格安SIM全般

格安SIMで大容量プランは大してお得じゃない?!事前に考えるべき3つのこと!

格安SIM大容量プラン本当にお得?

キャラクター
めぐさん
ねーワイ吉くん。外でたくさん動画を見たり音楽を聴いたりしたい場合は、格安SIMで大容量プランを契約するのが良いのかしら?
うーん、実は必ずしもそうとは言えないんだよね。WiMAXと格安SIMの小容量プランのほうが、お得なこともあるよ。
キャラクター
ワイ吉

格安SIMで大容量プランを検討中の方。

実は「格安SIMで大容量プランは大してお得ではない」可能性があることをご存知ですか?

格安SIMの中には20GBや30GBなどの大容量プランもありますが、必ずしも大容量プランの方がお得とは言い切れないんです。

キャラクター
めぐさん
そうなの…?じゃあどうすればいいのかしら?

実は、WiMAXと小容量プランを組み合わせた方が、1ヶ月単位で考えるとたくさん・しかも割安で通信できることがあります。

この記事では、

  • WiMAX+小容量プランがおすすめな人
  • 格安SIMで大容量がおすすめな人
  • 格安SIMで大容量プランを契約する前に考えたいこと
  • WiMAX+小容量プランのお得な契約方法
  • 格安SIMで大容量プランを提供している会社

の全てを丁寧に解説します。

最後まで読めばあなたはどちらを選ぶべきかハッキリ分かるはずです。ぜひ参考にしてみてくださいね。

結論:格安SIMで大容量プランを契約するなら「WiMAX+小容量プラン」の方が使い勝手が良く、安い場合がある!

結論から言うと、多くの場合よりお得になるのは「WiMAX+格安SIMの小容量プラン」の組み合わせです。

実際に、具体的な価格差を見てみれば一目瞭然なんです。

WiMAX+小容量プランVS大容量プラン
プラン高速で使える最大通信量月額料金(税抜)
UQ WiMAX(ギガ放題)+UQモバイル・スマホプランS約103GB5,360円(ギガMAX月割の500円割引適用済み)
イオンモバイル・50GBプラン50GB6,980円
(参考)ソフトバンク・メリハリプラン50GB8,480円(割引前)/3480円(最大割引後)
キャラクター
めぐさん
うわっ、ほんとにWiMAX+小容量プランの方が安いのね。
でしょ?
キャラクター
ワイ吉

格安SIMの大容量プランは、実のところ大手キャリアより割高になるケースもあるなど、あまりお得ではないこともあるんです。

今回は参考として表にソフトバンクの50GBプランも記載しましたが、実際にイオンモバイルの50GBプランは割引後のソフトバンクよりも1,000~2,000円程度高額でした。

キャラクター
めぐさん
1年目の料金で比較すると、特にそう思っちゃうね。

一方、UQモバイルのスマホプランS(3GB)+WiMAX月約100GBでは5,360円(税抜)。圧倒的安さなのに、他社より大容量です。

キャラクター
めぐさん
ソフトバンクやイオンモバイルの、50GBプランの2倍!

ですから、安くたくさんの通信をしたいなら、おすすめなのはWiMAX+UQモバイル一択となるんです。

「たくさんデータ通信をしたい」と考えた時に単純に大きなデータ量のプランを契約してしまう人がほとんどですが、実は契約を2つに分けることでよりお得にかつ便利に大容量通信が楽しめるんですね。

キャラクター
めぐさん
なるほど…。全然しらなかったわ。
とはいえWiMAXにも注意点があって、人によっては格安SIMの大容量プランがオススメになることもあるんだ。次の段落で見ていこう!
キャラクター
ワイ吉
UQmobile banner
WiMAX banner

