【お得情報】
今ならキャッシュバック+初期費用1円+基本料6ヶ月割引!
iPhoneも大幅値下げ!
詳しくはこちら

スマホ

IIJmioスマホを機能別に分類。防水・おサイフケータイ・ワンセグ付きスマホは?

IIJmioスマホ機能別に分類

みおちゃん
IIJmioでスマホを購入したいんだけど、種類が多すぎてどれを選ぶか迷っちゃう…。
機能ごとに分類すれば、わかりやすいよ。
ふぉんくん
みおちゃん
なるほど。それじゃ、詳しく教えてもらえる?

IIJmioでは、20種類以上のスマートフォンが販売されています。

でもこれだけあると、どれを選んでいいか迷ってしまいますよね?

私も先日IIJmioでスマホを購入したのですが、その際どのスマホが自分合っているのか分からず、ひたすら公式サイトと睨めっこしました。ただ…いくら睨めっこしても分からない部分が多くて本当に大変だったんです。

そこで、この記事で、IIJmioのスマホを機能別に分類しながら紹介したいと思います!

こういう記事があれば「この機能を求めている人は、このスマホが一番!」と明確になって分かり易いと思うのです。IIJmioでセット購入するスマホをどれにするか悩んでいる方の参考になれば幸いです。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

IIJmioは今月キャンペーンが非常に魅力的です!今なら初期費用が1円で、基本料が6ヶ月間700円割引となるうえ、乗り換えで最大15,000円のキャッシュバックが付いてきます(9月30日まで)。詳細はこちら! 

\限定キャンペーン(初期費用1円)はこちらから/

IIJmioのスマホ機能別分類表

みおちゃん
おサイフと防水防塵、ワンセグ、あとは写真をキレイに撮れるダブルレンズカメラのスマホが知りたいかな。
それじゃあ、まずはスマホの機能別分類表から見ていこう。興味のある機能の項目をチェックしてみてね。
ふぉんくん

IIJmioには、様々な機能を搭載するスマホが販売されています。

まずは機能別に2020年1月時点で販売中のスマホを分類して表にまとめてみました(結構数ある…)。

機能別分類表
おサイフケータイ Reno A、AQUOS sense3、AQUOS sense3 plus、AQUOS zero、AQUOS sense 2、AQUOS R2  compact、Xperia Ace
防水・防塵 Reno A、AQUOS sense3、AQUOS sense3 plus、AQUOS zero、AQUOS sense 2、AQUOS R2  compact、Xperia Ace
ワンセグ なし(2020年1月時点)
ダブルレンズ/トリプルレンズ A5 2020、nova 5T、AQUOS sense3、AQUOS sense3 plus、P30、P30 lite、nova lite 3、ZenFone 6、ZenFone Max Pro(M2)、ZenFone Max(M2)、ROG PhoneⅡ、ROG Phone、Reno A、Reno 10x Zoom、AX7、Moto G7、Moto G7 Plus

以上のとおり、約30種類のスマートフォンの大半が、今回設定した何らかの機能を搭載しています。

みおちゃん
すごい数(笑)ワンセグ以外は選択肢がかなり多いね。
時期によって、在庫状況は異なるから注意してね。それぞれの項目で各端末の特徴を解説していくよ。
ふぉんくん

なお複数の機能に対応しているスマホも多いので、説明の重複を省くため各端末の特徴は最初に取り上げる項目で解説しています。

またIIJmioでは、一旦ラインナップから消えた古い端末が不定期に復活することもあるのですが、発売から2年以上経っているような古い機種については詳細の説明を省いています。

みおちゃん
それにしても、ちょっと種類が多すぎるよね。結論だけ先に知りたいかも。
確かに、紹介がかなり長くなるから、オススメのスマホだけ先に機能別にまとめておくね。
ふぉんくん
みおちゃん
助かる!

ちゃちゃっと結論が知りたい方へ…当サイトオススメのスマホ(機能別)

この記事では何十種類ものスマホが登場するので、見ているうちに逆にどれを選んでいいか迷ってしまう可能性が高いです(自分で言うのもなんですが(笑))

せっかく「スマホ選びの手助けになれば」と思い書いているのに、この記事を見たことによって逆に訳わからなくなってしまったら本末転倒ですので…

先に当サイトオススメのスマホを、各項目ごとに2~3種類に厳選してまとめました!

対応機能 重視する項目 機種名
おサイフケータイ バッテリー AQUOS sense 3
コスパ Reno A
性能 AQUOS zero
防水防塵 AQUOSシリーズ
タブル・トリプルレンズ Reno 10x zoomP30 lite

以上が、当サイトがオススメするIIJmioのスマホです。

結論だけ見て満足!という方はこのままIIJmio公式サイトより各機種の詳細を見ていただいてもOKですし、もう少し詳細が知りたいという方は、ぜひこのまま記事を読み進めていただければと思います!

