3GB
  • イオンモバイル:音声プラン4GB

との比較になるかなと思います。

LINEモバイル イオンモバイル
プラン  コミュニケーションフリープラン 音声プラン
月額料金 1,690円 1,580円
データ量 3GB 4GB
追加オプリション料 - -
合計 1,690円 1,580円

合計金額だけで見るとLINEモバイルが高いように感じますが、LINEモバイルは固定データ量3GBに加え、データフリー(LINE、Facebook、Twitter、Instagram)もあります。つまり、実際3GBよりも多くのデータが使え、使い方によってはイオンモバイルの4GBよりもたくさんのデータを使うことが可能です。

まま子さん
たった、110円の差でカウントフリーがついてくるなら、そっちの方がお得そうね。

なお、通話のオプションに関しては、LINEモバイル、イオンモバイル共に10分かけ放題(LINEモバイル月額880円、イオンモバイル月額850円)があります

通話オプションはどちらも似たような感じだね。
すーちゃん

まとめ:基本料だけみるとイオンモバイルの方がリーズナブルだが、SNSをたくさん使う人はLINEモバイルの方がコスパが高い!

料金表だけを見ると、全体的にイオンモバイルの方がリーズナブルかもしれませんね。ただし、LINEモバイルにはデータフリーがありますから、SNSをたくさん使う方にはLINEモバイルの方が良いかもしれません。

SNSに限らずデータをたくさん使う!という方はイオンモバイルの大容量プランが向いているでしょう。

以上のことから、LINEモバイルとイオンモバイルの料金比較でのキーは「SNSをたくさん使うか」「大容量プランが必要か」と言えそうです。

まま子さん
なるほどねぇ。なかなか複雑だわ。他の要素も見てみないと。

LINEモバイル公式サイトイオンモバイル公式サイト

LINEモバイル vs イオンモバイル:キャンペーン・割引編

LINEモバイルイオンモバイルキャンペーン-01

次はキャンペーン・割引編です。

わざわざ乗り換えるなら、少しでもお得なキャンペーンがあったり割引があったりするところの方が嬉しいですよね!

基本料はちょっぴり高くてもキャンペーンを加味すると、総合的には安くなる!なんてことは日常茶飯事ですから、この部分もしっかりチェックしましょう!

LINEモバイルのキャンペーン・割引:乗り換え応援キャンペーンンとスマホ代月300円キャンペーンが魅力的!

LINEモバイルスマホ代がスリーコイン

LINEモバイルは常に様々なキャンペーンを行なっています。特に今月はソフトバンク回線の提供開始を記念して、今までに類を見ないくらいキャンペーンが豊富です。

ただ、キャンペーン最新情報の詳細をここで説明すると長くなってしまうので、現在開催中のキャンペーンを簡潔にご紹介します。

開催中のキャンペーン

  • 乗り換え応援キャンペーン(12月3日まで)
  • SNS使い放題 新 月300円キャンペーン(1月31日まで)
  • 友だち招待キャンペーン(終了日未定)
  • 2回線目以降登録事務手数料最大無料(終了日未定)

現在LINEモバイルは乗り換え応援キャンペーンを実施中です。これは、他社からの乗り換えの場合、他社の契約解除料金相当(1万円)をLINEモバイルが負担してくれるキャンペーンです。

加えて、スマホ代月300円キャンペーンは、3ヶ月間基本料が1,390円割引になる非常に太っ腹なキャンペーンです。

私は毎月LINEモバイルのキャンペーンをまとめていますが、今月はキャンペーンが非常にホットです。乗り換え応援キャンペーンとSNS使い放題 新 月300円キャンペーンを併用すれば、かなりお得に契約ができてしまいます。

今LINEモバイルはキャンペーンが山盛りなんだ!
すーちゃん
キャンペーンを使って申し込み!

