UQモバイルのスマホ

【初心者用動画付】AQUOS sense3徹底レビュー!性能や機能をデメリットまでご紹介!

AQUOS sense3レビュー

キャラクター
まま子さん
ゆーちゃん。AQUOS sense3っていうスマホが新しく発売されたけど、どんな機種なの?
毎年発売されているシャープの格安スマホの最新機で、多機能・十分な性能が特徴だよ!
キャラクター
ゆーちゃん
キャラクター
まま子さん
なるほど…。良さそうだったら買おうかしら。

シャープが2019年11月末に発売したAQUOS sense3は、前機種「AQUOS sense2」から全体的にスペックが向上しているのが特徴です。

おサイフケータイや防水へ対応、さらにsense3ではバッテリー持ちが抜群に良くなりました。利用者の評判もよく「万人ウケする一台」と言われています。

この記事では、AQUOS sense3のスペックやメリット・デメリットについて解説します。実際に私が利用してみて感じたことも合わせてご紹介していくので(結構辛口評価になってるかもです(笑))、参考にしてくださいね!

\キャッシュバックはこちらから/

UQmobile banner

AQUOS sense3総合評価:こんな人におすすめ!

AQUOS sense3徹底レビュー

出典:SHARP公式サイト(https://jp.sharp/products/aquos-sense3-u/index.html)

AQUOS sense3は、以下の3点に当てはまる方にオススメのスマートフォンです。

  • おサイフケータイや防水機能を使って、外や家の中でスマホを徹底活用したい
  • バッテリー持ち重視、数日間充電なしでも使えるスマホを手に入れたい
  • ハイスペックが求められるゲームはあまりしない
ざっくりまとめると、基本的にゲーマー以外なら満足して使える機種だね。
キャラクター
ゆーちゃん

詳しいスペックや特徴はこれから紹介していきますが、なんと言っても各種性能がアップしたことでより万人向けになったのが嬉しいポイントですね。前機種「AQUOS sense2」のデメリットの多くが克服され、ほぼパーフェクトな仕上がりとなりました。

実際に私も使っていて「このバランスの良さであれば、ほとんどのユーザー層をカバーできそうだな」と感じました。機能性も優れていますしカメラも広角レンズが採用され、これといったデメリットがありません。

まさにゲーマー以外であればほとんどの場合満足できる機種と言えそうです。

キャラクター
まま子さん
なるほど。まずはスペックについて、詳しく教えて?

AQUOS sense3スペック詳細

AQUOS sense3のスペックは、以下の表にまとめたとおりです。

AQUOS sense3のスペック
OSAndroid 9.0
CPUSnapdragon 630
メモリ4GB
ストレージ容量64GB
画面5.5インチ、2,160×1,080
重さ167g
カメラアウトカメラ:1,200万画素+1,200万画素/インカメラ:800万画素
バッテリー容量4,000mAh
カラーライトカッパー、シルバーホワイト、ブラック

CPU以外は十分高めの性能でまとまっていて、コストパフォーマンスが高いスマートフォンです。

2018年に発売された、AQUOS sense2とスペックを比べてみよう。
キャラクター
ゆーちゃん
AQUOS sense3とAQUOS sense2のスペック比較
AQUOS sense3AQUOS sense2
OSAndroid 9.0Android 8.1(アップデートで9.0に対応)
CPUSnapdragon 630Snapdragon 450
メモリ4GB3GB
ストレージ容量64GB32GB
画面5.5インチ、2,160×1,0805.5インチ、2,160×1,080
重さ167g155g
カメラアウトカメラ:1,200万画素+1,200万画素/インカメラ:800万画素アウトカメラ:1,200万画素/インカメラ:800万画素
バッテリー容量4,000mAh2,700mAh

※スペックが勝っている部分を青字にしています。

キャラクター
まま子さん
本当だ、けっこう改善されてるのね。

唯一前機種からスペックダウンしたのは本体重量、あとは全体的に良いところを残しつつスペックがアップしています。本体重量12gアップを代償としてバッテリー容量が1,300mAh増えたため、重量アップは妥協できる範囲でしょう。

