最新キャンペーン情報はこちら

LINEモバイルとは

【初心者向け】SIMカード・格安SIM・SIMロック・SIMフリーを徹底解説!

更新日:

SIMに関する用語解説

まま子さん
すーちゃんー。最近しむって言う言葉をよく聞くんだけど、何かしら?外国の方のお名前?
あーそれはね、SIMカードのことじゃないかな?
すーちゃん

最近、耳にする機会が増えた「SIM」という言葉。格安SIMに、SIMカードに、SIMフリーにSIMロック解除…SIMがつく言葉がとっても多いですよね。

「でも、そもそもSIMってなに!?」というまま子さんのような方のために、今回はSIMについてご説明したいと思います。

この記事で、SIMに関するハテナをきれいさっぱり無くしてしまいましょう。

SIMカードってなに?

では、まずは「SIMカード」からみていきましょう。

さくさく行くよー!ついてきてね!
すーちゃん

SIMカードはこんな見た目!

SIMカードは、下の写真の真ん中にある金色のチップのことです。

SIMトレイ・SIMカード・SIMピン

このチップにはあなたの携帯の電話番号や、通信の情報が書かれています。

SIMカードにデータが入っていると思われている方もたまにいますが、SIMカードに写真やアドレス帳等のデータは入っていません。単純に、あなたの電話番号のみが記録されているチップなんです。

なので、もし無くしてしまっても、再発行すればいいだけで、データを失うこともないんですよ。

まま子さん
っていうことは、私のスマホにもSIMカードが入ってるのかしら?
そうだよ。SIMカードが入っていない携帯は電話もネットもできない、ただのおもちゃになっちゃうんだ。
すーちゃん

右の金属の物体はSIMピンと呼ばれるものです。スマホのSIMカードを取り出すときは、このピンをスマホ本体の側面にある小さな穴に刺します。

左の黒い物体はSIMトレーと呼ばれ、SIMカードを入れるトレーです。これにSIMカードを置いて、スマホに挿入します。

SIMカードには3つの種類、それぞれサイズが違う!

SIMカードには以下の3種類があります。それぞれ大きさは違いますが、機能は同じです。

3種類のSIMカード

左から順に、標準SIM、microSiIM(マイクロSIM)、nanoSIM(ナノSIM)となります。

SIMカードの大きさが異なるのは、単純に携帯/スマホによってSIMトレーの大きさが異なるからです。

標準SIMは主にガラケーや昔の3G対応スマホに使われているSIMです。2018年現在はあまり使われていません。

マイクロSIMはiPhone4/4Sや、数年前のAndroid機種に主に使われてきたSIMカードです。現在は多くの格安SIM会社で使われています。

ナノSIMは、iPhone5以降で使われているサイズで、ソニーのXperiaシリーズもZ3以降はこのサイズを使っています。

最近はナノSIM対応の機種が主流になっていきていること、日本ではiPhoneユーザーが非常に多いこともあり、みんなが見慣れているSIMカードはナノSIMになります。

まま子さん
なるほどね。でも、金色の部分の大きさはどのSIMカードも変わらないのね。

その通りですね。なので、最近は金色の周りの白い部分を好きな大きさでカットできる、マルチSIMというのもあるんですよ。

格安SIM=すっごく安い携帯会社

次は格安SIMについてです。大手携帯会社と比べ、スマホの料金を半額以下することができる!と話題の格安SIM。正式にはMVNOと呼ばれています。

このサイトでご紹介している、LINEモバイルも格安SIMの1つなのですが、簡単に言うと、すっごく安い携帯会社です。

まま子さん
あら、ただの携帯会社なのね!なら、そう言ってくれればいいのに。

docomoやau、SoftBankと異なる点は、自分の回線を持っているか、持っていないかです。格安SIMは自分の回線を持っていないので、今あげた3つの大手携帯会社から回線を借りているんですね。借りた回線を、安い価格で提供している会社が格安SIMとなります。

格安SIMはどうして安いのは設備を持たず、インターネットで販売して経費を削っているから

まま子さん
でも、借りたら逆に高くなっちゃいそうだけど。
そこはね、色々な工夫をして、安くしているんだ!
すーちゃん

回線を借りると聞くと、逆に料金が高くなってしまうイメージを抱きがちですよね。しかし、格安SIMが大手携帯会社よりも安い価格でサービスを提供できるのには様々な理由があるのです。

まず前提として、通信料金には相場が定められていません。つまり、「1GBは〇〇円くらいで売らなきゃいけない」というルールがないんです。

これにより、今まで大手携帯会社は自分たちの好きな価格をつけていました。ところが、この事態に目をつけた格安SIM会社が、大手携帯会社から回線を借りて破格の値段をつけたんです。

その代わりに実店舗を構えず、主な販売経路もインターネットにしました。そうすれば、店舗の建築費や維持費、人件費も大きく削れます。それに、自らの回線を持たない格安SIMは、その回線や基地局の維持費もかからないわけです。

まま子さん
あら、すっごく頭がいいわ。

そのうち格安SIM同士の競争が起き、今では大手携帯会社のように実店舗を構えている格安SIMも多くあります。競争がサビースの向上を促したんです。

ちょっと前までは、「安かろう、悪かろう」の精神であまり人気ではなかった格安SIMも、最近はその莫大な人気から、大手携帯会社の脅威となりつつあります。格安SIMが安いのは、回線の品質が悪いからなのではなく、様々な工夫をしてそれ以外の部分の経費を削っているからなのです。

関連記事【検証】本当に大丈夫?みんなが心配しているLINEモバイルの懸念点9つ!

「安かろう、悪かろう」は大きな間違いで、「安くても、良かろう」が正しいんだね!
すーちゃん

SIMロックとSIMフリーってなに?