WiMAX+小容量プランがオススメの人と、格安SIMで大容量がオススメな人

WiMAX+格安SIMの小容量プランと、格安SIMの大容量プランのどちらを選ぶべきかは、人によって異なります。

自分の使い方に合わせて、検討しよう。
キャラクター
ワイ吉

WiMAX+小容量プランがオススメの人

  • 複数の端末を持ち歩くのが苦にならない人
  • とにかく安く、大容量の通信をしたい人
  • 直近3日間の通信量が、10GBに収まる人
  • どの時間帯でも高速通信をしたい人

WiMAX+格安SIMの小容量プランでは、WiMAXルーターとスマートフォンの2台持ちをすることになります。

WiMAXは自宅でしか使わないなら1台持ちでいいけど、外でも動画とかを見るなら2台持ちになるね。
キャラクター
ワイ吉

複数の機器を持ち歩き、日々充電するのを面倒に思わないなら、WiMAX+小容量プランが良いでしょう。

また、WiMAXならお昼や夜など、格安SIMだと速度が下がることもある混雑時に動画などを快適に楽しめるのもメリットです。大容量プランを契約してもサクサク使えなかったらかなりイライラが溜まりますからね…。その点WiMAXは速度に関しても安心できます。

ただし!WiMAXでは、直近3日間に10GB以上使った場合、翌日18時~翌々日2時頃にかけて速度が概ね1Mbpsに制限されます。

だから、WiMAXを制限にかからずに使う場合は3日で約9.9GB、1ヶ月(30日)で合計約100GB高速通信ができることになるんだ。
キャラクター
ワイ吉

制限対象時間の夕方〜夜間にあまり使わないようにしたり、そもそも速度制限にかからないよう調整して使うことが、WiMAXを快適に使う条件となりますね。

キャラクター
めぐさん
PS4のゲームダやフルHD以上の高画質動画のダウンロードなんかは、気をつけて使ったほうが良さそうだね。
まぁ、制限は夜間のみで3日間の合計が10GBを切った段階で解除になるから、制限の発生を理解した上であえて大容量通信をすることもできるよ(上級者向けだけどね)。
キャラクター
ワイ吉

大容量プランがオススメの人

  • 複数の端末を持ち歩くのが面倒な人
  • 毎月の通信量が20GB~30GB程度で、大容量プランにおける月額料金がWiMAX+小容量プランより少なくなる人
  • 時間帯による通信速度の変化を気にしない人
  • 1~3日でまとめて大容量通信をする機会が多い人
  • WiMAXを使いすぎた際の、夜間の速度制限が不満な人

一方で、複数機器を持ち歩くのが手間な人や速度制限の仕様が使い方に合わない人は、大容量プランがおすすめです。

希望する格安SIMの大容量プランが、WiMAX+格安SIM小容量プランより安い場合も、大容量プランが良いでしょう。

例えば月20GBでOKなら、DMM mobileが月額4,680円(税抜)なので、WiMAX+UQモバイル3GB(5,560円~)より安く契約することが可能です(この辺りは後述しています)。

それからLINEやInstagramなど、特定のサービスばかり使うなら、データフリーという選択肢もあるよ。
キャラクター
ワイ吉

特定のサービスのみで大量のデータを消費する場合は、データフリーを活用するのもあり!

格安SIMの中には「データフリー」対応のものがあり、対象サービス以外であまり通信しない方には最適な選択肢です。

例えば、LINEモバイルのコミュニケーションフリープランは、以下の4つのサービスを制限なく使うことができます。

  • LINE
  • Instagram
  • Facebook
  • Twitter

以上4サービスで通信する機会が多く、他のサービスは契約したプランの容量内で収まる方におすすめです。

LINEモバイル・コミュニケーションフリープランの月額料金(税抜)
3GB1,690円
5GB2,220円
7GB2,880円
10GB3,220円
10分電話かけ放題オプション各プランに+880円
キャラクター
めぐさん
月額1,000円台からで使い放題と考えると、かなり安いわね。
うん。「SNSばっかり使っている!」って人は、LINEモバイルを選ぶのが良いね。
キャラクター
ワイ吉