ちょっとだけ重くなったけど、電池持ちがかなり良くなったんだ。
キャラクター
ゆーちゃん

それに、実際に私が持った感覚では「ずっしり」という感じではありませんでした。確かに「軽い!」といった印象はありませんでしたが、ごくごく一般的なスマホの重さかなと感じた程度です。ですから重さに関してそこまで気にする必要はないかと思います。

CPUは性能がアップ、sense2で遊べなかったゲームもある程度は遊べるようになっています。sense2はちょっと動作がもっさりする場面もある機種でしたが、CPUとメモリの性能アップでよりサクサクになりました。

ただし、冒頭でご紹介したようにゲーマー向けのCPUではありませんので、あくまで

  • 検索
  • 音楽
  • 写真(アプリ含む)
  • 地図
  • 動画
  • 軽いゲーム(マリオカートは快適でした)

といった利用をする方向けです。

さらに、ストレージ容量が倍増したので、アプリや写真などのデータもたっぷり保存可能になっています。

キャラクター
まま子さん
microSDカードを買わなくても、十分足りそうね。

元々万人向けの良機種だったAQUOS sense2ですが、AQUOS sense3になってさらに多くの人に勧めやすい機種になった印象ですね。

キャラクター
まま子さん
なるほど。ここまでは文句なさそうだわ。
続いて、各種機能をチェックしていこう!
キャラクター
ゆーちゃん
UQモバイル公式サイト

AQUOS sense3一押し機能

性能を向上させつつ前機種の良さも残しているAQUOS sense3には、一押し機能が盛りだくさんです。

  • バッテリー容量が大きく、電池が長持ちする
  • おサイフケータイや防水に対応している
  • 広角レンズで広い写真を撮れる
  • 片手で握りやすいコンパクトサイズ
  • 操作の短縮や情報チェックができるAQUOS独自機能
  • OSアップデートに2年間対応
  • DSDV対応なので、2枚のSIMカードを1台で使える(SH-M12のみ)

それぞれ解説(私が実際に使って感じた部分も含め)するので、チェックしてみてくださいね。

AQUOS sense3のポイント①バッテリー容量が大きく、数日間充電無しで使える長持ち設計

AQUOS sense3徹底レビュー

出典:SHARP公式サイト(https://jp.sharp/products/aquos-sense3-u/index.html)

AQUOS sense3は4,000mAhの大容量バッテリーを搭載していて、HD動画の再生を最大20時間連続で行なえます。

待受だけなら最大38日間なので、あまりスマホを触らない方なら数日間充電しなくてもOKな便利仕様です。

キャラクター
まま子さん
そんなに長持ちしちゃうんだ!ガラケー時代みたい。

スマートフォンの中には、電池持ちが短くてモバイルバッテリーの携帯必須なものも色々あります…。AQUOS sense3なら本体だけでも朝から晩までバッチリ使用可能、安心して使えるのは嬉しいですよね。

ちなみに、AQUOS sense3の画面にはIGZO液晶という省電力ディスプレイが採用されていて、電池の消費を抑えつつかなりなめらか・キレイな画面表示をしてくれます。

実際に私が使っていても、電池持ちの良さはすごく実感できました。

私は結構スマホをいじる方なのですが、それでも2日は充電なしでOKだったので、四六時中スマホをいじるという方でも1日は全く問題ないかと思います。

キャラクター
まま子さん
なるほど。それならモバイルバッテリー持ち運ばなくてもOKそうね。

AQUOS sense3のポイント②おサイフケータイと防水にもしっかり対応!