続いては、SIMロックにSIMフリー関してです。これらの用語は携帯本体に使う言葉です。

まま子さん
ロックとフリー…なんか関係性がありそうね。

まま子さん、勘が鋭いですね。
その通りです。この2つは関連性が強いのでまとめ説明していきますよ!

SIMロック=特定の携帯会社でしか使えないようにするロック

SIMロックといっても、SIMカードにロックがかかっているのではなく、どちらかというと携帯/スマホ本体にロックがかかっているイメージです。

例えば、docomoの携帯/スマホであれば、docomoのSIMカードしか反応しないように携帯/スマホ本体に最初からロックがかかっています。これによって、本体に高いお金を払って、ようやく自分のものにしても、docomoのSIMカードしか使えない=本当に自分のものならないという状況を生み出していました。

もっと具体的に言うと、日本に留学に来てdocomoでiPhoneを購入したアメリカ人の学生が、自分の国に帰ったら、そのiPhoneはアメリカでは使えない!ということになっていたんですね。

まま子さん
そんなのひどいわ。お金出して買ったんだから、本体は自由に使えないとダメじゃない。

日本ではdocomo、au、SoftBankの3社が自社で販売した携帯/スマホにロックをかけるという行為を普通に行い、市場を独占していました。本体にロックをかけておけば、お客さんは新しい携帯/スマホを買わない限り、他社に乗り換えることはできませんもんね。

でも、ようやくそれが問題視されて、大手携帯会社は、お客さんの希望があれば、ロックを解除できるようにしたんだ。
すーちゃん

SIMロック解除をすると、携帯/スマホ本体はどこの会社のSIMカードでも反応するようになります。

ちなみに、LINEモバイルでは、docomoの回線を利用しているので、docomoはそのまま使えますが、auとSoftBankのスマホはSIMロックを解除する必要があります。

関連記事【必見】誰でも即3,000円の節約!auのSIMロック解除の方法!
関連記事【必見】誰でも即3,000円の節約!ソフトバンクSIMロック解除の方法!

SIMフリー=SIMロックがかかっていない状態

SIMロックが理解できれば、SIMフリーは簡単です。

SIMロックがかかっていない状態をSIMフリーと呼びます。そしてロックがかかっていないスマホをSIMフリースマホ・SIMフリー版と呼びます。

まま子さん
それじゃあ、私のスマホもSIMロック解除をしたら、SIMフリースマホになるのね。
うん!その通り!それを、SIMフリー化するって言うんだ!
すーちゃん

ただし、SIMフリースマホはスマホ本体だけを指し、SIMカードが入っているスマホではないので注意してくださいね。

大手携帯会社を契約している方は新しいiPhoneを購入する際に、携帯会社で購入することが多いかと思いますが、実はiPhoneも大手携帯会社を通さず、Apple storeで買うことができるんです。

Apple storeなら、SIMフリーのものを購入することができます。Androidスマホも、SIMフリーのものが家電量販店で入手できます。

格安SIMによっては、SIMフリースマホとSIMカードのセットで販売しているところもありますから、そういったセットを利用するのもありですね。LINEモバイルでも、今人気の最新SIMフリースマホと、SIMカードをセットでお得に購入することができますよ!

まま子さん
なるほどね。自分でSIMロック解除をして、スマホをSIMフリー化することもできるし、最初からロックがかかっていないSIMフリースマホを買うこともできるのね。

4つの用語まとめ

まま子さんどう?SIMカードに、格安SIM、SIMロックとSIMフリー、全部理解できた?
すーちゃん

まま子さん
うん、できたは出来たんだけど、最初の方のはちょっぴり忘れちゃったから、いつものまとめ表出してくれないかしら。

SIM関連用語まとめ

まとめ

SIMに関する用語解説

いかがでしたか。SIMにかかわる4つの言葉、きちんと理解していただけたでしょうか?

格安SIMが大人気の今、ちょっと前まで大手携帯会社がスマホをロックしてまでお客さんの自由を奪っていたというのは信じがたいですよね。でもそんな携帯市場も、ようやく自由化の道を歩み始め、価格も、会社同士の競争によって値下がりしてきています。

あなたも大手携帯会社に縛られ続けるのではなく、自分にあった格安SIMを見つけてみてはいかがですか。

なお、当サイトでは今大人気の格安SIM、LINEモバイルの情報をたくさん発信しています。

ご興味のある方は「【まとめ】LINEモバイルが100%丸わかり!絶対事前に知りたい評判に注意点・乗り換える方法は?」が分かりやすいまとめ記事になっていますので、参考にしてみてくださいね。

LINEモバイルならなんと月額500円からスマホが持ててしまうんです!私もLINEモバイルに乗り換えたところ年間7万円近くの節約に成功しました。もちろんスマホは今まで通り使えています。毎月のスマホ代にお悩みの方は、LINEモバイルとってもオススメですよ。

ここだけの話、正直、今月のLINEモバイルのキャンペーンは非常にアツいです。今なら、初夏の選べるキャンペーンで最大4,000円分のポイントが貰えますから。先月は最大3,000円だったことも考慮すると、今月はとってもお得ですね。

毎月LINEモバイルのキャンペーン情報をまとめている私でさえ、今月は特典の金額が大きいなーという印象です。

詳細は最新キャンペーン情報でまとめていますので、ぜひチェックしてください。

この時期を逃すのは非常にもったいないです!

公式サイトでよりお得な情報をチェック!

 

この記事が役に立ったら
いいね ! してね!(o^^o)

-LINEモバイルとは

Copyright© 格安sim × LINEモバイル , 2018 All Rights Reserved.