【キャンペーン情報】PayPayポイントが最大6,000ポイント!詳細はこちら

YモバイルでiPhone

【最新】iPhone 11スペック徹底紹介!格安SIMと大手携帯会社安いのどっち?

更新日:

iPhone11徹底レビュー

速報!ついにiPhone 11が発表されて、いよいよ9月20日に発売されるんだ。
ワイ吉
めぐさん
今年もそんな時期ねー。ところで、どんな部分が進化したのかしら。
iPhone 11シリーズは、カメラ性能が大幅に強化されたり、カラーバリエーションが増えたりしているんだ。詳しく紹介するね。
ワイ吉

2019年9月20日、いよいよ新しいiPhone「iPhone 11」シリーズが登場しますね!毎年この時期になるとウキウキが止まらないです(笑)

iPhone XRの後継機・iPhone 11はシングルレンズからダブルレンズに、XSの後継機Proはダブルからトリプルにと、カメラ性能が強化されています。もちろんCPUなどその他の部分も大幅パワーアップ、最新iPhoneの名に恥じない魅力的な機種となりました。

ということで、この記事ではiPhone 11シリーズの特徴や注意点をご紹介していきまます。

最後には大手携帯会社とSIMフリー+格安SIMのどちらで使うのがお得かを紹介しますので、検討中の方はぜひ参考にしてみてください。

\お得なYモバイルオンラインショップ/

!限定キャンペーンあり!

ついにiPhone 11が発表された!9月20日に発売!

2019年9月10日に発表された、iPhone 11シリーズ。

2019年9月20日より、いよいよ販売が開始されます。

主にカメラ性能が高くなっているので、普段iPhoneで写真を撮る機会が多い方にとってかなり嬉しいですね。

ただ、一見大きな変化がカメラ性能くらいに見えて、「あんまり変わってなくない?」と感じてしまった方もいるかもしれません。

めぐさん
正直、私もニュースでちょっと見ただけだとあんまり違いがわからなかったかも…

しかし、実は細かい部分が色々進化しているので、iPhone XSとも比較しつつ紹介していきたいと思います。

iPhone 11シリーズのスペック紹介

iPhone11徹底レビュー格安SIMと大手携帯会社料金比較
iPhone 11シリーズのスペックは、以下にまとめたとおりです。

表は横にスクロールします。

iPhone 11シリーズの主なスペック
iPhone 11 iPhone 11 Pro iPhone 11 Pro Max
価格
(Apple Store、税抜)
64GB:74,800円/
128GB:79,800円/
256GB:90,800円
64GB:106,800円/
256GB:122,800円/
512GB:144,800円
64GB:119,800円/
256GB:135,800円/
512GB:157,800円
CPU A13
ストレージ容量 64GB/128GB/256GB 64GB/256GB/512GB
画面 6,1インチ、1,792×828 5.8インチ、2,436×1,125 6.5インチ、2,688×1,242
カメラ アウトカメラ:1,200万画素×2/
インカメラ:1,200万画素
アウトカメラ:1,200万画素×3/
インカメラ:1,200万画素
重さ 194g 188g 226g
おサイフケータイ
防水 ○、IP68
(水深2メートルで最大30分間)
○、IP68
(水深4メートルで最大30分間)
カラー ブラック、グリーン、パープル
ホワイト、レッド、イエロー
ゴールド、スペースグレイ
ミッドナイトグリーン、シルバー

3種類で共通しているのはCPUで、どれを選んでもスマートフォンとしては最高クラスの性能を得ることができます。

ゲームをする人なんかは、かなり嬉しいよね!
ワイ吉
めぐさん
最安の11でもCPUが変わらないなら、安さ重視・性能が高ければOKなら11を選んでも全然OKということね。

他にもiPhone 11シリーズには生まれ変わった部分が目白押しなので、ここからはそういった部分を1つ1つ丁寧に紹介していきます。

iPhone 11シリーズの一押し機能とイマイチな点

iPhone 11シリーズの魅力として挙げられるのは、以下の4点です。

  • カメラレンズが増えて、写真や動画の撮影性能が向上した
  • CPU性能がアップしたため、動作はより快適に
  • 防水性能向上、今まで以上に水に強くなった
  • カラーバリエーションが増え、好みの色を選びやすくなった

全体的に細かい部分の変更が多いですが、カメラレンズが増えたのはかなりの重要ポイントですね。

それぞれの内容と合わせて仕様上のイマイチな部分もしっかりみていきましょう!