また、BIGLOBEモバイルではデータフリー対象サービスが主に動画視聴サービスや音楽配信サービスとなっています。

こちらはLINEモバイルのデータフリーとは異なり、有料オプションとなりますが、データ消費の激しいYouTubeやAbema TVが含まれているのは嬉しいですね。

  • YouTube
  • AbemaTV
  • U-NEXT
  • YouTube Kids
  • Google Play Music
  • YouTube Music
  • Apple Music
  • Spotify
  • AWA
  • Amazon Music
  • LINE MUSIC
  • radiko.jp
  • らじる★らじる
  • Facebook Messenger

このように、特定のサービスだけでデータを消費することが多い方はデータフリーを提供している格安SIMを検討してみるのも賢いかと思いますよ。

LINEモバイル詳細LINEモバイル公式サイトBIGLOBEモバイル公式サイト

格安SIMで大容量プランを契約する前に考えたいこと

続いては格安SIMで大容量プランを契約する際に、考えたい3つのことをご紹介します。

  • 通信速度は遅い可能性がある
  • 複数の機器を使うなら、WiMAXの方が手軽
  • 手持ちのスマホと契約する格安SIMの相性は大丈夫?

大容量プラン契約前にきちんとチェックしておきましょう!

①速度は大丈夫?大容量でもサクサク使えない可能性あり

格安SIMは大手携帯会社の回線の一部のみを借りているサービスなので、混雑時には速度が下がるケースもあります。

ソフトバンクが手がけるYモバイルや、KDDIの系列会社が展開しているUQモバイルは、例外として安定しているけどね。
キャラクター
ワイ吉

せっかく安い大容量プランを格安SIMで契約しても、回線速度が遅い時間帯は快適に使えないこともある点は念頭に置いておかなければなりません。

通信速度が遅いと、具体的に「動画の読み込みが長くなる」「ゲームのダウンロードが遅い」などの不満が生じやすいです。

キャラクター
めぐさん
そっか。快適に使えないなら大容量でも意味ないかもしれないわね…。

いくら大容量プランといっても、格安SIMであることには変わりません。回線混雑時はサクサクの通信速度で利用できない可能性もあることには注意しておきましょう。

その点、WiMAXなら電波が届けばお昼なども安定していて、速度の心配はないよ。
キャラクター
ワイ吉

②スマホだけで大容量使う予定?それとも複数の端末で大容量使う予定?→複数端末ならWiMAXの方が便利

タブレットやパソコンなど、たくさんの機器を同時に使うなら、WiMAXのほうが手軽になります。

スマートフォンでも「テザリング」でたくさんの機器を接続できます。しかしテザリングは、台数制限が厳しいこともあるんです。例えば、iPhoneは5台までテザリングが可能です。

パソコン、タブレット、ゲーム機2台、自宅のテレビくらいなら5台に収まるけど、もっと機器があると厳しいね。
キャラクター
ワイ吉

一方、WiMAXルーターなら、最新の「W06」は16台も接続できますよ。

  • 家族で使う予定
  • 複数端末で使う予定

といった場合はWiMAXの方が利便性が高いですね。

また、カフェでPCを接続したり、電車内でタブレットに接続する場合もテザリングは注意が必要です。

というのも、テザリングは非常にバッテリーを消費します。大容量バッテリーのスマホならともかく、通常容量のバッテリーだとあっという間に充電がなくなってしまうんです。

私はテザリングを利用していた時は、常にモバイルバッテリーを持ち歩いていました。後々「どうせ2つ機器を持ち歩かなければならないなら、WiMAXの方が楽じゃん!」と気付き、WiMAXを契約したんです。

デザリングのバッテリー消費量を考慮すると、大容量プラン契約の理由が「外でテザリングをして他の端末を利用したい」という場合もWiMAXの方がおすすめですね。

スマートフォンをモバイルルーター代わりに使うなら、大容量バッテリーのスマホがオススメ!