AQUOS sense3徹底レビュー

出典:SHARP公式サイト(https://jp.sharp/products/aquos-sense3-u/index.html)

AQUOS sense3は、過去のAQUOS端末と同様におサイフケータイや防水に対応しています。

おサイフケータイがあると、電車やバスに乗ったり、コンビニなどで支払いができたりするので便利ですよね。

2019年10月からは色々なお店で「キャッシュレス決済」を対象とした割引を行っていますが、AQUOS sense3ならPayPayやSuicaなどでバッチリ支払いをこなせるのも魅力的です。

キャラクター
まま子さん
確かに。税金も上がっちゃったし少しでも割引があるのはいいわね。

さらにお風呂でも使える強力な防水仕様なので、水がかかっても壊れる心配はかなり少ないです。

画面に水滴が付いていても、しっかり操作できるように調整されているよ。
キャラクター
ゆーちゃん

海外メーカーのスマホだと防水やおサイフに対応していない機種も多いですが、元々国内のメーカーだったシャープは日本でのおサイフ・防水需要をしっかり押さえていますね。

ただ…ここで問題が1つ。

AQUOS sense3のスピーカーは決して良いと言えないです(むしろ悪い)。音割れがひどいというか、深みがないというか…とにかく悪いんです(笑)そのため、防水だからお風呂で音楽を聞きたいとお考えの方は、スピーカーの性能にがっかりする可能性があります。

YouTubeで動画を見る程度ならいいかもしれませんが、さすがに音楽は厳しいです。スピーカーやイヤフォンの利用をお勧めします。

動画では音の紹介もしてるから気になる人はみてみてね!
キャラクター
ゆーちゃん
UQmobile banner

AQUOS sense3のポイント③広角レンズ搭載!風景写真や集合写真も撮りやすくなった

AQUOS sense3徹底レビュー

出典:SHARP公式サイト(https://jp.sharp/products/aquos-sense3-u/index.html)

AQUOS sense3はAIカメラを搭載、広角レンズにも対応したダブルレンズ仕様です。

AQUOS sense2まではアウトカメラのレンズが1個しかありませんでしたが、AQUOS sense3ではついにダブルレンズになりました!

今や低価格スマホもダブル〜トリプルレンズ対応だから、しっかり市場の流行を押さえてきたね。
キャラクター
ゆーちゃん

広角レンズに切り替えれば、横に長い駅などの建物やたくさんの人が並んだ集合写真もバッチリ撮影できます

キャラクター
まま子さん
端っこが切れたりしづらいわけね。

AI搭載なので、自動的にその場の環境に合った設定を適用してきれいな写真を完成させてくれるのもありがたい仕様です。

写真の調整って難しいけど、AQUOS sense3ならスマホ任せで大丈夫なんだ。
キャラクター
ゆーちゃん

…というのが一般的なポジティブなレビューになるのですが、実際に私は広角レンズを使ってみて「うーん」といった感じでした(笑)

というのも、広角にした途端写真がすごく歪んでしまうんです。これは言葉でご紹介するより実物をみた方が早いと思うので、実際に撮影した写真をご紹介します。どれも標準のカメラアプリで適当にパシャっとしただけです。

標準レンズ。

AQUOS sense3実際の写真

同じ立ち位置で広角レンズ。確かに画角は広いが建物が歪んでる…。

AQUOS sense3実際の写真

別の写真、標準レンズ。

AQUOS sense3実際の写真

同じ立ち位置で広角。もはや道が曲がっているように見える…。

AQUOS sense3実際の写真広角で撮影したものだけを見れば気にならない方もいらっしゃるかと思うので、そこまでのデメリットではないかもしれませんが「完成度の高い広角」とは言えない気がします。

キャラクター
まま子さん
確かに。集合写真とかならいいけど、風景とか建物撮りたくて、それが歪んじゃうのは嫌ね。
そうだね。広角レンズはまだ改善の余地があるかも。
キャラクター
ゆーちゃん

せっかくなので、実際に撮影したそのほかの写真もご紹介!