 

イオンモバイルのキャンペーン・割引

イオンモバイル10月キャンペーン

一方、イオンモバイルは、常に行なっているキャンペーンはなく、期間限定のものが多いようです。

2018年11月現在は

開催中のキャンペーン

  • 豪華プレゼントキャンペーン(11月6日まで)
  • イオンカード会員限定キャンペーン(10月31日まで)
  • アウトレットセールキャンペーン(無くなり次第終了)
  • 紹介キャンペーン(終了日未定)

を開催しています。

アウトレットセールでは、今大人気の機種が最大13,000円割引となります(音声プランでの契約の場合)。スマホセット契約を検討している方には非常に魅力的なキャンペーンですね。

まま子さん
そうね。13,000円は結構大きいわね。

詳細はイオンモバイル公式サイトも合わせてご確認下さい。

この期間逃したらもったいないよ!
すーちゃん
イオンモバイル公式サイト

まとめ:LINEモバイルもイオンモバイルもキャンペーンは魅力的。

キャンペーン・割引に関しては現時点ではLINEモバイル、イオンモバイル共に魅力的なものを用意していると思います。

両社ともキャンペーンを使えば、かなりお得に契約できそうですね。

ただLINEモバイルも今月は攻めの姿勢でいます。基本料半年間900円割引は、そもそもの料金が安い格安SIMでは、アツすぎるキャンペーンです。

何れにしても、キャンペーンは期間限定です。このお得な時期を見逃さないようにしてくださいね!

LINEモバイル公式サイトイオンモバイル公式サイト

LINEモバイル vs イオンモバイル:契約期間編

LINEモバイルイオンモバイル契約期間-01

続いては契約期間について見てみましょう。

契約期間も携帯会社を決める上では重要な要素ですねよね。

今後より魅力的な携帯会社を発見した時に、スムーズに乗り換えられるのか、余分なお金が発生してしまう可能性はあるのか、きちんと確認しておきましょう。

LINEモバイル:音声通話SIMは最低利用期間が1年

まずは、LINEモバイルからです。先ほど軽く触れましたが、LINEモバイルには

  1. データSIM
  2. データSIM(SMS付き)
  3. 音声通話SIM

の3種類のSIMカードがあります。

その中2つデータSIMとデータSIM(SMS付き)には最低利用期間はありません。つまり、いつでも手数料なく解約することが可能です。

しかし、音声通話SIMには12ヶ月間の最低利用期間があります。この期間内に解約をすると解除料9,800円が発生してしまうので要注意です。しかし、12ヶ月を過ぎれば、いつ解約しても手数料が発生することはありません。

LINEモバイル公式サイト

イオンモバイル:180日以内のMNPには8,000円の転出手数料!

イオンモバイルは7月1日の契約以降、MNP転出手数料のルールが変更となります。詳細はMNP転出手数料改定についてをご参照ください。 

続いてイオンモバイルです。

イオンモバイルでは、どのプランであっても最低利用期間や契約解除料は設けられていません。

まま子さん
あら。それじゃあいつ解約しても大丈夫なのね?

ただし、ここには1つ注意点があります。

それは180日以内のMNP(電話番号そのままで他社に乗り換え)です。イオンモバイルでは、音声プランで契約後180日以内にMNPした場合、8,000円のMNP転出手数料が発生します。

これは、名称が異なるだけで実質LINEモバイルの契約解除料と同じものです。

でも、乗り換えじゃなくて純粋に解約する場合は、手数料はかからないんだね。
すーちゃん
イオンモバイル公式サイト

まとめ:契約期間はイオンモバイルの方が短い

契約期間に関してはイオンモバイルの方が優勢ですね。

イオンモバイルは音声プランの縛りが6ヶ月(180日)に対して、LINEモバイルでは12ヶ月になります。一方、データSIMにはどちらも最低利用期間がありませんので、データSIM契約予定の方はどちらも全く同じ状況と言えそうです。