それでは、おサイフケータイ対応スマホから見ていこう。
ふぉんくん
IIJmio公式サイト

おサイフケータイ機能付きのSIMフリースマホ7つ!

おサイフケータイ機能付きのSIMフリースマホは、7種類あります。

特徴 機種
最新・バッテリー持ちが良い AQUOS sense3
最新・ステレオスピーカー AQUOS sense3 plus
縦長画面 AQUOS sense2
コンパクトサイズ AQUOS R compact
高スペック AQUOS zero
 高性能・多機能 Reno A
SIMフリーエクスペリア Xperia Ace

おサイフケータイ機能があれば、Suicaで電車やバスに乗ったり、iD、QUICPayなどを使って町中で買い物ができたりします。

今や都市部だけでなく地方にも広く普及しているので、日本で暮らす上でスマホにおサイフケータイがあるととても役立つ機会が多いですよね。それぞれ特徴を解説するので、選ぶ時の参考にしてくださいね!

①AQUOS sense3

IIJmioのAQUOS sense3

出典:IIJmio公式サイト(https://www.iijmio.jp/device/)

AQUOS sense3はシャープが発売したSIMフリースマートフォンで、ドコモなどの大手携帯会社でも取り扱っている人気の機種です。

もちろん、おサイフケータイと防水機能はしっかり搭載していますよ。

1月29日までは音声SIMとのセット購入で3,000円分のギフト券がプレゼントされるので、よりお得に購入できます。

AQUOS sense3のスペックは、以下の通りです。

AQUOS sense 3のスペック一覧
販売価格(税抜) 一括:29,800円/分割1,250円×24回
OS Android 9
CPU Snapdragon 630
メモリ 4GB
ストレージ容量 64GB
バッテリー容量 4,000mAh
ディスプレイ 5.5インチ(2,160×1,080)
カメラ アウトカメラ:1,200万画素+1,200万画素/インカメラ:800万画素
サイズ 70×147×8.9mm
重さ 約167g

定価は前機種と変わらないまま、各種性能がアップしてより快適に使えるようになりました。

ゲームは苦手ですが、CPUの改善やメモリの増量により動作はさらにサクサクになっています。

ストレージ容量が増えたので、写真などのデータもsense2の2倍多く保存できますし、バッテリー容量は4,000mAhと非常に大きく、最大1週間ほど電池が持つのも見逃せません。

「ゲームはあまりしない、バッテリー持ちの良さや片手で使えるコンパクトさを重視する」という方は、AQUOS sense3をご検討ください。

②AQUOS sense3 plus

出典:IIJmio公式サイト(https://www.iijmio.jp/device/)

AQUOS sense3 plusは無印sense3の上位モデルで、各種性能がさらにアップ+本体サイズが一回り大きくなっています。

無印から価格が2万円ほどアップしましたが、1月29日までは音声SIMとセット購入で5,000円分のギフト券プレゼントがあるので、購入費用を抑えられますよ。

AQUOS sense3 plusのスペックは、以下の表にまとめたとおりです。

AQUOS sense 3 plusのスペック一覧
販売価格(税抜) 一括:49,800円/分割:2,080円×24回
OS Android 9
CPU Snapdragon 636
メモリ 6GB
ストレージ容量 128GB
バッテリー容量 4,000mAh
ディスプレイ 6.0インチ(2,220×1,080)
カメラ アウトカメラ:1,310万画素+1,220万画素/インカメラ:800万画素
サイズ 75×160×8.7mm
重さ 約175g

CPU性能が上がっているので、無印sense3に比べてゲームがより快適に動くようになっています。

とはいえハイスペックなCPUではないから、PUBGやフォートナイトのような3Dゲームを快適に遊ぶならもっと高性能なスマホを選ぶのが無難だけどね。
ふぉんくん

メモリやストレージ容量も倍増、画面が0.5インチほど大きくなっていて、バッテリー容量の大きさは無印sense3と共通です。

みおちゃん
sense3の良いところはそのままに、全体的にグレードアップしているのね。

そしてAQUOS sense3 plusはステレオスピーカー搭載により、音楽をよりきれいな音質で楽しめるようになりました。

スマホで動画や音楽などのコンテンツをたくさん楽しみたい+バッテリー持ち重視の方は、AQUOS sense3 plusを選ぶのもおすすめですよ。

③AQUOS sense 2

出典:IIJmio公式サイト(https://www.iijmio.jp/device/)