大容量バッテリースマホ

出典:ASUS公式サイト(https://www.asus.com/jp/Phone/ZenFone-Max-M2/)

バッテリー問題を考慮してもスマートフォンからのテザリングで問題ない場合は、大容量バッテリーのスマホを活用するのがオススメです。

というのもテザリングでたくさんの機器を使ってインターネットを利用すると、バッテリー消費が激しいんです。私もよくテザリングを利用するのですが、利用時には必ずモバイルバッテリーに接続しています(じゃないとすぐ死んじゃうんです…)。

ですから、大容量プランを契約しテザリングを使うことで複数端末で通信をするのであれば、大容量バッテリースマホが確実におすすめです。

例えば、IIJmioで購入可能なZenFone Max Pro(M2)なら5,000mAhで、長時間テザリングをしても問題ありません

ZenFone Max Pro(M2)のスペック
販売価格(IIJmio)32,800円
OSAndroid 8.1
CPUSnapdragon 660
メモリ4GB
ストレージ容量64GB
バッテリー容量5,000mAh
カメラアウトカメラ:1,200万画素+500万画素/インカメラ:1,300万画素
画面6.3インチ、2,280×1,080
重さ175g

ZenFone Max Pro(M2)は連続待受時間が840時間(LTE)で、ネットサーフィンなら最大23時間もできます。

キャラクター
めぐさん
普通に使う分には、2~3日は充電しなくても良さそうな機種だね。

IIJmioの契約なら最大62GBの大容量通信もできる(後述しています)ので、いつでもどこでもたくさん通信したい人に最適でしょう。

IIJmio公式サイト

③周波帯は問題ない?手持ちのスマホだとエリアによっては上手く通信できないこともあり

手持ちのスマートフォンで格安SIMを使う場合は、対応する周波数帯が格安SIMと一致しているか確認しましょう。

相性が悪いと電波が繋がりづらく、使おうと思った時に圏外で使えない…という問題が起こってしまう可能性があります。

格安SIMの公式サイト内にある動作確認済み端末リストを見て、事前に問題なく使えることをチェックしておいてくださいね!

格安SIMで10GB以上の大容量プランを提供している会社

格安SIMは各社で提供しているプランが異なり、10GB以上のプランを選べる選択肢もある程度限られます。

記事の前半でも触れたけど、選べても割高だったりするケースがあるんだよね。
キャラクター
ワイ吉

主に以下にまとめた格安SIMでは、10GB以上のプランを選べます。

キャラクター
めぐさん
結構たくさんあって、どれを選べばいいのか迷っちゃうね…。
中でもオススメなのは、UQモバイル、IIJmio、DMM mobileだね。
キャラクター
ワイ吉

中でもオススメはこの3社

たくさんある大容量格安SIMですが、サービス内容や安さなどを踏まえると、以下の3社がオススメです。

  • とにかく高速で使えて安いUQモバイル
  • 20GBで最安値水準のIIJmio
  • 20GBプランでOKならマイネオ

大容量プランを使いたい方はそれぞれチェックして、使い方に合う選択肢を選んでくださいね。

おすすめ①UQモバイル(最大25GB)

UQmobile banner

 

UQモバイルのくりこしプランLなら、毎月25GBを使えます。

くりこしプランLは月額3,828円(税込)。

UQモバイルには、お昼や夜間なども含めて速度が安定している大きなメリットがあります。

せっかく契約しても使う時間帯に速度が低下していたら残念ですが、UQモバイルなら速度面での心配がありません。

ですから「WiMAXが必要なほどデータは使わないけど(25GBで収まるけど)快適に通信はしたい」という場合は、UQモバイルのプランLが最適です。

なおYモバイルでもほぼ同料金で、月25GBのシンプルプランLが展開中です。

しかしYモバイルは余った通信量を翌月に繰り越せないのが難点

一方、UQモバイルなら余った通信量を翌月に繰り越せるので、無駄のない高速通信が可能です。

UQモバイル詳細

6月10日からiPhone12販売開始!
UQモバイル公式サイト

おすすめ②IIJmio(20GB)