高い機種だからね!しっかり納得して買わなきゃだよね。
ワイ吉

iPhone11シリーズ一押しポイント①:カメラ性能大幅アップ!レンズが増えて写真&動画クオリティ上昇

iPhone 11シリーズでは、前機種から背面カメラのレンズが1つ増えています。

レンズが1つだったXRは後継機11で2つに、2つあったXSシリーズは11 Proシリーズで3つになりました。

めぐさん
なるほど…。

iPhone 11シリーズでは超広角のレンズが新たに採用されたことで、より広い写真も撮影可能となりました。

iPhone11徹底レビュー格安SIMと大手携帯会社料金比較

めぐさん
超広角レンズ?
うん。簡単に言うと、画角が広い写真が取れるレンズのことだね。
ワイ吉

例えば、横に長いお城を撮ったり、集合写真を撮ったりする際に広角レンズがあるととても便利でして、端から端までをしっかり1枚の写真に収めることが出来るようになります。

さらに!iPhone11シリーズはナイトモードに対応、夜景を明るく撮影可能です。

手動でモードをオンにするAndroidスマホの多くと違って、暗い場所では自動的にナイトモードが適用されるしくみだよ。
ワイ吉

iPhone11徹底レビュー格安SIMと大手携帯会社料金比較

ナイトモードを使用した場合としない場合の比較。

iPhone11徹底レビュー格安SIMと大手携帯会社料金比較

全機種と変わったところでは自撮り写真でスローモーションを撮影可能になっているのも、新たなポイントですね。

面白い自撮り写真とか、撮り放題だね。
ワイ吉

iPhone11徹底レビュー格安SIMと大手携帯会社料金比較

さて、ここまでは11シリーズ共通ですが、シリーズの中でも上位モデルとなる11 Proシリーズは、広角・超広角に加えて「望遠カメラ」も搭載しています。

元々XSシリーズには望遠用レンズも付いていたのですが、11 Proでは機能が踏襲されているんです。

iPhone11徹底レビュー格安SIMと大手携帯会社料金比較

めぐさん
それじゃあProだと広いだけでなく、遠くのものを大きく撮ることもできるのね。

その通りです。さらに、すごいのは静止画だけでなく…

4K動画を撮影・秒単位でスムーズに編集や映像の加工をできるようになったのもポイントです。

もちろん11 Proシリーズも、ナイトモードやスローモーション自撮り写真に対応しているよ。
ワイ吉

ということで、ここまでご紹介で十分お分かりいただけたかもしれませんが、11シリーズはとにかくカメラが進化したモデルとなっています。iPhoneでより美しい写真・動画を撮影したい方は、11シリーズを検討してみる価値ありです。

iPhone11シリーズ一押しポイント②:CPU性能大上昇!ゲームがより快適にプレイできる

iPhone11徹底レビュー格安SIMと大手携帯会社料金比較

iPhone 11シリーズでは、最新のCPU「A13」を搭載しています。

元々動作がサクサクのiPhoneですが、最新CPUとなるためさらなる快適な動作に期待できますね。

とくにゲームをする方なら、ゲームでキャラクターの動きなどがさらにぬるぬるサクサクになるので、性能の向上を感じられるでしょう。

iPhone11徹底レビュー格安SIMと大手携帯会社料金比較

基本的にはXSシリーズのA12やそれ以前のCPUでも十分高性能だけど、さらに進化しているわけだね。
ワイ吉

iPhone11シリーズ一押しポイント③:防水性能が上がった!水に落ちても安心

キャッチコピーがなんとも言い難い…(笑)

iPhone11徹底レビュー格安SIMと大手携帯会社料金比較

iPhone 11シリーズでは防水性能が向上していて、特に「iPhone 11 Pro」シリーズなら水深4メートルに30分間漬けていても大丈夫な設計となっています。