AQUOS sense 2は、AQUOS sense liteの後継機となる2018年12月登場の多機能端末です。

2020年1月時点では値引きにより24,800円(税抜)の激安価格に、さらに1月29日までは音声SIMセットで3,000円分のギフト券ももらえますよ。

AQUOS sense 2のスペック一覧
販売価格(税抜) 一括:24,800円/分割:1,040円×24回
OS Android 8.1
CPU Snapdragon 450
メモリ 3GB
ストレージ容量 32GB
バッテリー容量 2,700mAh
ディスプレイ 5.5インチ(2,160×1,080)
カメラ アウトカメラ:1,200万画素/インカメラ:800万画素
サイズ 71×148×8.4mm
重さ 約155g

価格が2万円台前半にまで抑えられている代わりに、性能もやや抑えめとなっています。

AQUOS sense3よりCPU性能が低くて、ゲームは苦手。
ふぉんくん

安価ですがおサイフケータイを活用できるだけでなく、雨が降って来た時にスマホが壊れにくい防水機能付きなので、外で毎日持ち歩くのにも最適です。

そして本体重量が155gと軽いのは、AQUOS sense3シリーズと比べてのメリットですね。

片手でスマホを使うなら、軽いAQUOS sense2のほうがより満足できるかも。
ふぉんくん

「安くて多機能な最新のおサイフケータイ対応スマホ」を探している方は、型落ちにはなりますがAQUOS sense 2を検討してみてください。

限定特典(初期費用1円)をチェック!

④AQUOS R2 Compct

出典:IIJmio公式サイト(https://www.iijmio.jp/device/)

シャープが展開しているAQUOSシリーズの端末は、いずれもおサイフケータイ機能を備えていますが、中でもサイズのコンパクトさが魅力なのはAQUOS R2 Compactです。

49,800円(税抜)のスマホで、音声SIMとセットで購入するなら5,000円分のギフト券ももらえますよ。(1月29日まで)

元々7万円くらいしたんだけど、値下げされたんだ。
ふぉんくん
AQUOS R2 compactのスペック一覧
販売価格(税抜) 一括:49,800円/分割:2,080円×24回
OS Android 9.0
CPU Snapdragon 845
メモリ 4GB
ストレージ容量 64GB
バッテリー容量 2,500mAh
ディスプレイ 5.2インチ(2,280×1,080)
カメラ アウトカメラ:2,260万画素/インカメラ:800万画素
サイズ 64×131×9.3mm
重さ 約135g

AQUOS R2 compactは、コンパクトサイズながら画面が上部・下部の端まで広がっているのが特徴的ですね。

小さいと画面も小さくなりがちだけど、AQUOS R2 Compactなら心配なし。
ふぉんくん

片手で操作できる小さめのスマホを探している方は、検討してみてはどうでしょうか。

各種性能も高めでゲームプレイも快適、2年以上は快適に使えますよ。

限定特典(初期費用1円)をチェック!

⑤AQUOS zero

出典:IIJmio公式サイト(https://www.iijmio.jp/device/)

SHARPのスマートフォンであるAQUOS zeroも、おサイフケータイを搭載しています。

2020年1月29日までに音声SIMとセット購入すれば、5,000円分のギフト券をもらえますよ。

2019年の発売から、2万円以上割引されているよ。
ふぉんくん
AQUOS zeroのスペック一覧
販売価格(税抜) 一括:59,800円/分割:2,500円×24回
OS Android 9.0
CPU Snapdragon 845
メモリ 6GB
ストレージ容量 128GB
バッテリー容量 3,130mAh
ディスプレイ 6.2インチ(2,992×1,440)
カメラ アウトカメラ:2,260万画素/インカメラ800万画素
サイズ 73×154×8.8mm
重さ 約146g

6.2インチもの大画面搭載なのに重さはわずか146gしかなく、片手で持ちやすいのがAQUOS zeroの大きなメリットです。CPU性能も高く、最新のゲームアプリなども快適に遊ぶことが出来ます。

強いて言えばカメラはシングルカメラで、同価格帯のスマホに比べるとちょっと性能は抑えめとなっていることが欠点ですかね…。

ただ、それ以外の機能面・性能面に関しては文句なしの1台かと思います。

みおちゃん
なるほど。カメラ以外は文句なしね。

AQUOS zeroをもっと詳しく!

アクオスゼロ徹底レビュー
AQUOS zero徹底レビュー!メリットデメリット・不向きな人まで丸わかり!

【期間限定今なら本体代1万円割引】2019年4月にSIMフリーモデルが発売されたAQUOS zeroは、高性能CPU搭載・6.2インチの大画面を搭載しながらも軽量なのが特徴です。この記事では、AQUOS zeroのスペックやメリット・デメリットを解説します。結論から言うと「スペック」「軽さ」「防水・おサイフケータイ」を求める方であれば十分満足できる1台かと思います!