せっかくなので、広角レンズ以外に実際に撮影した写真もご紹介します。

まずは夜景。

AQUOS sense3実際の写真

夜景に関しては(これもまた辛口コメントになってしまうかもですが)あまり綺麗に撮れません。明かるところだけが白光りして、その他は真っ暗といった雰囲気になってしまっています。

明るい店内でパシャり。これは問題なさそう。

AQUOS sense3実際の写真

食べ物も問題なさそう。黄色っぽくなることもなく、美味しそう!ちなみにこれはカルパッチョ。おいしかった。

AQUOS sense3実際の写真

ただし、暗い場所での食べ物は要注意。光のコントラストが強く出すぎてしまう。

AQUOS sense3実際の写真

インカメに関しては問題ないかと思います。標準カメラアプリだと少し暗めになりますが、アプリを使うと全く問題なくなるのであまり気にする必要はないです。

AQUOS sense3のポイント④片手操作も比較的しやすい!縦長5.5インチのコンパクトボディ

AQUOS sense3は縦長の5.5インチ画面搭載で、コンパクトサイズとなっています。

スマホは年々大型化していますが、AQUOS sense3はちょっと前の片手で操作しやすかったスマホに近いサイズ感です。

キャラクター
まま子さん
そう言えば、大きくてカバンやポケットに入れづらいスマホも多くなってきたよね。

スマホに持ちやすさを求める方には、比較的小さなサイズのAQUOS sense3がおすすめです。

実際に私が持ってみるとこんな感じ。私の手はとても小さいのですが、それでもしっかり持てます。

AQUOS sense3レビュー

後ろから見るとこんな感じ。いいサイズ感!

AQUOS sense3レビュー

厚みはこんな感じ!少し分厚いかも。でも持つのに支障なし。

AQUOS sense3レビュー

UQモバイル公式サイト

AQUOS sense3のポイント⑤AQUOS独自の機能にも対応!エモパーやスクロールオートでスマホライフを快適に

AQUOS sense3には、AQUOSの様々な便利機能に対応しています。

たくさんあるので、便利機能を一覧にまとめました。

AQUOSスマホの便利機能

  • 音声でニュースなどの情報を教えてくれる「エモパー」
  • ホームボタンとしても使える指紋認証センサー
  • 即座に画面ロックを解除してくれる顔認証
  • 夜になると自動的にブルーライトをカット・目に優しい表示になるリラックスオート機能
  • ボタン表示を大きく見やすくしてくれる「AQUOSかんたんホーム」
  • 自動的に画面をスクロールしてくれる「スクロールオート」
  • 画面をなぞってすぐにスクリーンショットが撮れる機能
  • 周囲の人から画面が見えないようにしてくれる「覗き見ブロック」
  • ハイレゾの高音質な音声を再生できる
キャラクター
まま子さん
こんなに色々あるのね。

普通は他のアプリをインストールしなければ使えないような機能も標準搭載なので、買ったらすぐにスマホを便利に活用できるのは嬉しいですね。

AQUOS sense3のポイント⑥最大2回のOSアップデートに対応!2年間しっかり使える

AQUOS sense3は、標準で最大2回のOSアップデートに対応しています。

スマホの中には一切OSアップデートに対応していない機種や、1年程度でアップデートをやめてしまう機種もあります。アップデートが終わると新機能が使えなかったり、セキュリティが弱くなってウイルスなどの侵入を受けやすくなったりと悪い事だらけ。

キャラクター
まま子さん
ウイルス感染はちょっと心配ね…。

AQUOS sense3なら2年間はバッチリ使い続けられることが保証されているので、安心です。

AQUOS sense3のポイント⑦【SIMフリーモデルのみ】DSDV対応!2枚のSIMカードを同時に使える

AQUOS sense3のSIMフリーモデルは、2枚のnanoSIMカードを同時に使える「DSDV」対応スマホです。

  • 会社の電話連絡用SIMとプライベート用SIMを1台のスマホにまとめて、それぞれの電話を受ける
  • 安価な通話SIMとデータ通信用SIMをそれぞれ契約して、お得に快適な通信・通話を楽しむ
  • 1枚目のSIMカードで速度制限がかかったときのため、非常用に2枚目のSIMを入れておく

以上のように、2枚のSIMカードを本体に入れれば様々な使い方ができます。

DSDV機能は海外メーカーのスマホで多く採用されていましたが、海外メーカーのスマホはおサイフケータイや防水に非対応なことがほとんど。

おサイフケータイと防水、DSDVに全対応している機種は、OPPOのReno AやR15 Proくらいでした。シャープはAQUOS sense3でついにDSDVにも対応、OPPOに並んだ形となります。

