【キャンペーン情報】PayPayポイントが最大6,000ポイント!詳細はこちら

Yモバイルとは

Yモバイル家族割!条件・適用方法をご紹介。契約前から複数契約をお得することも可!

更新日:

Yモバイル家族割

めぐさん
Yモバイルって、家族で使えば安くなるって聞いたんだけど、本当?
うん!Yモバイルには家族割があって、最大9人までが月額割引を受けられるんだ。
ワイ吉

家族のスマホ台をなんとかしたい…とお悩みの方。

そうですよね…。家族全員分のスマホ台ってバカにならないですよね…。

色々な割引を駆使したって、家族全員で2万5千円ほどはしてしまうご家庭がほとんどではないでしょうか?

そんなあなたにご紹介したいのがYモバイルです!

Yモバイルには格安SIMでも珍しく家族割があり、家族で利用すれば、月額料金を1,480円(税抜、6ヶ月間)~と割安にできるんです。

家族割の金額も大きいため、まさに家族みんなで使うとお得な格安SIMなんですね。

ということで、この記事ではYモバイルの家族割について解説します。

この記事さえ読めば

  • Yモバイル家族割引の概要
  • 対象プラン
  • 家族の定義
  • 適用方法
  • 併用不可なその他割引

の全てがわかる構成となっています。

これから家族でYモバイルへの乗り換えを考えている方は、ぜひ参考にしてみてくださいね!

\お得なYモバイルオンラインショップ/

!限定キャンペーンあり!

Yモバイルの家族割は最大9回線に適用可能で毎月500円割引

Yモバイル家族割

Yモバイルでは、最大9回線までに、月額500円(税抜)の割引を適用できます。

家族割のしくみを解説するね。
ワイ吉

Yモバイルで家族割引を適用できるのは、「主回線以外の家族回線」です。

つまり、例えば親子3人・主回線をお父さんでYモバイルに乗り換えた場合は、お母さんと子供が家族割対象となります。

親子3人での家族割

お父さん:×(主回線は割引対象外)

お母さん:○

子供:○

めぐさん
なるほど、1つ目の回線は割引対象外ってことね。
その通り!
ワイ吉

一人で複数契約した回線も、2回線目以降は割引対象

なお、Yモバイルの家族割は、1人で複数の回線を契約した場合も受けられます。

例えば、スマホを仕事用とプライベート用で使い分けている場合、一人でYモバイルを2回線契約するなら、割引は次のようになります。

1人で2回線契約した場合の割引

プライベート用(主回線):×

仕事用(2回線目):○

一人で複数の電話番号・通信環境を使いたい場合も、Yモバイルならお得に利用ができるんです。

めぐさん
なるほど、んで、対象プランはどうなっているのかしら?

Yモバイル家族割対象のプラン

Yモバイルの家族割を適用させるには、主回線と2回線目以降のユーザーがそれぞれ、家族割対象プランに加入している必要があります。

主回線の家族割対象プランは、以下の4種類です。

  1. スマホベーシックプラン(S、M、R、L)
  2. スマホプラン(S、M、L)
  3. データプランL
  4. Pocket WiFiの各料金プラン

2回線目以降の回線の家族割の適用対象プランは、以下の5種類です。

  1. スマホベーシックプラン(S、M、R、L)
  2. スマホプラン(S、M、L)
  3. データプランL
  4. Pocket WiFiプラン2
  5. Pocket WiFiプラン2ライト
Pocket WiFiやタブレットの契約も、割引対象だよ。
ワイ吉

上記以外のプランの場合、家族割は対象外となってしまいますので、活用する際は、正しいプランを選んで、割引を適用してくださいね。

なお、主回線と2回線目以降の請求先は異なっていても問題あリません

Yモバイル公式サイト

Yモバイルでの家族の定義:血縁・婚姻、または同住所

Yモバイルにおける家族の定義は、「血縁・婚姻・または同住所」であることです。

つまり、同居していなくても、血縁や婚姻がある親戚も含めて家族割対象となります。

めぐさん
例えば、おじいちゃんおばあちゃんもYモバイルにすれば、お孫さんも割引を受けられるわけね。
そうだね。ただし割引にできるのは最大9回線までだから、一族で乗り換える時は上限に注意してね。
ワイ吉

また、逆に血縁関係になくても同住所にお住まいであれば家族割を適用することができます。同棲中のカップルやシェアハウス内でもOKということですね。

それじゃあ次は、家族割を適用させるのに必要手続きを見てみよう!
ワイ吉

家族割の適用方法:店頭のみでオンラインはできないので要注意!