続きを見る

⑥Reno A

出典:IIJmio公式サイト(https://www.iijmio.jp/device/)

高性能・高機能ながら3万円台で買える激安スマホ・Reno Aも、おサイフケータイ搭載です。

1月29日までなら音声SIMとのセット購入で、5,000円分のギフト券をもらえますよ。

Reno Aのスペック一覧
販売価格(税抜) 一括:34,800円/分割:1,500円×24回
OS Android 9.0
CPU Snapdragon 710
メモリ 6GB
ストレージ容量 64GB
バッテリー容量 3,600mAh
ディスプレイ 6.4インチ(2,340×1,080)
カメラ アウトカメラ:1,200万画素+200万画素/インカメラ:2,500万画素
サイズ 75.4×158.4×7.8mm
重さ 約169.5g

Reno Aは3万円台前半低価格スマホでありながらCPU等の性能が高く、おサイフや防水にも対応しています。

AQUOS sense3 plusに近いサイズだけど、安くてゲーム性能が高いのはReno A。
ふぉんくん

カメラがデュアルレンズなので、背景ボケのあるきれいな写真が撮影可能なのも嬉しいですね。

AQUOS sense3とあまり変わらない価格ながらここまでの高性能・高機能を実現したOPPOは、全力で日本のスマホ市場を席巻しようとしているように感じます。

価格・性能・機能・カメラのスペック、全てを求める方には非常にオススメできる1台と言えるでしょう。

⑦Xperia Ace

IIJmioのオススメスマホ

出典:IIJmio公式サイト(https://www.iijmio.jp/device/)

Xperia Aceは、おサイフケータイや防水対応のスマホです。

定価は49,800円(税抜)ですが44,800円(税抜)に割引済み、1月29日までに音声SIMとセット購入すれば、5,000円分のギフト券をもらえますよ。

Xperia Aceのスペック一覧
販売価格(税抜) 一括:44,800円/分割:1,870円×24回
OS Android 9.0
CPU Snapdragon 630
メモリ 4GB
ストレージ容量 64GB
バッテリー容量 4,200mAh
ディスプレイ 6.39インチ(3,120×1,440)
カメラ アウトカメラ:4,000万画素+2,000万画素/インカメラ:2,400万画素
サイズ 72×158×8.6mm
重さ 約189g

人気メーカーSONYのXperiaシリーズなので、大手キャリアでXperiaを使っていた人が乗り換えるのにオススメです。

性能もメモリ4GB・ストレージ容量64GBなどある程度高く、最高性能を求めなければゲームをしたり複数のアプリを同時起動したりしても大丈夫です。

正直、価格はReno Aなどに比べて高めなのでコスパが悪いのが難点ですが…キャンペーンで安く購入できれば、とても満足できる1台かと思います。

IIJmioのキャンペーンでお得に乗り換えよう!
ふぉんくん

IIJmio公式サイト限定特典(初期費用1円)をチェック!

防水防塵機能付きのSIMフリースマホ7つ!

防水・防塵機能付きスマホは、IIJmioで5種類が販売されています。

特徴 機種名
おサイフ・防水対応でCPU性能も高め、IP67 Reno A
大容量バッテリー搭載・IP68 AQUOS sense 3
ステレオスピーカー・IP68 AQUOS sense 3 plus
縦長画面・お風呂対応 IPX68のAQUOS sense 2
コンパクト・お風呂対応 AQUOS R2 compact
軽量・高性能でお風呂対応 AQUOS zero
低価格Xperia・IPX68 Xperia Ace
みおちゃん
このIPなんとかって…何?
詳しくは次項で解説するね。
ふぉんくん

とても対応機種が多いことに加えて、防水・防塵の性能のレベルがそれぞれ異なる点にも注意しましょう。

ここからは各端末の防水性能について解説します。

防水防塵機能にはいくつかのレベルがある

防水防塵には、レベルがあります。

防水防塵だからといって、全て同じように水などに耐えられるわけではありません。

防水性能はIP○○と称されますが、実は数字の1つ目と2つ目に異なる意味があります。

1つ目は主に粉などの物質(人体および固形物)の内部侵入、2つ目は水の侵入に関する仕様で、簡単に説明すると数字が大きいほど性能が高くなります。

厳密にはそれぞれの数字に「こんなことができる」という意味もあるので、詳しくは各端末の紹介部分をご覧ください。

例えばIP68の場合、6は「粉塵が内部に侵入しない耐塵形」、8は「規定の条件に従って、連続的に水中における密閉構造」を意味しています。

またIP○○に含まれる「X」は、該当する部分の保護について特に設定されていないことを意味します。

IPX5なら防塵には基本的に未対応、IP5Xなら防水に対応していません。

よりしっかりした防水端末を求める方は、各数値が高い端末を選びましょう。防塵は0~6、防水は0~8までの数値があります。

IP68だと特に性能に期待できるね。それでは、見てみようか。
ふぉんくん

①Reno A

出典:IIJmio公式サイト(https://www.iijmio.jp/device/)