なお、最低利用期間に関しては多くの格安SIM会社が取り入れています。

大手携帯会社の2年縛りとは異なり、更新月(解約金を払わずに解約できる期間)が設けられていないので、ある一定の期間契約を続ければ、いつでも解約をすることができます

頻繁に携帯会社を乗り換える予定のない方は、最低利用期間はさほど問題ではないでしょうし、その期間を過ぎたら好きな時に変えられる仕組みはとても気が楽ですよね。

大手携帯会社の契約のように「あっしまった!更新月先月だったー!また2年待たなきゃ」なんてことにもなりません。

どっちにしても、一定期間使えばOKだね。
すーちゃん

LINEモバイル公式サイトイオンモバイル公式サイト

LINEモバイル vs イオンモバイル:スマホ本体編

LINEモバイルイオンモバイルスマホ本体-01

次は、取り扱っているスマホ本体を比較してみたいと思います。

「LINEモバイル/イオンモバイルではスマホは購入予定はない」という方はこの部分は飛ばしていただいて大丈夫です。しかし!今使っているスマホをそのままLINEモバイル・イオンモバイルで使う場合はSIMロック解除が必要です(LINEモバイルはauスマホ、イオンモバイルはソフトバンクのスマホの場合)。

詳細は以下の関連記事で確認してくださいね。

サポート体制比較にジャンプ!

LINEモバイルで購入することができる機種は全12種類。リーズナブルな機種とHUAWEIシリーズが充実

以下の機種が2018年11月現在LINEモバイルが取り扱っている機種です。

LINEモバイル7月後半取り扱い端末 LINEモバイル7月後半取り扱い端末 LINEモバイル7月後半取り扱い端末 LINEモバイル7月後半取り扱い端末 LINEモバイル7月後半取り扱い端末 LINEモバイル7月後半取り扱い端末

表示されている価格も現時点のものになりますので、最新情報はLINEモバイル公式サイトで確認してくださいね。
LINEモバイルが2018年11月時点で扱っているのは全12機種です。

1万円以下で買える格安スマホから、6万円代の中級モデルまで、幅広く取り扱っています。

なお、LINEモバイルでスマホを購入する際は、一括払いか24回の分割支払いが選べます。

また、LINEモバイルで、契約と同時にスマホを購入すると初期設定が全て行われた状態で配送されてきます。初期設定は決して難しいわけではないのですが、「どうしても不安」という方や「面倒くさい」という方には嬉しいですね!

すぐに使える状態で送られてくるんだね!
すーちゃん
LINEモバイル公式サイト

イオンモバイルで購入することができる機種は

続いてイオンモバイルで購入することのできる機種を確認してみましょう!

2018年11月時点でイオンモバイルで購入できる機種は以下の通りです。

  • honor 9
  • arrows M04
  • HUAWEI P10 lite
  • HUAWEI P10
  • HUAWEI P10 Plus
  • HUAWEI P20
  • HUAWEI P20 lite
  • HUAWEI Mate 10 Pro
  • Alcatel PIXI4
  • HUAWEI nova lite
  • arrows M03
  • Xperia J1 Conpact
  • VAIO Phone
  • HUAWEI Mate 9
  • ASUS ZenFone3 ZE520KL
  • モトローラ Moto G4 Plus
  • AQUOS SH-M02
  • KYOCERA S301
  • HUAWEI P9
  • HUAWEI P9 lite
  • ASUS ZenFone3 Laser
  • ASUS ZenFone3 5.5 ZE552KL
  • ASUS ZenFone3 Max
  • HUAWEI nova
  • arrows M02
  • VAIO Phone A
  • AQUOS SH-N01
  • ASUS ZenFone 4 Selfie
  • ASUS ZenFone 4カスタマイズモデル
  • ASUS ZenFone 5Q
  • ASUS ZenFone 5
  • Alcatel SHINE LITE
  • AQUOS SH-M04
  • HUAWEI nova lite2
  • ZenFone 4 Max
  • AQUOS sense lite SH-M05
  • HUAWEI Mate10 pro

イオンモバイルでは現時点で非常に多くのスマホを取り扱っています。こちらも、最新情報はイオンモバイル公式サイトで確認してくださいね。

イオンモバイルは、格安SIMで1位2位を争うくらい取り扱いスマホの数が多いんだよ。
すーちゃん

2万円台のお手頃スマホから8万円近くする高級機種まで幅広い取り扱いを行なっているのが特徴で、購入方法は一括か24分割購入が選択可能です。

イオンモバイル公式サイト

まとめ:イオンモバイルの方が取り扱っているスマホは多い!