Yモバイルの家族割は、店頭申し込みのみ可能です。

オンラインでは手続きができませんのでご注意くださいね。

めぐさん
なるほど。手続きはYモバイルショップだけね。

条件ごとの家族割を適用するために必要な書類をまとめて見ました。

家族割適用に必要な書類
条件 必要書類
同居の家族・親戚 契約者それぞれの本人確認書類(同性・同住所のどちらかが確認できればOK)
離れて暮らす家族・親族 契約者それぞれの本人確認書類+家族の証明となる戸籍謄本または住民票記載事項証明書(発行から3ヶ月以内)
同居のパートナーなど(生計を共にしている) 契約者それぞれの本人確認書類(同住所の確認ができればOK)

原則、必要書類を持って主回線の契約者と家族割を適用させたい契約者が一緒に店頭に足を運ぶ必要があります(契約者が同一人物の場合は一人でOKです)。

ただし、何らかの事情で主回線の契約者と家族割を適用させたい契約者が一緒に店頭に足を運べないケースも多々あるでしょう。そんな時の対処法をご紹介します。

主回線の契約者が店頭に行けない場合

主回線の契約者が店頭に行けない場合は、以下4つのアイテムが必要となります。

  1. 家族割を適用させたい方(店頭に出向く方)の本人確認書類
  2. 主回線の契約者の本人確認書類(同住所でない場合は家族であることが確認できる書類
  3. 家族割引サービス同意書(事前に主回線の契約者に一部記入してもらう)
  4. 委任状(事前に主回線の契約者に記入してもらう)

それぞれの方の本人確認書類以外に、同意書と委任状がありますので注意が必要です。

また、同意書と委任状には主回線の契約者の方の記入欄がそれぞれありますので、事前に必要事項を記入してもらった上で店頭に足を運びましょう。

家族割を適用させたい回線の契約者が店頭に行けない場合

家族割を適用させたい回線の契約者(副回線の契約者)が店頭に行けない場合は以下3つのアイテムが必要となります。

  1. 主回線の契約者の方(店頭に出向く方)の本人確認書類
  2. 副回線の契約者の方の本人確認書類(同住所でない場合は家族であることが確認できる書類
  3. 家族割引サービス同意書(事前に副回線の契約者に一部記入してもらう)
  4. 委任状(事前に副回線の契約者に記入してもらう)

それぞれの方の本人確認書類以外に、同意書と委任状がありますので注意が必要です。

また、同意書と委任状には副回線の契約者の方の記入欄がそれぞれありますので、事前に必要事項を記入してもらった上で店頭に足を運びましょう。

Yモバイルで家族割を適用させた場合の料金

Yモバイルのスマホベーシックプランに、家族割を適用させた場合の月額料金は、以下の通りです。

家族割を適用した、スマホプランの月額料金(税抜)
プラン名 通信量(2年間) 1~6ヶ月目(新規割+家族割) 7ヶ月目~(家族割)
スマホベーシックプランS 4GB(3年目〜3GB) 1,480円 2,180円
スマホベーシックプランM 12GB(3年目〜9GB) 2,480円 3,180円
スマホベーシックプランR 17GB(3年目〜14GB) 3,480円 4,180円

通常月額2,680円(税抜)から利用できるYモバイルですが、家族割を適用すれば、2回線目以降は1,980円(税抜)から利用できます。

さらに初めの6ヶ月間は、700円(税抜)の新規割も各回線に適用できますよ。

めぐさん
なるほど。実際に家族でYモバイルを使った場合の料金はどうなる?

Yモバイルで家族3人がスマホベーシックプランSを契約した場合を例に、支払額をまとめてみました。

家族3人でスマホプランSを契約した場合
各回線 月額料金(税抜)
お父さん(主回線) ~6ヶ月目:1,980円/7ヶ月目〜:2,680円
お母さん(2回線目) ~6ヶ月目:1,480円/7ヶ月目〜:1,980円
子供(3回線目) ~6ヶ月目:1,480円/7ヶ月目〜:1,980円
合計 ~6ヶ月目:4,940円/7ヶ月目〜:6,640円

以上の通り、家族3人が全員スマホベーシックプランSを契約するなら、初めの6ヶ月間は月々約5,000円(税抜)、7ヶ月目以降は6,640円(税抜)です。

めぐさん
十分安いね。

7ヶ月目から新規割が終了して以降も、家族割は引き続き適用となりますよ。

Yモバイル公式サイト

要注意!家族割引と併用できない割引もある!

毎月500円の高額割引が魅力的な家族割ですが、もちろん注意点もあります。

中でも気をつけたいのが、併用不可な割引サービスですね。

家族割引と併用不可!