Reno AはIP67に対応しています。

どちらも十分な高数値ですので、防水・防塵性能は非常に高いです。アウトドア派で川や海に落とす可能性がある、お風呂で使いたいという方にも十分オススメできますね。

防水性能最重視なら、より防水性能が高いAQUOSスマホもチェックしてみてね。
ふぉんくん
限定特典(初期費用1円)をチェック!

②AQUOS端末

IIJmioのAQUOS sense lite

出典:IIJmio公式サイト(https://www.iijmio.jp/device/)

AQUOS端末はいずれも、公式にお風呂対応と謳っているので、お風呂で安心して使えるのが魅力です。

みおちゃん
長年キャリアでスマホを販売してきた、シャープだけあるね。

最新のAQUOS sense 3シリーズやAQUOS zeroだけでなく、AQUOS sense 2、AQUOS R2 compactなどの少し古い機種もIP65/8(お風呂OKで最強の防水性能)です。

防塵対応バッチリ、水の直接噴射や水中に連続的に置かれた場合も問題ありません。

限定特典(初期費用1円)をチェック!

③Xperia Ace

出典:IIJmio公式サイト(https://www.iijmio.jp/device/)

Xperia AceはIP68で、防水・防塵対応は完璧です。

Xperiaのファンで、Xperiaを使いたい!という人は検討してみてはどうでしょうか。

限定特典(初期費用1円)をチェック!

ワンセグ機能付きのSIMフリースマホは無し(2020年1月時点)

IIJmioでは2020年1月現在、ワンセグ対応スマホが販売終了済み。

「どうしてもワンセグがないと困る」という方は、中古ショップでarrows Be3やGalaxy、Xperiaシリーズといった機種を購入しましょう。

ちなみに大手キャリアでも、Galaxy Note10+などワンセグ非搭載スマホが増えてきています。

テレビはワンセグでなく、TVerやAbemaTVなどの配信で楽しむことを考えた方が良いかもしれませんね。

IIJmio公式サイト

ダブルレンズ付きのSIMフリースマホ17つ!

IIJmioで販売されているダブルレンズ付きのスマートフォンはとても種類が多く、なんと17種類あります。

実のところ、今や低価格帯も含めてシングルレンズのスマートフォンのほうが少ないです。

シングルレンズのスマホを数えたほうが早いよ。
ふぉんくん

以下に簡単にそれぞれの特徴をまとめたので、まずはご覧ください。

特徴 機種名
フリップレンズで自撮りも綺麗 ZenFone 6
5眼レンズの高コスパ nova 5T
ライカ製レンズ搭載・ハイスペックモデル P30
3万円で買える手頃なトリプルレンズ端末 P30 lite
2万円で買える激安ダブルレンズ端末 nova lite 3
ダブルレンズで広角撮影に対応 AQUOS sense3
広角撮影対応の性能上位モデル AQUOS sense3 plus
ゲーマー向けダブルレンズスマホ ROG Phone
ゲーマー向けダブルレンズスマホ最新モデル ROG Phone Ⅱ
大容量バッテリーのコスパスマホ ZenFone Max Pro(M2)
低価格・大容量バッテリー搭載 ZenFone Max(M2)
高コスパなダブルレンズスマホ Reno A
望遠・超広角対応!最大10倍ズーム Reno 10x zoom
4眼レンズで広角撮影!バッテリー容量も大きい A5 2020
低価格・大画面大容量バッテリー AX7
ズーム写真も綺麗に撮れる Moto G7
暗い場所でも明るく撮影 Moto G7 Plus
みおちゃん
お、多すぎる…
ちなみに以前は、20種類ほどあったよ…(笑)注意したいのは同じダブルレンズ搭載スマホでも性能にはピンからキリまであること。カメラでできることも違うから、注意してね。
ふぉんくん

最後に、ダブルレンズ搭載の各端末について解説します。

①P30シリーズなどのHUAWEIスマホはトリプルレンズ搭載!