乗り換えと同時にスマホ本体の購入を検討している方は、イオンモバイルの方が品揃えも多く便利かもしれません。また、イオンモバイルの方が幅広い価格帯で機種を取り揃えています。

ただし、それぞれが異なる機種を扱っていますから、どちらに希望の機種があるかが重要になってきますね。

以上のことから、スマホ本体の比較では、「どのレベル/グレードの機種が欲しいか」「希望の機種はどちらにあるか」がキーとなるでしょう。

もし、万が一LINEモバイル・イオンモバイルに希望のスマホがない場合は、大手家電量販店やApple StoreでSIMフリー版を購入し、LINEモバイル・イオンモバイルではSIMカードのみの契約をするのも全然ありです。

その際はLINEモバイル公式サイトイオンモバイル公式サイトで、そのスマホが使えるのかどうか事前に確認してくださいね!

LINEモバイル公式サイトイオンモバイル公式サイト

LINEモバイル vs イオンモバイル:サポート編

LINEモバイルイオンモバイルサポート-01

さて、最後はサポート編です。

何かトラブルがあった時にサポート体制が整っていると非常に安心ですよね。

LINEモバイルとイオンモバイルのサポート体制には異なる点がいくつかありますので、それぞれ確認してみましょう。

LINEモバイルのサポート体制は電話・メール・LINEのチャット。チャットは24時間365日体制で便利!

まずはLINEモバイルのサポート体制から確認していきます。

LINEモバイルは実店舗を構えていません。

一部の家電量販店にはLINEモバイルコーナーがありますが、大手携帯会社のショップのように、困った時に駆けこめるような場所ではないのが現状です。

LINEモバイルのサポートは原則、電話・メール・LINEでのチャットのいずれかになります。

この中でもLINEでのチャットサポート「いつでもヘルプ」は24時間365日体制の非常に優秀な窓口です。LINE上でのやりとりとなるので、実際の画像を送ったり、オペーレータが言ったことを文字で確認することができます。

実際に私も、LINEモバイルを契約してから「いつでもヘルプ」を何度も利用してきました。ほとんどの場合すぐにオペレーターに接続されますし、画像を送ることができるのは非常に便利です。入力に関しても時間制限はないので、ゆっくり打っても全然大丈夫ですよ!

一方、「スマホで文字を打つのは苦手」という方には電話のサポートが向いているかもしれませんね。こちらは10時から19時の窓口ですが、専門のスタッフが丁寧に対応してくれます。

まま子さん
確かに。困った時にその画像が送れれば、説明が楽でいいわね。
LINEモバイル公式サイト

イオンモバイルのサポート体制は全国のイオンショッピングモールの中に設置されたイオンモバイル専用のコーナー

一方、イオンモバイルは全国のイオンにイオンモバイル専用のコーナーを設けています。

ここでは、申し込みはもちろんのこと、契約後のサポートを受けることが可能です。また、電話のサポート窓口も用意されています。こちらは10時半から19時半までの窓口で専門のオペレーターに対応してもらうことが可能です。

加えて、「スマホの操作まで見て欲しい」という方は、月額300円で電話サポートに加入すると、スマホ本体の操作まできちんとサポートを受けることができます。こういったサポートサービスの相場は月額500円ほどですので、300円は非常にリーズナブルかと思いますよ。

まま子さん
なるほど。店舗もあるし、有料サポートもあるし、サポート体制はバッチリね。
イオンモバイル公式サイト

まとめ:サポート体制はイオンモバイルの方が魅力的。LINEモバイルは場所時間を問わず気軽に問題解決が可能

サポート体制に関しては、イオンモバイルの方が魅力的かと思います。

LINEモバイルでは対人でのサポートを受けることは難しいですが、イオンモバイルではお近くのイオンに足を運ぶだけでOKです。

しかし、スマホ本体のサポートとなるとお店でも対応していない場合もあるので、有料サポートの加入を検討した方が良いでしょう。

いずれにしてもLINEモバイルにはこういったサービスはないから、サポート体制で選ぶならイオンモバイルだね。
すーちゃん

一方、LINEモバイルの「いつでもヘルプ」はどこでも気軽に利用できる上、問題解決までに要する時間が少ないのが特徴です(オペレーターにすぐ繋がるんです)。「とにかくちゃちゃっと問題解決したい」という方には便利かと思いますよ。

「いつでもヘルプ」なら電車の中でも、オフィスでも、海外でも使えちゃうよ!
すーちゃん

LINEモバイル公式サイトイオンモバイル公式サイト

LINEモバイル vs イオンモバイル全6比較まとめ!