ユーザーの満足のため、人気の機能をどんどん取り入れてくれているのが嬉しいね。
キャラクター
ゆーちゃん

ただしDSDVに対応するのはSIMフリーモデル「SH-M12」のみ、UQモバイル版の「SHV45」では非対応となっているのでご注意ください。IIJmioOCNモバイルONEなどで販売されているモデルは「SH-M12」なので、2枚のSIMカードを利用可能です。

こんな感じで、AQUOS sense3には一押し機能がかなりたくさんあるんだよ。
キャラクター
ゆーちゃん
キャラクター
まま子さん
そっか。こんな便利な機種が3万円台で売られてるのは、なかなかお得ね。でもデメリットもあるんでしょう?
そうだね、流石に安い機種だからちょっとスペック的に足りない部分もあるんだけど、事前に知っておけば大丈夫だよ!
キャラクター
ゆーちゃん
UQmobile banner

AQUOS sense3のデメリット・注意点

AQUOS sense3のデメリットとして考えられるのは、以下の2点です。

  • スピーカーの音質が悪い
  • 高性能が求められるゲームは快適に動かない

どちらも事前に知っておけばそこまで大きなデメリットにはならないと考えられるので、しっかりチェックしておいてくださいね。

①スピーカーの音質は悪い

AQUOS sense3は、スピーカーの音質が昔のガラケーくらい悪いです。

私も実際に使ってみましたが、モノラルスピーカーはちょっとこもった音質。

2〜3年前のAQUOSスマホから、あまり改善されていない印象。
キャラクター
ゆーちゃん

YouTubeで動画を見たり、AppleMusicで音楽を聴いたりしているとちょっと物足りなく感じます。ただしイヤホンを付けたり、外付けのスピーカーを用意したりすれば音質は改善可能です。

本体スピーカーに高音質を求める方は、注意ください。

ちなみにAQUOS sense3には上位モデルの「AQUOS sense3 plus」もあり、plusは高音質なステレオスピーカー搭載です。執筆時点ではまだSIMフリーモデルの発売が発表されていませんが、本体のみで充実した音楽を楽しみたい方はplusを待つのもおすすめですね。

②CPUはゲームがやや苦手!ゲーマーは注意

AQUOS sense3ではCPUが前機種より性能アップしていますが、それでもゲームはやや苦手。

PUBGやフォートナイトなどの3Dゲームは動作がもっさりしてしまいがちです。

ゲームをより快適に遊びたい場合は、CPU性能がワンランク上の「AQUOS sense3 plus」を待ったり、ZenFone 6などのハイスペックスマホを手に入れたりしましょう。

UQモバイル公式サイト

AQUOS sense3がセット契約できる格安SIM・お得な契約方法

AQUOS sense3は、様々な格安SIMとセット購入可能です。

2019年12月時点での販売先や販売価格を、一覧にまとめました。

AQUOS sense3の販売価格
MVNO販売価格(税抜)
UQモバイル21,600円
OCNモバイルONE14,800円、初月無料・月額250円のマイセキュア加入で13,800円
IIJmio29,800円、音声SIMセットで3,000円分のギフト券プレゼント
LINEモバイル35,800円
mineo36,000円

様々な格安SIMでセット購入できますが、中でもオススメは割引が充実しているUQモバイルOCNモバイルONEIIJmioです。

各社の特徴をチェックしてみよう!
キャラクター
ゆーちゃん

①UQモバイルは本体価格が激安!回線縛りもなし

UQmobile banner

 

UQモバイルでは本体価格が21,600円(税抜)に設定されていて、とくに難しい条件もなくお得にAQUOS sense3を手に入れられます。

UQモバイルでは最低利用期間が撤廃されているので、本体を購入したら長期間解約できない…などの問題もなし。

回線速度が速くて安定しているから、メイン回線をUQモバイルに乗り換えるのもオススメだよ。
キャラクター
ゆーちゃん

格安SIMへの乗り換えを機に新しいスマホを手に入れたい!という方は、UQモバイルでAQUOS sense3を購入するのがおすすめです。

さらに、UQモバイルは格安SIMとは思えないほどサービスも充実していますので、格安SIM初心者の方でも安心して利用できること間違いなしです。

UQモバイル公式サイト

②OCNモバイルONEはオプション加入で最安の13,800円に!