IIJmio10月キャンペーンセール中のスマホ

出典:IIJmio公式サイト(https://www.iijmio.jp/device/)

HUAWEIのスマートフォンである以下の3種類は、複数のレンズを搭載しています。(nova 5Tは4眼レンズ、nova lite 3はダブルレンズ、他2機種はトリプルレンズ)

  • nova 5T
  • P30
  • P30 lite
  • nova lite 3

安価なnova lite 3からP30といった端末までまんべんなく複数のレンズ搭載です。

以下にスペックをまとめました。

HUAWEIスマホのスペック一覧
P30 P30 lite nova lite 3 nova 5T
販売価格(税抜) 一括:69,800円/分割:2,175円×24回 一括:22,800円/分割:980円×24回 一括:22,800円/分割:980円×24回 一括:49,800円/分割:2,080円×24回、
OS Android 9 Android 9 Android 9.0 Android 9.0
CPU Kirin 980 Kirin 70 Kirin 710 Kirin 980
メモリ 6GB 4GB 3GB 8GB
ストレージ容量 128GB 64GB 32GB 128GB
バッテリー容量 3,650mAh 3,340mAh 3,400mAh 3,750mAh
ディスプレイ 6.1インチ(2,340×1,080) 6.15インチ(2,312×1,080) 6.21インチ(2,340×1,080) 6.26インチ、2,340×1,080
カメラ アウトカメラ:4,000万画素+1,600万画素+800万画素
/インカメラ:3,200万画素
アウトカメラ:2,400万画素+800万画素+200万画素
/インカメラ:2,400万画素
アウトカメラ:1,300万画素+200万画素
/インカメラ:1,600万画素
アウトカメラ4,800万画素+1,600万画素+200万画素+200万画素
/インカメラ:3,200万画素
サイズ 71×149×7.6mm 72.7×152.9×7.4mm 73.4×155.2×7.95 73.97×154.25×7,87mm
重さ 約165g 約159g 約160g 174g

カメラ性能がより高いHUAWEIスマホを選びたい場合は、2020年1月ならnova 5Tがおすすめです。

nova 5Tは5万円で比較的低価格ながらも4つのレンズ(超広角、マクロ、被写界深度、メイン)を搭載していて、超広角や接写でキレイにカメラ撮影をしてくれます。

集合写真や横に広い駅の撮影に役立つね。
ふぉんくん

ストレージ容量が128GBと大きいので、たくさんのデータを保存できるのも魅力的ですね。

P30はライカ製レンズを搭載していて、広角と望遠(遠くのものを大きく写せる)の写真をキレイに撮影可能。

マクロ撮影もするならマクロレンズがあるnova 5Tが特にオススメ、望遠重視ならP30を選ぶのが良いでしょう。

P30 liteやnova lite 3は2~3万円で買える安価な端末ながら、ダブルレンズ・トリプルレンズを搭載していて背景ボケのある写真が撮れます。

単純に背景ボケがある写真を撮りたいだけなら、今や2万円からのスマホでもOKなんだよね。
ふぉんくん
みおちゃん
すごい。どんどん進化してるのね。
限定特典(初期費用1円)をチェック!

②ZenFone 6などのASUSスマホ

IIJmio10月セール中のスマホ

出典:IIJmio公式サイト(https://www.iijmio.jp/device/)

ASUS端末は、以下の3種類がダブルレンズを搭載しています。

  • ZenFone 6
  • ZenFone Max(M2)
  • ZenFone Max Pro(M2)
  • ROG Phone
  • ROG Phone Ⅱ

それぞれのスペックをまとめました。

ZenFoneシリーズのスペック一覧
ZenFone 6(メモリ6GB) ZenFone 6(メモリ8GB) ZenFone Max Pro(M2) ZenFone Max(M2) ROG Phone Ⅱ ROG Phone
販売価格(税抜) 一括:64,800円/分割:2,750円×24回 一括:円/分割:円 一括:35,800円/分割:1,500円×24回、 一括:25,800円/分割:1,080円×24回 一括:99,800円/分割:4,160円×24回、 一括:59,800円/分割:2,525円×24回
OS Android 9 Android 8.1 Android 8.1 Android 9.0 Android 8.1
CPU Snapdragon 855 Snapdragon 660 Snapdragon 632 Snapdragon 855 Plus Snapdragon 845
メモリ 6GB 8GB 6GB 4GB 12GB 8GB
ストレージ容量 128GB 256GB 64GB 64GB 512GB 512GB
バッテリー容量 5,000mAh 5,000mAh 4,000mAh 6,000mAh 4,000mAh
ディスプレイ 6.4インチ(2,340×1,080) 6.3インチ(2,280×1,080) 6.3インチ(1,520×720) 6.59インチ(2,340×1,080) 6インチ(2,160×1,080)
カメラ 4,800万画素+1,300万画素
(アウトカメラ・インカメラ共通)
アウトカメラ:1,200万画素+500万画素
/インカメラ:1,300万画素
アウトカメラ:1,300万画素+200万画素
/インカメラ:800万画素
アウトカメラ:4,800万画素+1,300万画素
/インカメラ:2,400万画素
アウトカメラ:1,200万画素+800万画素
/インカメラ:800万画素
サイズ 75.4×159.1x9.1mm 75.5×157.9×8.5mm 76.2x158.4x7.7mm 77.6×170.99×0.4mm 76.1×158.8×8.8mm
重さ 約190g 約175g 約160g 約240g 約200g