これで全6カテゴリーの比較が終わりました。

だいぶ長くなってしまいましたし、情報量も多かったかと思いますので、一度頭を整理したいと思います。

LINEモバイル イオンモバイル
速度 高速 高速
料金比較 SNS重視なら◎ 大容量プランがあり◎
キャンペーン・割引比較 ◎LINEポイントキャンペーン。半年間基本料900円割引 ○スマホ本体割引、紹介キャンペーン
契約期間比較 △音声通話SIMは12ヶ月の最低利用期間 △ 音声プランは180日以内の転出で高額転出手数料。
スマホ本体比較 ○ 1万円〜3万円台の格安スマホ中心。分割購入可能。 ○2万円〜8万円の格安スマホ中心。分割購入可能
サポート比較 ○ 電話・メール・LINEのチャットのみ  ◎店舗・電話のみ
まま子さん
うーんなるほどねぇ。本当どっちもメリッット・デメリットがあるのねぇ。

まま子さん、その通りなのです。

ですから、最終的にはあなたが何を重要視するかで決めるしかありません。それぞれの携帯会社の特徴と、この比較結果を総合的に判断し、私は1つの判断材料として、

判断材料

  • SNSをたくさん使うならLINEモバイル
  • 充実したサポートを望むならイオンモバイル

を提案しましたが、この基準はきっと人それぞれですよね。

もちろん、どちらの会社も全て完璧ではありません。両方の特徴を確認し、さらにこの6カテゴリーの中で自分にもっとも大切だと思えるものを基準に選んでいただければ、間違いないはずです。

LINEモバイル公式サイトイオンモバイル公式サイト

まとめ:LINEモバイルもイオンモバイルもメリット・デメリットあり!最終的には何を重要視するかが大切!

LINEモバイルイオンモバイル徹底比較-01

いかがでしたか。今回はLINEモバイルとイオンモバイルを徹底比較してみました。

ここまで長い記事を最後まで読んでくださってありがとうございます!

LINEモバイルとイオンモバイルはどちらもとっても魅力的な格安SIMです。私が選ぶとしたら、

  • スマホ慣れしてるならLINEモバイル
  • スマホの操作サポートまで希望するならイオンモバイル

かなと思います。

プランの価格はあまり変わりませんから(数十円程度)、データフリーがついてくるLINEモバイルの方がコスパが高いと思います。ただ、スマホが初めての方には、対人でもサポートが受けられるイオンモバイルの方が合ってそうですね。

まま子さん
そうねぇ。となると若い子はLINEモバイルの方が合ってそうよね。SNSカウントフリーもあるし。
そうだね。逆におじいちゃん・おばあちゃんはイオンモバイルの方が安心かな。
すーちゃん

ただ、これも私の個人的な意見です。

毎日使う大切なスマホだからこそ、乗り換えに慎重になるのは当たり前ですし、むしろ自分に最適な携帯会社をきちんと探すのは素晴らしいことだと思います。

この記事が、そんなあなたの判断を少しでもフォローできていれば幸いです。

ここまで一気に読んでくださった方は、今は頭がいっぱいいっぱいかと思うので…全体がなんとなく把握出来たら、次は気になる項目のみを再度読んでみてください。すると一気にスッキリすること間違いなしです。

なお、当サイトではLINEモバイルをたくさんご紹介しています。

今回比較してみてLINEモバイルが気になる!という方はぜひ「たった4ステップ!LINEモバイル乗り換え方法をどこよりも丁寧に解説!」を参考にしてみてくださいね!
LINEモバイル公式サイトイオンモバイル公式サイト

この記事が役に立ったら
いいね ! してね!(o^^o)

-LINEモバイルと比較

Copyright© 格安sim × LINEモバイル , 2018 All Rights Reserved.