  • 外で遊んでいて、うっかり川に落した
  • お風呂で音楽を聞いていて湯船に落した
  • ポッケに入れていたらトイレに落とした

といった状況になっても壊れにくくなっているので、安心していつでもどこでもiPhoneを使えますね。

めぐさん
iPhoneは元々7から防水だったけど、微妙に性能がアップしたんだね。

iPhone11シリーズ一押しポイント④:カラーバリエーションが増えた

iPhone 11シリーズは、たくさんのカラーバリエーションで展開されています。

11ではパープルやグリーンが登場、代わりにXRにあったコーラルやブルーは姿を消しました。全体的にポップな印象のカラーラインアップとなっていますね。

一方、11 Proは従来のスペースグレイ、シルバー、ゴールドに加えて、ミッドナイトグリーンが追加されました。

iPhone11徹底レビュー格安SIMと大手携帯会社料金比較

選べる色が増えたので、より好みに合わせて選択できるようになったのが嬉しいポイントですね。

イマイチな点は「大きな変化の少なさ」と「重量増加」

さてさて、ここまでは一押しポイントをご紹介してきましたが、もちろんiPhone11にはイマイチな点もあります。

iPhone 11シリーズのイマイチな点は、大きく分けると2つです。

  • 大きな変化はカメラ程度
  • Proシリーズは、重量が増えてしまった

ここまで解説した新機能・パワーアップに魅力を感じた方なら、とりあえず買い替えて満足できる可能性は高いです。

しかし「前のモデルとあんまり変わらなくない?」と思ってしまった方は、無理に買い換えなくても良いでしょう。

とくにXやXS、XRを持っているなら、カメラ性能が気にならなければ無理に買う必要はないね。
ワイ吉

さらに、気をつけたいのは重量の増加で、11 Proと11 Pro Maxは前機種より10g以上重くなりました。

XSシリーズとの重量の違い
XSシリーズ 11シリーズ
iPhone XR/iPhone 11 194g
iPhone XS/iPhone 11 Pro 177g 188g
iPhone XS Max/iPhone 11 Pro Max 208g 226g

片手で持つとかなりずっしりくると思われるので、不安な方は購入前に家電量販店等で実物を持ってみた方がいいかもしれません。

めぐさん
XSもけっこう重かったけど、そこから11g増加はちょっと心配かも。
来年以降の軽量化に期待したいね。
ワイ吉

1つ前のiPhoneXSとは何が違うの?本当に買うべき?

iPhone 11シリーズは、細かい部分がXSやXRといった前機種から進化しました。

改めて仕様一覧表と共に、進化点をまとめます。

iPhone XSとiPhone 11 Proを比較!

iPhone XSから11 Proになって大きく変わったのは、価格とカメラレンズの数です。

iPhone XSとiPhone 11 Proを比較!
iPhone XS iPhone 11
価格(Apple Store、税抜) 64GB:112,800円/
256GB:129,800円/
512GB:152,800円(販売終了済み)
64GB:106,800円/
256GB:122,800円/
512GB:144,800円
CPU A12 A13
ストレージ容量 64GB/256GB/512GB 64GB/256GB/512GB
画面 5.8インチ、2,436×1,125
カメラ アウトカメラ:1,200万画素×2/
インカメラ:700万画素
アウトカメラ:1,200万画素×3/
インカメラ:1,200万画素
重さ 177g 188g
おサイフケータイ
防水 ○、IP68(水深2メートルで最大30分間) ○、IP68(水深4メートルで最大30分間)
カラー スペースグレイ、ゴールド、シルバー ゴールド、スペースグレイ、ミッドナイトグリーン、シルバー