ZenFone 6は6万円台から購入でき、5,000mAhもの大容量バッテリーを搭載しているのが魅力です。

各種性能は2019年発売スマホの中でもかなり高め、ゲームアプリなどもある程度快適に動作するのも嬉しいですね。

大きな特徴はアウトカメラがモーターで動いてインカメラになる「フリップレンズ」を採用していることで、自撮りもアウトカメラで綺麗に撮影できますよ。

自撮りが多い方は、ZenFone 6を選べばいつでも綺麗に顔を写せるよ!
ふぉんくん

ZenFone Max(M2)シリーズは、各種性能がZenFone 6と比べると抑えめで、無印は4,000mAh、Proは5,000mAhの大容量バッテリーを搭載しています。

ROG Phoneシリーズはゲームアプリに特化して作られた機種で、ゲームをとにかく快適に遊べます。カメラ性能も高いですが、どちらかというとゲーム重視の人向けですね。

ここまでの内容をまとめると

  • ZenFone 6:フリップレンズで自撮りも綺麗、大容量バッテリー、高スペック
  • ZenFone Max(M2)シリーズ:大容量バッテリー
  • ROG Phoneシリーズ:ゲームに特化

となります。

それぞれの機種に何かしらの特徴があり、価格帯もバラバラなので、予算と相談して自分に合う機種を選びましょう。

全体のバランスで言ったらZenFone 6がオススメかな。
ふぉんくん
みおちゃん
なるほど。バッテリー容量や価格を踏まえて選べば良さそうね。
限定特典(初期費用1円)をチェック!

③OPPO端末

IIJmio10月セール中のスマホ

出典:IIJmio公式サイト(https://www.iijmio.jp/device/)

OPPOののスマートフォンは、いずれもダブル〜トリプルレンズを搭載しています。

  • Reno 10x Zoom
  • Reno A
  • A5 2020
  • AX7

以下に各端末のスペックをまとめました。

OPPO端末のスペック一覧
Reno 10x Zoom A5 2020 AX7 Reno A
販売価格(税抜) 一括:94,800円/分割:3,980円×24回 一括:24,800円/分割:1,050円×24回 一括:12,800円/分割:580円×24回 一括:34,800円/分割:1,500円×24回
OS Android 9(ColorOS 6.0) Android 9(ColorOS6.0) Android 8.1(ColorOS 5.2) Android 9(ColorOS 6.0)
CPU Snapdragon 855 Snapdragon 665 Snapdragon 450 Snapdragon 710
メモリ 8GB 4GB 4GB 4GB
ストレージ容量 256GB 64GB 64GB 64GB
バッテリー容量 4,065mAh 5,000mAh 4,230mAh 3,600mAh
ディスプレイ 6.65インチ(2,340×1,080) 6,5インチ(1,600×720) 6.2インチ(1,520×720) 6.4インチ(2,340×1,080)
カメラ アウトカメラ:4,800万画素+1,300万画素+800万画素
/インカメラ:1,600万画素
アウトカメラ:1,200万画素+800万画素+200万画素+200万画素
/インカメラ:1,600万画素
アウトカメラ:1,300万画素+200万画素
/インカメラ:1,600万画素
アウトカメラ:1,600万画素+200万画素
/インカメラ:2,500万画素
サイズ 77.2×162×9.3mm 75.6×163.6×9.1mm 75.4×155.9×8.1mm 75.4×158.4×7.8mm
重さ 215g 195g 168g 約169.5g

Reno 10x Zoomは、各種スペックが2019年発売のスマホでトップクラスなことに加えて、スライドカメラ式による顔認証が採用されています。

カメラのくり抜きなどがなく、本体前面のほぼ全てが画面になっているんだ。インカメラは本体上部から斜めに飛び出すよ!
ふぉんくん

カメラの性能も高く、AI機能や望遠レンズ、超広角レンズにより、状況にあった写真を撮影できます。10倍ズームでも綺麗に写るので、たくさん写真を撮る人にとって最強のスマホですね。