  • おうち割光セット(A、申し込み特典も含む)
  • 光おトク割
  • Wi-Fiセット割
  • もう一台無料キャンペーン
  • イー・モバイルセット割
  • タブレット割引(スタートキャンペーン向け)

おうち割光セット(A)は、ソフトバンク光やSoftBank Airを合わせて使うと受けられる割引なので、お店で勧められたりサイトを見て気になったりして利用する方は多いでしょう。

ただ、家族割とおうち割を併用できません。

この二つが併用できてしまうと、毎月の割引額が1,500円ほどにもなってしまい、プランSが480円になってしまいますからね(笑)さすがにこの2つは併用できない仕様となっているようです。

元々の月額料金が安いから、複数の割引を適用できちゃうと、ちょっと都合が悪いと考えられるね。
ワイ吉
めぐさん
確かに。それはそうね。

すでにおうち割が適用されている場合は、金額の大きいおうち割の方が優先適用となります。

Yモバイル公式サイト

【お得情報】家族で複数契約するなら、Yahoo!モバイルのキャンペーンも活用しよう!

さらに!家族でYモバイルを使う場合は、合わせて様々なキャンペーンを利用して、導入コストを下げるのがおすすめです。

乗り換えは諸々の初期費用が発生しますからね。ここも賢くキャンペーンを活用してとことんコストを削減していきましょう!

めぐさん
管理人さんも随分攻めるわね…(笑)

Yモバイルの正規取り扱いオンラインショップ・Yahoo!モバイルオンラインストアでは、お得なキャンペーンを利用してスマホが購入できます。

めぐさん
うん?Yモバイルオンラインストアとは違うの?
そう。Yahoo!モバイルオンラインストアはYahoo!がYモバイルと連携して運営しているストアなんだ。実は限定キャンペーンとかが充実しているんだよ。
ワイ吉

なんと、5のつく日にYahoo!モバイルストアの専用窓口からスマホを契約すると、数千円のPayPayボーナスライト還元を受けられます(特典内容は時期によって異なります)!

PayPayボーナスライトはコンビニ等のPayPay加盟店で支払いに使えるしくみで、受け取ればYモバイルの乗り換えに発生する諸々の初期費用を補えますよ。

もちろん、今回ご紹介している家族割とも併用可能ですので、契約の際はぜひご活用くださいね!

乗り換え方法をチェック!Yモバイル公式サイト

まとめ:Yモバイルの家族割は2回線目以降毎月500円!金額は格安SIMの中ではかなり大きい!

Yモバイル家族割

いかかでしたか。

今回は、Yモバイルの家族割について解説しました。

まとめ

  • Yモバイルの家族割で、月額料金は500円(税抜)引きになる
  • 家族割引を受けられるのは、2回線目以降(主回線には割引がない)
  • 離れて暮らす家族や、生計を共にする人も家族割対象
  • ポケットWi-Fiやタブレットも、対象プランでの契約なら家族割にできる
  • 1人で複数回線を契約する場合も、家族割を利用できる
  • おうち割光セット(A)など、併用できない割引もある
  • 5のつく日にYahoo!モバイルのオンラインストアでスマホを契約すれば、PayPayボーナスライトがもらえる!

ご紹介してきたように、Yモバイルは家族で利用すれば、元々安価な月額料金をさらに安く抑えられてお得です。

格安SIMで毎月500円の割引はそうそうないですからね。9回線まで適用できるのも非常に魅力的です。

なお、Yモバイルへの乗り換え方法は「【100%失敗ゼロ】Yモバイルに電話番号そのままで乗り換える(MNP)方法徹底解説」で1つ1つ丁寧にご紹介しています。乗り換えの際はこちらの記事を参考にしていただければスムーズに行くはずです。ぜひ合わせて参考にしてくださいね。

これで、Yモバイルが賢く契約できて家族割もきちんと活用できるようになる方が一人でも増えますように…。

最新キャンペーン情報!

Yモバイル2020年2月最新キャンペーン
【2月最新版】100%お得!Yモバイルキャンペーン詳細に一番賢い併用方法!

当ページではキャンペーンをフル活用して、ワイモバイルをとことんお得に契約する方法を伝授します。キャンペーンは1つだけ活用するのではなく、賢く併用するのがコツです。この記事さえ読めば「あなたはどのキャンペーンをどのように併用すればいいのか」がしっかり分かる構成となっていますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

続きを見る

Yモバイル公式サイトYahoo!モバイルオンラインストア

この記事が役に立ったら
いいね ! してね(o^^o)

-Yモバイルとは

Copyright© 格安SIM×Yモバイル , 2020 All Rights Reserved.