価格はなんと、XSの税抜価格から6,000~7,000円安くなりました。

まぁ、10月から消費税の増税があるけどね…。
ワイ吉

カメラは背面・前面ともに強化され、さらにきれいな写真・動画を撮れたり、超広角レンズによる広い写真が撮れたりします。

代わりに重量が11g重くなってしまったので、軽さ重視なら家電量販店や中古ショップでXSを買うのもオススメです。

めぐさん
なるほど…。やっぱり目立った変化はカメラね。
そうだね。逆にそれ以外はそこまで代わり映えしなところはあるかも。
ワイ吉

iPhone XRとiPhone 11に違いはある?

iPhone XRから11になってカメラ性能が進化したり、カラーバリエーションが変更されたりしました。

iPhone XRとiPhone 11 Proを比較!
iPhone XR iPhone 11 Pro
価格(Apple Store、税抜) 64GB:64,800円/
128GB:69,800円/
256GB:101,800円(256GBモデルは販売終了済み)
64GB:74,800円/
128GB:79,800円/
256GB:90,800円
CPU A12 A13
ストレージ容量 64GB/128GB/256GB 64GB/128GB/256GB
画面 6.1インチ、1,792×828
カメラ アウトカメラ:1,200万画素/
インカメラ:700万画素
アウトカメラ:1,200万画素×2/
インカメラ:1,200万画素
重さ 194g 194g
おサイフケータイ
防水 ○、IP67(水深1メートルで最大30分間) ○、IP68(水深2メートルで最大30分間)
カラー ブラック、レッド、イエロー、コーラル、ブルー、ホワイト ブラック、レッド、イエロー、パープル、ホワイト、グリーン

11には超広角レンズが搭載され、広い写真を撮れるようになったのは嬉しいですね。

カラーもXRにない色が追加されましたが、逆にXRにしかないカラーもあるので、カラー重視の方はあえてXRを選ぶのも良いでしょう。

iPhone XRは現在も購入可能で、価格が値引きされて11より1万円安価になっているので、64~128GBモデルで性能にこだわらない方はXRを選ぶのも良いと思います。

XRは11に劣らない高性能ながら安いから、あえて11でなくXRを選ぶのも全然良いと思うよ。
ワイ吉
めぐさん
カメラなどの性能重視なら11、安さ重視ならXRってわけね。

iPhone 11シリーズを使うにはキャリアがお得?それとも格安SIM?

iPhone 11シリーズはドコモなどの大手キャリアでも販売されますが、Apple StoreでSIMフリーモデルを購入・格安SIMでも使うことも可能です。

気になるのはどちらがよりお得なのかですよね?

めぐさん
支払額は少ないに越したことがないからね。

結論から言うと、大手キャリアで使うよりもSIMフリーモデル+格安SIMのYモバイルで使ったほうが圧倒的にお得でした。

ここからは、それぞれの料金を比較してお得な購入方法を検証していきたいと思います!

ドコモ・au・ソフトバンクでiPhone 11シリーズを契約した場合のシミュレーション

ドコモ、au、ソフトバンクでは、本体代金がApple Storeと異なる設定で、さらに合わせて回線を契約する必要があります。

2019年9月時点における、iPhone 11シリーズ(64GB)の支払額と、プラン月額料金(3GB程度を想定)、そして月額支払総額をまとめました。(家族割などの、対象者が限られる割引は考慮していません)

iPhone 11(64GB)の価格比較
キャリア 本体価格+2年間の分割価格(税抜) プラン月額料金(税抜) 月額料金合計(税抜)
ドコモ(ギガライト~3GB) 79,200円、月々3,300円 3,980円 7,280円
au(新auピタットプラン~4GB) 82,400円、月々3,433円 4,480円 7,913円
ソフトバンク(ミニモンスター~5GB) 82,667円、月々3,444円 1年目6,480円、2年目~7,480円 1年目9,924円、2年目10,924円

iPhone 11は最安がドコモの79,200円(税抜)ですが、Apple Storeなら74,800円(税抜)なので、Apple Storeで購入するより4,400円(税抜)割高になります。