OCNmobileONE banner

 

OCNモバイルONEでは、市販価格が3万円台後半のAQUOS sense3がなんと14,800円(税抜)で販売されています。

オプションのマイセキュア(セキュリティ対策)を契約すればさらに1,000円引きの、13,800円(税抜)で手に入れることが可能です。

回線が混み合って速度が下がりやすいデメリットがあったOCNモバイルONEですが、11月より新コースが開始・回線が別になったため速度も向上しています。

本体価格の安さを最重視するなら、OCNモバイルONEでの購入がベストな選択肢ですね。

AQUOS sense3は2枚のSIMカードを使えるので、メイン回線を別で契約している場合も2枚目のSIMスロットにOCNモバイルONEのSIMを入れて併用可能です。

なおOCNモバイルONEのスマホ販売は音声SIMセットが必須条件になっているから、データSIMを契約したい人は注意してね。
キャラクター
ゆーちゃん
OCNモバイルONE公式サイト

③IIJmioは音声SIMセットで最大3,000円分のギフト券がもらえる!

IIJmio banner

 

IIJmioではAQUOS sense3の販売価格が29,800円(税抜)、音声SIMをセットで契約する場合は最大3,000円分のギフト券をもらえます。

Amazonギフト券やGoogle Playのギフトなど、様々なギフト券を手に入れることができますよ。

IIJmioは最大10人で容量をシェアできるシェアSIMを提供していたり、最大62GBの大容量を契約できたりするメリットもあります。

家族で格安SIMに乗り換えて月々のスマホ代を押さえたい方は、IIJmioでAQUOS sense3をセット購入してみてはいかかでしょうか。

IIJmio公式サイト

楽天モバイルでは性能が異なる「AQUOS sense3 lite」が販売中!

RakutenMobile banner

 

楽天モバイルでは、若干スペックが異なる「AQUOS sense3 lite」という専売モデルが販売されています。

主な違いは以下の3点。
キャラクター
ゆーちゃん
  • 販売価格が24,800円(税抜、音声SIM付き)
  • アウトカメラの広角レンズが削除
  • DSDVに非対応

広角レンズを使って写真を撮る予定がなく、DSDVで2枚のSIMカードを使い分けることもないのであれば、価格が安いAQUOS sense3 liteを楽天モバイルで手に入れるのも良いですね。

楽天モバイル公式サイト

まとめ

AQUOS sense3レビュー

いかかでしたか。

今回は、AQUOS sense3のメリット・デメリットについて解説しました。

ポイント

  • AQUOS sense3は前機種からCPUやストレージ容量などの性能が大幅アップしている
  • AQUOS sense3はおサイフケータイや防水に対応している
  • バッテリー容量が4,000mAhに増量されていて、充電が長持ちする
  • アウトカメラに広角レンズが搭載されていて、横に広い写真を撮れるようになった
  • 2年間のOSアップデートにも対応しているので、長期間使い続けられる
  • SIMフリーモデルのSH-M12なら、2枚のSIMカードを同時に使えるDSDVに対応している
  • CPUはゲームに不向き、ゲーマーは注意が必要
  • AQUOS sense3は、UQモバイルやOCNモバイルONEなどで割安販売されている
  • 楽天モバイルでは、広角カメラ非搭載のAQUOS sense3 liteを購入できる

ご紹介してきた通り、AQUOS sense3は性能も機能も充実していて、基本的にゲーマーでなければ十分満足して使える機種となっています。

今回はだいぶ辛口評価になってしまいましたが、基本的にはオールマイティな機種ではあります。いつでもどこでも快適・便利にスマホを使いたい方は、AQUOS sense3の購入をぜひ検討してみてくださいね。

 

この記事が役に立ったら
いいね ! してね(o^^o)

-UQモバイルのスマホ

Copyright© すーちゃんモバイル比較×UQモバイル , 2021 All Rights Reserved.