IIJmioy banner

 

IIJmioは通常プランが最大20GBですが料金が格安SIM最安値水準です。

IIJmioのプラン・オプション月額料金(税込)
2GB858
4GB1,078
8GB1,518
15GB1,848
20GB2,068
キャラクター
めぐさん
ほんとだ、すごく安いわ。

見てのとおり、IIJmioでは20GBでも毎月2,068円です。余った容量は翌月末まで使い続けられます。

とにかく月額料金を安くしたい方は、IIJmioを検討してみるのがおすすめです。

IIJmio詳細!IIJmio公式サイト

おすすめ③マイネオの20GB

mineo(マイネオ)

 

月々20GBが必要なら、割安な料金設定のマイネオがオススメです。

以下、mineoの料金プランです。

mineoの月額料金(税込)
1GB1,298
5GB1,518
10GB1,958
20GB2,178
mineoもIIJmioと同じくらい安いのね。
キャラクター
ワイ吉

マイネオの20GBプランはIIJmioと比べて110円ほど高いです

ただし、IIJmioにはないソフトバンク回線も選べるから、ソフトバンクから乗り換えしたい方などにはオススメだよ。
キャラクター
ワイ吉

mineoはau、ドコモ、ソフトバンクの全ての回線に対応しています

3ヶ月間1,188円割引の「マイ割」は5月31日まで!
mineo公式サイト

無制限に利用したいなら楽天モバイルがおすすめ

キャラクター
めぐさん
ところで、20GBじゃ足りない場合って、他にオススメの選択肢はないのかしら?
楽天モバイルなら無制限で利用出来るよ!
キャラクター
ワイ吉

20GB以上を無制限で契約したい場合にオススメなのは、楽天モバイルです。

楽天モバイルの月額料金(税込)
1GB未満0円
~3GB1,078円
~20GB2,178円
20GB~3,278円

20GBまでの場合はIIJmioやmineoが安いものの、それ以上、かつ無制限となると楽天モバイルが一番安いです。1GB未満の利用であれば0円というのも大きな魅力です。

楽天モバイル公式サイト

まとめ

格安SIM大容量プラン本当にお得?

いかかでしたか。

今回は、WiMAX+格安SIMの小容量プランと、格安SIMの大容量プランのどちらがオススメかについて解説しました。

ポイント

  • WiMAX+小容量プランは、100GB程度通信できて料金も5,000円台~に収まる
  • 大容量プランは、速度の変動や割高な料金プランになる可能性に注意
  • 大容量プランを選ぶなら、UQモバイル、IIJmio、マイネオがオススメ
  • 無制限で利用したい場合は楽天モバイル
  • スマートフォンのテザリングは接続台数やバッテリー消費に注意、オススメの大容量バッテリースマホはZenFone Max Pro(M2)

ご紹介してきたように、大容量+安さを両立させたい方は、WiMAX+小容量プランを選ぶのがお得です。

一方で、1つの端末で完結させたい場合は、格安SIMの大容量プランを検討してみるのがいいでしょう。

いずれにしても「たくさんデータがしたいから大容量プラン!」とあっさり決めてしまうのは勿体無さすぎます

契約を2つに分ける(WiMAXにする)ことで割安かつ便利になるケースも多いので、当記事を参考に「どちらがあなたに最も合っているか」を見極めていただければと思います!

UQmobile banner
WiMAX banner

Yモバ学割の申込期限は5月31日まで!
詳細についてはこちら!

  • この記事を書いた人

すーちゃん

日々格安スマホの情報を研究、発信しています。専門的な情報も、初心者さんに分かりやすく解説するのがモットーです。質問もコメントにて随時受け付けています。好きな食べ物はアイスと唐揚げ( ´∀`)

-格安SIM全般

Copyright© すーちゃんモバイル比較×Yモバイル , 2021 All Rights Reserved.