プラン料金もドコモが最安で、ちなみに本体・プラン共にソフトバンクが最高値でした。

iPhone 11 Pro(64GB)の価格比較
キャリア 本体価格+2年間の分割価格(税抜) プラン月額料金(税抜) 月額料金合計(税抜)
ドコモ(ギガライト~3GB) 115,200円、月々4,800円 3,980円 8,780円
au(新auピタットプラン~4GB) 115,733円、月々4,822円 4,480円 9,302円
ソフトバンク(ミニモンスター~5GB) 117,778円、月々4,907円 1年目6,480円、2年目~7,480円 1年目11,387円、2年目12,387円

iPhone 11 Proシリーズも、ドコモが最安、ソフトバンクが最高額となっていました。

iPhone 11 Pro Max(64GB)の価格比較
キャリア 本体価格+2年間の分割価格(税抜) プラン月額料金(税抜) 月額料金合計(税抜)
ドコモ(ギガライト~3GB) 126,000円、月々5,250円 3,980円 9,230円
au(新auピタットプラン~4GB) 127,600円、月々5,317円 4,480円 9,797円
ソフトバンク(ミニモンスター~5GB) 132,000円、月々5,500円 1年目6,480円、2年目~7,480円 1年目11,980円、2年目12,980円

やはり11 Pro Maxも、ドコモが最安料金で、ソフトバンクは端末代・プラン料金共に高額です。

以上のとおり、キャリアで契約するならドコモが最もお得です。

しかし、本体代金はApple Storeより高額なことにご注意ください。

格安SIMでiPhone 11シリーズを使った場合のシミュレーション

続いてはYモバイルを例に、Apple Storeで本体を購入・格安SIMでiPhone 11シリーズを使った場合の支払額(2019年10月以降の新プラン対応済み)をまとめました。

YモバイルでiPhone 11シリーズを使った場合の月額料金(税抜)
種類 本体価格+2年間の分割価格(税抜) プラン月額料金(税抜、スマホベーシックプランS) 月額料金合計(税抜)
iPhone 11
(64GB)
74,800円、月々3,117円 2,680円(6ヶ月間1,980円) 〜6ヶ月目5,097円、7ヶ月目〜5,797円
iPhone 11 Pro
(64GB)
106,800円、月々4,450円 〜6ヶ月目6,430円、7ヶ月目〜7,130円
iPhone 11 Pro Max
(64GB)
119,800円、月々4,992円 〜6ヶ月目6,972円、7ヶ月目〜7,672円

ちなみにスマホベーシックプランSは月々最大3GB、10分かけ放題付帯で、最低利用期間・解約金はありません。家族回線も含めて2回線目以降は月額500円(税抜)の割引を受けることが可能です。

見てのとおりiPhone 11シリーズと合わせて、月額料金は合計5,097~7,672円(税抜)となっていて、数字の時点でもかなり安価です。

キャリアの中でも安価だった、ドコモとの差額をみてみましょう。

YモバイルでiPhone 11シリーズを使った場合の月額料金(税抜)
種類 ドコモ月額料金(税抜、ギガライト~3GB) Yモバイル月額料金(税抜、スマホベーシックプランS) 月額料金差額(税抜)
iPhone 11(64GB) 7,280円 〜6ヶ月目5,097円、7ヶ月目〜5,797円 1,483〜2,183円
iPhone 11 Pro(64GB) 8,780円 〜6ヶ月目6,430円、7ヶ月目〜7,130円 1,650~2,350円
iPhone 11 Pro Max(64GB) 9,230円 1〜6ヶ月目6,972円、7ヶ月目〜7,672円 1,558〜2,258円

見てのとおり、ドコモで直接iPhone 11シリーズを買うよりも、SIMフリーモデルを買ってYモバイルで使ったほうが、月額1,483~2,350円割安でした。iPhone 11シリーズを少ない金額で使いたいなら、オススメは格安SIMでの運用となりますね。