A5 2020は4眼レンズ搭載が特徴で、超広角レンズやモノクロレンズを搭載しています。

あくまで低価格スマホだから、カメラ性能重視ならレンズ数は減るけど他の高価格な機種がオススメ。
ふぉんくん

一方、AX7はコスパ重視端末で、カメラは自撮りの美顔機能に特化しています。

Reno Aはダブルレンズ搭載で、平均的に綺麗な写りとなっています。おサイフや防水に対応していて販売中のOPPOスマホはReno Aのみなので、機能性も重視したい人向けになりますね。

OPPOのスマホの中でカメラ性能重視の端末を探しているなら、おすすめはReno 10x Zoomですね。各種性能がとにかく高く、スライドするカメラによる顔認証は唯一無二となっています。(指紋認証も使えますよ)

みおちゃん
なるほど。OPPOはカメラ性能が高いスマホをたくさん展開しているんだね。
そうだね。Reno 10x Zoomは2019年のスマホの中でも、カメラ性能が最強クラスだよ。
ふぉんくん

④Motoシリーズ

motog7シリーズ

出典:IIJmio公式サイト(https://www.iijmio.jp/device/)

Moto G7とMoto G7 Plusも、カメラはダブルレンズです。

Motoシリーズのスペック一覧
Moto G7 Plus Moto G7
販売価格(税抜) 一括:35,800円/分割:1,500円×24回 一括:29,800円/分割:1,250円×24回
OS Android 9 Android 9
CPU Snapdragon 636 Snapdragon 632
メモリ 4GB 4GB
ストレージ容量 64GB 64GB
バッテリー容量 3,000mAh 3,000mAh
ディスプレイ 6.24インチ、2,270×1,080 6.24インチ、2,270×1,080
カメラ アウトカメラ:1,600万画素+500万画素
/インカメラ:1,200万画素
アウトカメラ:1,200万画素+500万画素
/インカメラ:800万画素
サイズ 75.3×157×8.27mm 75.3×157×7.92mm
重さ 約172g 約174g

Moto G7シリーズはどちらもコストパフォーマンス重視端末で、価格に対して性能が十分備えられています。

カメラは低光量でも明るく撮影できるのが魅力です。フォーカスも速く、シャッターチャンスを逃しませんよ。

カメラだけを重視するというよりは、全体的なバランス重視の人向けですね。

IIJmio公式サイト限定特典(初期費用1円)をチェック!

まとめ

IIJmioスマホ機能別に分類

IIJmioには、おサイフケータイや防水、ワンセグ、ダブルレンズに対応するスマホが多数取り揃えられています。

まとめ

  • おサイフケータイ対応スマホは5種類、コスパならAQUOS sense 3やReno A、性能ならAQUOS zeroがおすすめ
  • 防水・防塵対応端末は5種類、お風呂対応のAQUOSシリーズは日常での利用にバッチリ
  • ワンセグ対応端末は無し
  • ダブルレンズ搭載端末は10種類、カメラ性能重視ならトリプルレンズで10倍ズームに対応するReno 10x Zoomがおすすめ

IIJmioは取り扱いスマホ数も非常に多く便利な一方で、自分に合う機種がどれなのか分かりにくい部分がありますよね。

「どのスマホを買ったらいいのか分からない!」

この記事がそんなお悩みを抱えるあなたのお役少しでも立っていれば嬉しいです。

今回ご紹介した内容を参考に、自分の目的に合った機能を持つスマホを選んでみてくださいね!

ここだけの話、正直、今月のIIJmioのキャンペーンは非常にアツいです。

今月は季節がら、盛り上がることは期待していたのですが、期待以上の充実度で私もびっくりしています(笑)

今なら、「家計応援!秋のコミコミキャンペーン」で通話定額に加入すると基本料が、6ヶ月間700円割引で毎月900円から利用できます。さらに当サイト限定特典で通常3,000円の初期費用が1円になっています!

さらにさらに!他社からの乗り換えであれば、1回線あたり3千円のキャッシュバックがもらえるんです!

スマホセット契約を検討中の方は、人気機種のセールやギフト券プレゼントキャンペーンも見逃せません。

iPhoneを含む人気7機種が大幅値下げされていたり、その他の機種もギフト券が付いてきます!IIJmioの取り扱い機種の多くは人気機種であるだけに値下げやギフト券は嬉しいですよね。

毎月IIJmioのキャンペーン情報をまとめている私でさえ、今月ほど魅力的なキャンペーンはみたことがありません。

さすが商戦期といったところです。

詳細は最新キャンペーン情報でまとめていますので、ぜひチェックしてください。

この時期を逃すのは非常にもったいないです。

IIJmio公式サイト限定特典(初期費用1円)をチェック!

この記事が役に立ったら
いいね ! してね(o^^o)

-スマホ

Copyright© 格安SIM × IIJmio , 2020 All Rights Reserved.