Yモバイル公式サイト

格安SIMでiPhone11を使う際の注意点

格安SIMでiPhone 11シリーズを使う場合の注意点として考えられるのは、以下の3点です。

  • Apple Storeで直接機種を買う必要あり(分割購入は可能)
  • 利用開始時に、「プロファイル」のインストールが必要
  • アップデート時に不具合が起こるケースもあるので、OSアップデート時は契約先の情報更新を待つのがオススメ

ドコモなどのキャリア窓口で買うとキャリアとの回線契約が必要になるので、間違えずApple Storeで買いましょう。

Apple Storeでは、2019年10月31日まで最大24ヶ月金利0%での分割購入もできるので、一括で買えない方も安心です。

また、格安SIMでiPhoneを使う場合は、通信のために「プロファイル」というデータを本体にインストールする必要があります。プロファイルは格安SIMの公式サイト内に用意されているので、申込先での説明を読みながらインストールしましょう。

それから、格安SIMの場合、スマホをアップデートするとまれに一部機能が使えなくなるなどのトラブルが起こることもあります。

格安SIM各社では、アップデート提供後に検証が行われるので、SNS公式アカウントや公式サイトで「新OSでも使える」と説明されるまで、アップデートは待つことをおすすめします。

でも注意点はこれくらいで、あとは格安SIMでも問題なく使えるよ!
ワイ吉

まとめ

iPhone11徹底レビュー

今回は、2019年に登場したiPhone 11シリーズの特徴や、大手キャリアと格安SIMのどちらで買うのがお得かについての解説をしました。

結構ボリューミーな記事になりましたね(笑)最後までお付き合いありがとうございます!

ポイント

  • iPhone 11シリーズはカメラレンズが増えたり、防水やCPU性能が向上したりしている
  • カメラ以外は細かい部分の性能アップ・改善にとどまっているので、各仕様変更にあまり興味がない方は旧機種を選ぶのもOK
  • 11 Proシリーズの注意点は、本体重量が前機種より増加していること
  • iPhone 11シリーズは、ドコモなどの大手キャリアよりも、Apple Storeで購入+格安SIMでの利用がおすすめ
  • Apple Storeでは分割購入も可能、10月31日までは金利0%

超広角カメラで広い写真を撮れるiPhone 11シリーズ、格安SIMで支払額を抑えながら活用してみてはいかかでしょうか。

オススメは、当サイトでもご紹介したYモバイルです。Yモバイルであれば通信速度も速いので、11シリーズをより快適に利用できるかと思います。当サイトでもYモバイルの情報をたくさん発信していますので、気になる方はぜひ他の記事も覗いてみてくださいね!

Yモバイルのメリットデメリットはこちら!

Yモバイルメリットデメリット徹底紹介
Yモバイルのメリット・デメリット徹底解説!ここだけ抑えれば後悔ゼロ!

Yモバイルはソフトバンクが展開する格安SIMで、通信速度の速さやかけ放題の存在など、他社にはなかなかない優れたメリットがたくさんあります。一方で、月額料金の金額や他社で買ったスマホを使うために必要な設定など、いくつか知っておきたい注意点もあります。ということで、この記事では、Yモバイルのメリット・デメリットを元大手携帯会社の社員、現格安SIMオタクである私がそれぞれ詳しく、かつ分りやすく解説します。

続きを見る

YモバイルでiPhoneを使う方法はこちら!

YモバイルでiPhoneを使う
【失敗ゼロで簡単】YモバイルでiPhoneを使う手順全解説!お得なキャンペーンも!

通信速度の速さが人気の格安スマホ「Yモバイル」ではAndroidだけでなくiPhoneも使えます。ドコモやauのiPhoneも引き続き使えますし、契約時に新しいiPhoneをセット購入することも可能です。ただし、実はiPhoneであればなんでも良いというわけではなく、使える機種が決まっているんです。当記事ではYモバイルでiPhoneを使う方法を徹底解説します!

続きを見る

Yモバイル公式サイト

 

この記事が役に立ったら
いいね ! してね(o^^o)

-YモバイルでiPhone

Copyright© 格安SIM×Yモバイル , 2020 All Rights Reserved.